鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

大学でカウンセリングを受け始めるまでの精神履歴②(過去編・1998年11月・22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大学でカウンセリングを受け始めるまでの精神履歴(過去編・1998年11月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分とカウンセリングの2年間を振り返ってみました。また、自分は大学3年生の時にカウンセリングを受け始めたのですが、そこに至るまでの精神履歴のようなものも振り返ってみました。今回の記事は改めてそこら辺の話を振り返ってみようと思います。そう、高校3年生の時の自分は自分の高校生活をとても虚しく感じていました。その理由は自分が周りのクラスメートと全くコミュニケーションが取れず、クラス内で完全に透明人間化していたからです。自分は高校1年生の頃から周りのクラスメートと何を喋って良いのか全く分からなくなっていました。そう、完全に自分に対する自信を喪失していたのです。その原因は、自分の精神年齢の成長が小学校3年生で止まってしまった事にあります。それにより周りの空気が全く読めず、小、中、高と様々な失言、暴言事件を起こしてしまいました。これにより自分は喋る事に対する自信をどんどん失っていったのです。




また、自分は小学校3年生以降日々の出来事や感情を一切言語化しなくなりました。(この場合の「言語化」とは、「喋る事」もしくは「書く事」を指しています。)これにより、自分は自分自身がどういう人間なのか全く分からなくなっていったのです。ですから、周りに対して自分という人間を表現する事が全く出来ません。また、自分の事を全く分かっていませんから、他人に対する興味も皆無なんですね。こんな人間が周りとコミュニケーションを取れるはずがありません。



そして、もう一つ大きな要因としましては、自分が高校1年生の時点で鬱を発症していた、という事です。自分は高校1年生の夏に起きた暴言事件をきっかけにして鬱を発症。以下の4つの諸症状を併発していました。



「高校時代の4つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な疲労感と眠気

④学校生活中の激しいめまい



そう、ですから高校にいる時の自分は常に上記の4つに苦しみ続けながら、学校生活を送っていたのです。自分の意識は常に上記の4つに攻撃され続け、辛くて仕方ありません。特に背中の疲労感が辛く、この肉体的苦痛が原因で自分は常に悲しい気分で高校生活を送っていました。こんな状態で楽しい高校生活を過ごせるはずがありません。



このように高校時代の自分はコミュニケーション面においても、健康面においても、酷く虚しさを感じていました。そして、来たる大学生活は充実したものにしたいと考えたのです。そこで自分はこう思いました。



「大学に入ったら、これまで喘息のせいで避けて来た運動系の部活に入って、自分に自信を付けたい!そして、自分に自信を付けて、コミュニケーション能力を改善させたい!!」




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村