鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

親の金盗んでゲーセン行ったり、万引きしたり(過去編・1988年・12歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 中学受験で大挫折(過去編・1988年・12歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、小学校6年生の時に起こった「A先生怒られ事件」について書いてみました。今回の記事もあの事件について考えてみまして、その後事件が自分のメンタルにどう影響したのか、考えてみたいと思います。と、その前に、そもそも自分は小学校3年生の時点で心を病んでいたのでした。この事件について考える前にまずはそこから思い出していきたいと思います。小学校3年生の時の自分のメンタルヘルスは以下の通りです。まずは自分が自信を持っていた事。



「小学校3年生(開業以降)の自分が感じていたポジティブな感情」


①小学校の勉強が得意




逆に不安に思っていた事は以下の5個でです。


「小学校3年生(開業以降)の自分が感じていたネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺スイミングスクールでの離人



そして、①のポジティブな感情と❶〜❺のネガティブな感情を差し引きしますと、けっこうなマイナス状態です。「マイナス5」って感じです。



さて、自分はこの状態で小学校3年生、小学校4年生を過ごし、小学校5年生の4月から中学受験の塾に通い、受験勉強を始めました。そして、小学校6年生の夏頃に「A先生怒られ事件」発生です。事件の詳細はこちらになります。この事件は自分にとってけっこうなトラウマになった記憶です。自分は1年半の間一生懸命勉強し、成績を上げてきました。そして、念願叶い、かなり良い成績を取ったのですが、その直後の転落劇でしたからね。天国から地獄という感じであの落差はエグかった。しかも自分は普段大人達から全く怒られ慣れていませんでしたから、そこのショックもかなり大きかった。さらに、A先生はその塾で一番恐れられていた先生です。そのA先生に怒られてしまった恐怖もかなりのものがありました。そして、自分はA先生の授業が怖くて出られなくなり、サボり始めました。さらには他の授業もサボり始め、1〜2ヶ月後には全ての授業をサボっていました。当然成績はガタ落ち。そして、一応中学受験をしましたが、全て不合格だったのでした。




当時の自分は一連のゴタゴタを通じて、かなりの虚しさを覚えた記憶です。そう、自分が中学受験を始めた動機は「塾の先生に褒められたい!」でした。そして、自分は1年半の間一生懸命勉強し、成績を上げる事に成功したのです。塾のシステムが自分の好成績を祝福してくれていました。普段褒められ慣れていない自分は舞い上がりました。そして、A先生が授業を始めてもはしゃいでしまったのです。A先生ははしゃいでいる自分の姿に激怒し、怒鳴りつけた、と。普段怒られ慣れていない自分は、一気に地獄に叩きつけられました。天国から地獄へ真っ逆さまです。自分は茫然自失状態で塾から帰ったのでした。



そう、自分は1年半の努力の末に、喉から手が出るほど欲しかった「先生達からの承認」を手に入れました。しかし、その直後にそれは自分の手から逃げていき、代わりに「最も怖い先生から怒鳴られる」という最も望まない事態が起こったのです。これはエグかったですねぇ。つまり、1年半の努力は全く実を結ばず、それどころか最悪の結果に終わってしまったのです。小学校6年生の自分はこの結末にかなりの「虚無感」を発生させた記憶です。当時の自分は「あぁ頑張ったって最悪の結果を産むだけなんだな」と感じてしまいました。とにかく虚しかった。




ですから、事件後の自分は塾をサボりまくってゲーセンに行ってました。そのゲーセン代は親の金を盗んでましたね。また、塾を辞めた後の自分は、親に知らせずに無断外泊したり、万引きしたりで、問題行動頻発でした。その問題行動の裏にはかなりの「虚無感」があったのは言うまでもありません。もう何もかもがどうでも良くなっていた記憶です。また、自分は親の無関心に対して諦め切っていましたから、「親に無断で外泊したって、知ったこっちゃない」という気持ちもありました。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村