鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

中学校時代の過剰なビクビク感(過去編・1991年・15歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 新入生歓迎会での「被害妄想的な嘲笑感」(過去編・1991年・15歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が高校に入学して早々に「歓迎会逃亡事件」を起こしてしまった、という話でした。この事件の概要ですが、前回の記事から引用させて貰います。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



「歓迎会逃亡事件」概要


自分が高校に入学した後、吹奏楽部に入部し、サックスパートに所属する事になりました。するとサックスパートの先輩達が新入生2人の為に歓迎会を開いてくれたのです。しかし、歓迎会が始まると自分は先輩達の会話についていく事が出来ません。それならそれで黙って話を聞いておけば良い話ですが、当時の自分はそういう場面が辛くて仕方なかったのです。そう、この歓迎会には先輩達が6人いたのですが、この6人が会話についていけない自分の事を嘲笑してるかのように思えてしまうのです。これが「被害妄想的な嘲笑感」です。自分はこれが辛くて仕方なくなってしまい、開始30〜40分後に嘘を言ってその場から逃げ出してきたのでした。ちなみに「自己紹介事件」の詳細はこちらの記事になります。う〜ん、病んでます。



このように自分は「新入生歓迎会」の最中に「被害妄想的な嘲笑感」に襲われ、その場を逃げ出して来てしまいました。周りにいる先輩達が会話に入れない自分の事を嘲笑してるかのような感覚に襲われてしまったのです。しかし、あの時周りにいた先輩達にそのような嘲笑や悪意の感情は全く無かったと思います。自分はこの後この先輩達に1年間お世話になりましたが、皆暖かい先輩達でしたからね。ですから、この時の自分の感覚は何の根拠もない完全な「被害妄想」なのです。自分は何の根拠もない「被害妄想的な嘲笑感」を感じ、その苦痛に耐えられなくなり、歓迎会を逃げ出してしまったのでした。



しかし、この時の「被害妄想感」は、過去の実体験から作り上げられた部分も多少はあると思います。話は中学3年生に戻ります。この時中学のクラスにおいて、自分は大人しめのクラスメートのグループに属していました。3〜4人はいた記憶です。今で言う「陰キャグループ」ですね。そのうちの1人は身体が小さめな野球部員でした。彼の名前を「A君」とします。自分はA君と一緒に塾に行ったり、ゲームをしに行ったりして、彼と交流を持っていました。まぁ自分は高校に入るとこのような大人しめのクラスメートとすらコミュニケーションが出来なくなってしまいましたから、このA君が自分の最後の友達と言って良いかもしれません。




ところが彼はクラスにおいてとある野球部員からからかいの対象になっていたのです。その野球部員は身体が大きく、さらに学級委員長もしていまして、クラスの番長的な存在でした。彼の名前を「B君」とします。そんな圧倒的な存在のB君が、小柄なA君をよくからかっていたのです。そのからかいは「いじめ」という程エグいものではありませんでしたが、明らかにそのからかいをA君は嫌がっていました。もしかしたらB君はA君の事を「同じ野球部だ」という親愛の情もあってからかっていたのかもしれませんが、A君は嫌がっていましたね。




そして、自分はA君の横にいてそんな場面を傍目で見ていたのですが、内心震え上がっていました。そう、自分と交流があるA君がからかいの対象になっているのです。次は自分がからかいの対象になってもおかしくないと思ったのです。当時の自分とB君と言ったら、大人と子供程の体格差がありましたし、さらに自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まっていました。自分にとってB君は身体的にも精神的にもとても敵わない、恐ろし過ぎる存在だったのです。彼のからかいの対象になったら、自分などひとたまりもありません。このように自分はB君やその周りにいる体育会系クラスメートに対して、かなりビビり散らかした心理状態で中学3年生の1年間を送った記憶です。



このように自分は「次は自分がからかいの対象になるかも」という心理状態で中学3年の1年間を過ごす事になりました。しかし、実際には心配していたような事態は起こりませんでした。そう、B君のA君に対するからかいは1年間続いたのですが、結局その対象が自分になる事は無かったのです。しかし、この1年間で自分の心の中には「自分はいつ誰かから危害を加えられてもおかしくない存在だ」という思いが、刻み込まれた記憶です。これは簡単に書きますと「ビクビク感」と言っても良いと思います。しかも自分の場合は「過剰なビクビク感」という感じです。この「ビクビク感」は、自分が「自分に対する自信」を失っていくつれて、逆にどんどん増えていった印象です。




思い返してみますと、この「過剰なビクビク感」は中学校1年生の時に起こった「自己紹介事件」の時点で発生していたような気もします。あの事件が起こった後、自分は「先輩達が自分の事をいじめの対象にするのではないか??」とビビりまくっていたのですが、これも「過剰なビクビク感」が為せる技だったような気がします。(「自己紹介事件」の概要はこちらです。)




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村