鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「A先生怒られ事件」によってメンタルヘルスがさらに悪化(過去編・1988年・12歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 一人でゲーセン、一人で万引き(過去編・1988年・12歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、「A先生怒られ事件」後の自分が、親の金盗んだり、万引きしたり、無断外泊したりで問題行動が頻発した、という話でした。「A先生怒られ事件」の概要は以下の通りになります。前回の記事のコピペになります。前回お読みの方はスルーして下さい。




自分は小学校5年生の4月から中学受験の塾に通い始め、そこから一生懸命勉強しました。1年半かけて成績はどんどん上がっていき、自分はとあるテストで200人中3〜4位という超絶に良い点数を取れたのです。偏差値的には灘中学レベルです。自分は天にも登る程嬉しくなり、授業が始まってからもはしゃぎ続けてしまいました。その態度は担当のA先生を怒らせてしまい「やる気のない奴は出て行け!!」と自分は怒鳴られる事に。自分のメンタルは天国から地獄に真っ逆さまに落ちていきました。



自分はその後A先生の授業が恐ろしくて仕方なく、授業をサボり始めました。自分はあの事件を親を含めた誰にも喋る事が出来ませんでしたから、事件の精神的ショックやA先生への恐怖は全く消化されないままです。自分は幼い頃より両親に対して日々の出来事や自分の気持ちを全く自己表現してきていませんでした。そして、そんな自分を両親も放置し続けてきました。もちろん心を許せる友達も皆無でしたし、近くに親類縁者も皆無でした。よって自分の中には「事件を誰にも喋れない」という面での「孤独感」も発生する事となりました。これにより自分の心の中には「虚無感」が発生し、事件以降は親の金を盗んでゲーセンに行ったり、万引きしたり、無断外泊したり、問題行動が頻発です。そして、一応自分は中学受験をしましたが、事件以降全く勉強していませんでしたから、
3校全て落ちた、という顛末になります。事件の詳細は こちらの記事になります。



さて、このような感じで自分は「A先生怒られ事件」によってかなりの虚無感を抱える事になりました。ではここで、少し時間を戻りまして、自分がそもそも小学校3年生の時点でどの様なメンタルヘルスだったのか、振り返ってみたいと思います。


「小学校3年生(開業以降)の自分が感じていたポジティブな感情」


①小学校の勉強が得意



「小学校3年生(開業以降)の自分が感じていたネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺スイミングスクールでの離人



さて、この状態が小学校6年生の時に起こった「A先生怒られ事件」によってどう変化したのか、書き直してみます。❺の項目のみ変わります。



「小学校6年生の自分(「A先生怒られ事件」以降)が感じていたポジティブな感情」


①小学校の勉強が得意


「小学校6年生の自分(「A先生怒られ事件」以降)が感じていたネガティブな感情」



❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感



小学校3年生時点での❺は「スイミングスクールでの離人感」でしたが、スイミングスクールは中学受験の塾に通い始めると同時に辞めてしまいました。ですので、離人感は消え、その代わりに「A先生怒られ事件」が入ったという感じです。



では、①のポジティブな感情と❶〜❺のネガティブな感情の差し引きがどうなるのか、という話になります。小学校3年生の時の差し引きは「マイナス5」って感じでした。これが小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」によってそれがどう変化したのか考えてみます。う〜ん、「マイナス8」って感じですね。さらに「マイナス3」メンタルが悪化した感じです。そう、以前の❺「スイミングスクールでの離人感」もかなり精神的にキツいものがありました。しかし、「A先生怒られ事件」の精神的ショックはそれを上回る感じです。スイミングスクールは母親の勧めで始めたもので、自発的なものではなかったのですが、私立受験は自らの意思で始めたものでしたからね。それで最終的にあのような悲劇に見舞われました。自発的だった分より精神的ダメージも大きかった感じです。




そう、自分の意思で始めた中学受験でしたが、それは自分の意思が全く望まない方向で幕を閉じたのです。自分の努力は全く報われず、報われなかったどころか、最悪の結末で終わってしまった。う〜ん、分かってはいましたが、やはりメンタルヘルスが悪化してしまいました。つまり、「A先生怒られ事件」によって自分の心はますます病んでいったという事になります。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村