鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

中学時代のメンタルヘルス(過去編・1991年・15歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「後輩の女の子とコミュニケーションが全く取れず、無視せざるを得ない④(過去編・1991年・15歳)」の続きを書かせて頂きます。





前回の記事は、引き続き自分が中学校の吹奏楽部において、先輩らしく振る舞えなかった、という話でした。そして、後輩のKさんの事を1年間以上無視し続けてしまった、と。そう、自分の人生って、基本的に他人を傷付ける事が少ない人生だと思うのですが、このKさんの話は数少ないそういう話の一つって感じです。あ、先程の「他人」の中には「家族」は含まれていません。自分と家族の関係は、28歳で引きこもって以降、血みどろの関係でしたから。



ここで改めて「自己紹介事件」以降の自分のメンタルヘルス確認したいと思います。「自己紹介事件」とは自分が中学校入学の時に起こった事件です。



「中学時代(『自己紹介事件』後)のポジティブな感情」


①学校の勉強がまぁまぁ得意



「中学時代(『自己紹介事件』後)のポジティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学校入学時の「自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



このように自分は「自己紹介事件」後、けっこう心を病んでいました。数値化すると「マイナス10」って感じです。もう「鬱」発症の1歩手前って感じです。自分は幼い頃より、様々な精神的ダメージを蓄積させていましたから、いよいよ「鬱」発症が近付いてきた感じです。ではここで、自分が幼い頃よりどのようにメンタルを悪化させてきたのか、フローチャートでまとめてみたいと思います。各項目後ろの数字はその時のメンタルヘルスを数値化したもの」です。



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)

(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8)
(概要はこちら)




中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)

(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)

(概要はこちら)




なるほど、着々とメンタル数値が減っていきますね。そしてメンタルが悪化していくと、同時に喘息が悪化していき、背中の慢性的な疲労感が酷くなっていきます。中学生の時点でそれは「背中の慢性的な疲労感」という名の「痛み」に変わっていました。それは中学校の3年間、ゲームボーイの世界に現実逃避し続けた代償でもありました。



自分はこの間一応中学校に通い続けてはいましたが、完全に中学校生活は上の空だった記憶です。「早く家に帰ってゲームボーイをやりたい!!」としか考えてなかったような。また、背中には慢性的な痛みも発生していましたから、その肉体的苦痛のせいで上の空だった部分もあったと思います。さらに自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まっていましたからね。自分の日々の経験は小学校3年生以降何も蓄積していなかったのです。そりゃ、こんな「上の空状態」&「精神年齢小学校3年生状態」では、吹奏楽部での経験が蓄積されず、先輩らしく振る舞えないってものです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村