鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

トレーニングをしても全く体力が付かないし、それどころか体調を壊すばかり(過去編・1999年6月・23歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「自動車学校の次はタップダンス(過去編・1999年6月・23歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分がタップダンスを新たな目標とするまでの経緯についての話でした。自分は2つ目の大学に入り直ししたものの、入学3ヶ月も経つと早くも大学内で孤立していました。(23歳)クラスの人間関係からは脱落していましたし、手品サークルもフェードアウトしてしまったからです。手品サークルをフェードアウトした際に自分の心の中には「まぁ手品サークルが駄目でも、タップダンス教室まだあるし。」と強がる気持ちがあったのを覚えています。そして、自動車教習に通いつつ、タップダンス教室に通う生活が始まりました。時期的には1999年7月頃の話になります。その後大学は夏休みに突入しまして、そこからの生活の軸はタップダンスだった記憶です。週2〜3回はタップダンスに通っていたような。そして、相変わらず週3回くらいはトレーニングをしていたと思います。




もうね〜、何度も書いていますが、このトレーニングが馬鹿みたいなトレーニングだったのです。例の「無意識の自傷」の話になります。当時の自分としては、「体力を付けたい!!」という思いで一生懸命トレーニングをしていました。トレーニングの内容は、ランニング、坂道ダッシュ、縄跳び、筋トレなどで、1時間程度。頻度は週2〜3回です。しかし、トレーニングをやってもやっても体力が付いたという実感が全く湧かないのです。それどころか、トレーニングの翌日に目を覚ますと、自分の身体はとても重くてダルく、身体は冷え切っていて、鼻水はダラダラ。食欲は当然全く無く、背中の疲労感は疲労感というより激痛ですからね。そう、真夏でも酷い冷え性のせいで鼻水ダラダラなのです。あれはマジでキツかった。しかし、当時の自分は自分の身体がなんでこんなにぶっ壊れているのか、訳わからないんですよ。だって自分の中には「トレーニング=体力が付く=良い事」という強い固定観念がありました。ですから、なんでトレーニングの翌日に自分の体調がぶっ壊れているのか、訳わからないのです。ですから、1〜2日経ち少し体調が回復するとまたトレーニングしてしまう。う〜ん、無限地獄。




自分はこんなぶっ壊れ状態で自動車学校やタップダンス教室に通っていました。そうしますと、背中の疲労感は「ナイフで背中を刺され続けているような激痛」ですし、酷い冷え性で鼻水はズルズルですし、めまいで頭はフラフラ。頭の中はそれらの肉体的苦痛でボーッとして意識朦朧状態。もう滅茶苦茶です。集中力や注意力の欠片もありません。そうそう、タップダンス教室では夏になると教室内にエアコンが付いていたのですが、それがもう寒くて仕方無かったですからね。自分は鼻水をダラダラ出しながら、タップダンスを練習していました。




そんな感じで当時の自分は、自分なりにタップダンスを一生懸命練習していたのですが、こんな集中力皆無の状態で練習したって上手くなるはずがありません。そして、自分は例の如くタップダンス教室内でも人間関係が全く上手く作れません。だって精神年齢の成長が小学校3年生で止まっているのですから。自分は段々とタップダンス教室に通うモチベーションが落ちてきていました。そんな時ですかね。タップダンス教室内で発表会が行われるという話がありまして、自分にも出場しないかお誘いがあったのです。




自分は迷いました。正直、こんなズタボロの状態では発表会に出る気力なんて到底ありません。しかし、この発表会に出ないとこのタップダンス教室内の人間関係から脱落していきそうな気もしていました。そうそう、自分の周りには他のレッスン生もいまして、自分はなんとなく彼らと顔見知り程度の関係にはなっていたのです。そう、顔見知りのレッスン生は自分と同年代の男の子2人でして、2人とも劇団に所属しているって話でしたね。明らかに自分とはやる気も体力も10倍くらい違う感じの男の子2人でした。




それで自分はなんとなく彼らと顔見知りになってしまったんですよ。レッスンの後、新宿駅までの道のりを一緒に帰ったりしてましたからね。こうなってしまうと、自分一人だけ発表会に出ないとなんか居心地悪い感じになりそうな気がしたのです。もちろん、タップダンス教室の先生もこの発表会にはノリノリな感じでしたから、ここで自分だけ出ないとは言いづらい雰囲気でした。それで結局自分は発表会に出る事にしたのです。発表会の本番は10月。ここから2〜3ヶ月間、発表会用のダンスの練習をして本番を迎える、というスケジュールでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村