鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部を引退したのに、空手部を辞めたいというヘンテコな話②(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部を引退したのに、空手部を辞めたいというヘンテコな話(過去編・1998年3月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が大学空手部を引退した後、同期の「A」に空手部のイベントに出るように誘われ、困ってしまったという話でした。そう、自分は空手部に引退した後に空手部に関わる気は全くありませんでした。何故なら自分はこの空手部に関わる事全てが嫌いで嫌いで仕方なかったからです。日々の稽古はもちろんの事、飲み会、納会、演舞会、合宿、大会、追い出しコンパ、OB会、新入生歓迎会、全てのイベントが気が狂う程嫌でした。しかし、現役の頃はそれらを休む訳にはいかず、本当に嫌々それらに参加していたのです。もちろん、参加している時には嫌々な気持ちは表には出しません。そして、自分はようやく空手部の3年間を終え、引退する事が出来ました。引退したのなら、それらのイベントに出る気は一切ありません。というか「死んでも嫌」レベルで出たくありませんでした。



しかし、困ってしまったのは、それが空手部同期の「A」からの誘いだった事です。同期の「A」は空手部の3年間、自分の事を常に気遣い、暖かく接してくれていました。ですからこの「A」の誘いを断る事もまた罪悪感が発生するのです。そして、ここから先、事あるごとに「A」からの誘いを受け、それを断り続けるのはかなり精神的にキツいように思えました。そう、自分は空手部のイベントに行くのは死んでも嫌でしたが、「A」からの誘いを断り続けるのも精神的にかなり辛いという状況に追い込まれたのです。一言で言いますと「板挟み」ですね。




そこで自分は思い付きました。「空手部を辞めれば、良いのでは???」、と。空手部を辞めてしまえば、「A」からそのようなイベントのお誘いは無くなり、「A」への罪悪感を感じる事は無くなるでしょう。そう、自分が空手部の現役の頃はどんなに辛くとも「辞める」という選択肢を選べませんでした。しかし、目標としていた引退を迎えた今となっては、それを躊躇する理由は何一つ無かったのです。(大学空手部を辞めれなかった理由についてはこちら)しかし、よく考えてみればこれっておかしな話です。だって自分はすでに空手部を引退しているのです。すでに部活のOBの身でありながら、部活を引退したいって、これはなかなかヘンテコな話ではないでしょうか?




しかし、当時の自分は大真面目でした。それから2〜3日後、自分はこの気持ちを伝える為に「A」を大学近くの喫茶店に呼び出しました。近況を聞いてみますと、「A」は空手部を引退後も空手部の稽古に参加し、後輩達の面倒を見ているようでした。そういえば「A」はこの時タバコを吸っていましたね。自分はそれまで「A」がタバコを吸うなんて知らなかったので驚いた記憶があります。「A」は「いや実は現役中から吸ってたんだけど、バレたくなかったんでこっそり吸ってたんだよね」と楽しそうに笑っていました。そして、自分はいよいよ本題を切り出しました。「いや、実は俺空手部を辞めようとかと思ってるんだ」と。すると「A」は驚いてましたね。「いやいやいや俺たちもう空手部を引退してるんだから、もう稽古には出なくていい訳じゃん。なんで今更辞めるの???」、と。自分は答えます。「うん。稽古に出なくてもいいのはいいんだけど、それ以外にも空手部のイベントって色々あるじゃん??あれに出なきゃならないのが嫌で嫌で仕方ないんだ」と。すると「A」はしばらく考えた後こう答えました。「分かった、分かった。折角ここまで3年間やってきたのに辞めるのは勿体ないよ。ここからはもう一切〇〇は空手部のイベントに出なくていい。それについては俺の方から後輩や先輩達に説明しておくからさ」。自分はそれを聞きホッとしました。「マジか。Aありがとう。」、と。これで自分は空手部を辞めずに済んだのでした。




今から考えてみますと、あの時の自分って空手部入部以来初めて「A」に対して自分の本音を伝えていたような気がしますね。そう、自分が「A」に対して空手部に対するネガティブな気持ちを表立って伝えるのは初めてだった記憶です。自分は過去に人間サンドバッグの恐怖については「A」に伝えた事がありましたが、このような空手部のイベントへの嫌悪感を伝えるのはこの時が初めてだったと思います。それだけにこれを伝える際は緊張した記憶です。この時のこの要求は今から考えるとヘンテコな要求でしたが、当時の自分にとっては悩んだ末の大真面目な要求でした。




そういえば、当時の自分が「A」に対して空手部に対する嫌悪感を伝えられたのは、カウンセリングのおかげだったと思います。自分はカウンセリングの中で少しずつ自己表現や自己開示を学んでいきましたから、その1年間の成果が出た感じです。カウンセリングを受けていなければ、自分は自分の気持ちを「A」に伝える事は出来なかったでしょう。そして、「A」とカウンセリングのおかげで自分のヘンテコな要求は聞き入れられ、自分はホッとしました。今後はもう「A」から空手部のイベントに誘われる事はもうありません。これで本当に自分は3年間の空手部生活から解放されたのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村