鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部に入った目的を思い出してみたものの(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 空手部に入った目的を思い出していく(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が「大学で空手部に入ったそもそもの目的」を思い出していった、という話でした。そう、この時の自分は大学4年生(休学中)の4月頃です。1ヶ月前に空手部を引退したばかりであり、「空手部に入ったそもそもの目的」の記憶はちょうど3年前の記憶という事になります。しかし、3年前の記憶にも関わらず、その記憶をなかなか思い出す事が出来ません。何故なら自分のそれまでの21年間の記憶は、全く整理整頓されず、ぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃに混ざり合ってしまっていたからです。それはさながら記憶のゴミ屋敷状態。しかも直近の大学空手部の3年間の記憶は、致命的にトラウマになっているのです。こうなってしまうと、3年前の記憶ですら思い出すのは容易ではありません。そこで自分は、ひとまずその記憶を思い出すのを諦め、空手部に繋がるキーワード「身体」「運動」で自分の人生を思い出し始めたのです。すると、以下の2つをぼんやりと思い出したんですね。


・自分が幼い頃から喘息に苦しんでいた事


・中学、高校と吹奏楽部に入っていた事


そこで自分はこう思ったのです。


「あれ??自分は幼い頃から喘息に苦しみ続け、運動は極力避けて生きていたはず。だから中学、高校と吹奏楽部員だったのに、何故に急に大学で空手部に入ったのだろう???」


この疑問を元に高校時代の記憶を探っていますと、高校時代の自分が、自分の高校生活の3年間をとても虚しく感じていた事を思い出しました。そして、当時の自分が「自分を変えたい」と強く考えていた事も思い出しました。これでとりあえずは繋がった感じがしましたね。そう、大学に入学した自分が空手部に入った目的は「自分を変える為」だったのです。



これでとりあえず空手部に入った目的は見えてきました。自分はここまでの流れをノートを書きながら考えていったのですが、ここで見えてきた先程の「目的」、これに関しては良い印象はありませんでした。その時の気持ちはこんな感じです。


「う〜ん、、、、こうやって流れを思い出してみると、『自分を変える為』でたぶん合ってるんだろうけど、、、、う〜ん、、、そうか、、、、。」



かなり悩ましい気持ちになったのを覚えています。「自分を変える為」で合ってるんだろうけど、それを認めたくない、そんな感じです。何故なら、この目的が大学空手部の3年間で全く達成されていない事を薄々感じていたからです。そう、当時の自分は自己認識能力が相変わらずほとんどありません。しかし、そんな自分でも以下の2つだけは認識出来ていたのです。



①自分が大学内で完全孤立している事



②(空手部を引退したにも関わらず)、何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい事


この2つの自己認識は、膨大にネガティブな感情となって自分の心の中を支配していました。空手部引退後の自分は、「あまりにも巨大な虚脱感」を感じていたのですが、それはこの2つとイコール関係にありました。そう、3年前の自分は「自分を変えたい」と思って大学で空手部に入ったはずです。その「自分を変えたい」という思いは、何かしらポジティブなモノを目指していたはず。しかし、空手部を3年間全うした今、自分の心の中にあるのは「あまりにも巨大な虚脱感」だけなのです。そこに「ポジティブなモノ」など一欠片も見当たりません。空手部の3年間の記憶に「ポジティブな思い出」など全く見当たらないのです。自分はこう思いました。


「自分はこの3年間必死に必死に空手をやって来た。しかし、『自分を変える』という当初の目的は、もしかしたら何も達成されていないのかもしれない、、、、、。」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村