鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

虚構の体力(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部の3年間が無為だったと認める事が出来ない(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、大学空手部引退後の自分が、空手部の3年間を「無為」なものとして認める事が出来なかった、という話でした。そう、それを認めてしまえば、自分に新たな精神的苦痛が発生するのは確実でした。しかもそれは「中指の拷問」級の凄まじ過ぎる精神的苦痛です。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)そして、自分はすでにこの空手部の3年間に少なくとも「中指の拷問」2回分の精神的苦痛を受けているのです。ここからもう1回それを受ければ発狂してしまう事でしょう。ですから、自分はこの空手部の3年間の評価をこのような形で締めくくる事にしたのです。


「自分はこの3年間必死に必死に空手をやって来た。しかし、『自分を変える』という当初の目的は、もしかしたら何も達成されていないのかもしれない、、、、、。」


このように「もしかしたら〜〜〜〜かもしれない」という「推論」の形にする事で、「断定」を避け、「もしかしたら目的が達成されているかもしれない」可能性を残す事にしたのです。この結論はやむを得ないものだったと思います。先程も書きました通り、「当初の目的は何も達成されなかった」と断定してしまうと、凄まじ過ぎる精神的苦痛が自分を襲うのは確定的な状況だったからです。そう、これを断定してしまうと、あの死の恐怖に怯え続けた3年間はなんだったのか、という話になってしまいます。自分はこの3年間膨大なエネルギーと時間を空手部に捧げてきましたし、それどころか、自分の心身の健康までも膨大に捧げてきたのです。この犠牲を「無為」と断定する事は、当時の自分にはとても無理な事でした。




しかし、皮肉な事に当時の自分がこのように「無為」の断定を避けた事が、この先更なる挫折感と無力感と孤独感を生む事となったのです。ここでもう一度先程の評価を貼りたいと思います。

「自分はこの3年間必死に必死に空手をやって来た。しかし、『自分を変える』という当初の目的は、もしかしたら何も達成されていないのかもしれない、、、、、。」



そう、このように推論の形にする事で、「もしかしたら目的が達成されて『いる』かもしれない」可能性を残す事にしたのです。これは自分の精神をこれ以上傷つけない為には仕方のない形でした。しかし、この可能性はこういう風に解釈出来てしまうのです。



「今は分からないし、可能性は低いかもしれないけど、もしかしたら空手部の3年間で何かポジティブなモノが得られて『いる』かもしれない。」


そう、この解釈によって、自分をロックダンス教室に駆り立てた例の「錯覚」が共存してしまう事になったのです。その錯覚とは、


「自分は空手部であれだけ辛い3年間を過ごしたのだから、体力がついているに違いない!!」


です。この錯覚は「希望的観測」を根拠にした錯覚です。何の根拠もなく、ただただ自分の願望のみを根拠にした錯覚の体力です。「虚構の体力」と言ってもよいかもしれません。だって実際の自分は「鬱の廃人」状態なのですからね。実際の自分は空手部の3年間で体力が全く付いていないどころか、鬱が3倍に悪化しているのです。しかし、当時の自分は空手部の3年間の総括を終えた後、この「虚構の体力」を信じ込み、その体力を生かすべく、様々なモノに挑戦していく事になります。そして、ことごとく挫折していく事になるのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村