鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

大学で空手部に入った目的をなかなか思い出せない(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「記憶が「超カオス状態」に陥っていて、3年前の事が思い出せない(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が大学空手部を引退した後、空手部の3年間の総括を始めた、という話でした。「あの死の恐怖にまみれた3年間は一体なんだったのか」、自分なりに考えてみたくなったのです。自分は机の前に座り、自分の気持ちをノートに書き始めました。書いていった内容はこんな感じになります。



「とりあえず空手部を引退出来たのは良かったけど、、、、この3年間は一体なんだったんだ、、、、、。はぁ、、、、、、、。」



「この3年間空手部を必死にやって来たけど、、、、、なんかすごくすごく虚しい、、、、」



「この3年間空手部を必死にやって来たけど、気付けば荒れ果てた荒野に一人でいるような気持ちだ、、、、」



そこから自分は、「自分がそもそも何故空手部に入部したのか」という「目的」を思い出し始めました。そう、それはわずか3年前の大学入学当初の記憶です。しかし、それはなかなか思い出せません。何故なら21年間分の記憶が超カオス状態に陥っているからです。さらに直近3年間の空手部の記憶は、強烈過ぎるトラウマにもなっています。そこで自分は一旦3年前の記憶を諦め、自分の幼い頃の記憶を書き始めたように思います。そう、自分は幼い頃から喘息に苦しみ続ける人生を送ってきました。運動をすると喘息が発症しますから、苦しくて仕方ありません。ですから、中学、高校は吹奏楽部に入っており、運動を極力避けた人生を送ってきたのです。先程書きましたように、当時の自分の記憶状態は超カオス状態に陥っており、昔の話になればなる程思い出すのが困難な状態でありました。ただし、そんな状態でもノートに書いているうちに、「自分が幼い頃から喘息に苦しんでいた事」や「中学、高校と吹奏楽部に入っていた事」はぼんやりと思い出し始めたのです。まぁここら辺は自分自身に関するホントに基礎中の基礎の情報ですからね。これを忘れていたら記憶喪失レベルです。そして、自分は思ったのです。「自分は幼い頃から喘息に苦しみ続け、中学、高校と運動を極力避けて生きてきた。だから中学、高校と吹奏楽部に所属していたのだ。それなのにどうして急に大学で空手部に入ったのだろう????」、と。



ここまで来てようやく自分の中に3年前の「目的」がうすらぼんやりと浮かんできたのです。「あれ???空手部に入った目的って『自分を変える為』じゃなかったっけ????」、と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村