鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

歓迎会逃亡事件における被害妄想(過去編・1991年・15歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「中学校時代の過剰なビクビク感(過去編・1991年・15歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校に入学した時に起こった「歓迎会逃亡事件」について書いてみました。この事件を端的に説明しますと、自分は高校の吹奏楽部の先輩達に新入生歓迎会を開いて貰ったのですが、そこで会話に参加する事が全く出来ませんでした。すると自分の心の中に「先輩達が会話に入れない自分の事を嘲笑している」という被害妄想が発生し、それはどんどんどん大きくなっていったのです。その精神的苦痛に居た堪れなくなくなった自分はその場から逃亡した、という事件になります。



もちろん、先輩達にそのような気持ちは全く無かったと思います。先輩達はただただ暖かく新入生を歓迎したかっただけなのです。この時歓迎してくれた先輩達6人はホントに仲が良く面倒見が良い先輩達でしたからね。しかし、自分の方はこの時点でけっこう心を病んでいる状態でした。高校入学時のの自分のメンタルヘルスは以下の通りです。「自己紹介事件」とは、自分が中学入学時に起こった事件です。概要はこちら。



「中学時代(『自己紹介事件』後)のポジティブな感情」


①学校の勉強がまぁまぁ得意



「中学時代(『自己紹介事件』後)のネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学校入学時の「自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



上記のように自分は中学入学の時点でけっこう心を病んでいました。自分は現実世界の何もかもが虚しく、何もかもが物悲しかったのです。ですから、中学の3年間ゲームの世界に現実逃避し続けたのです。



どうして上記のような心理状態に陥ったのかと言いますと、自分は幼い頃から家庭環境の悪化や様々な事件によって「自分に対する自信」をどんどん失っていきました。自分が「自分に対する自信」を失っていく過程を以下のフローチャートで示したいと思います。項目後ろの数字が「自分に対する自信」を数値化しています。



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)

(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)

(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8)
(概要はこちら)




中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)

(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)

(概要はこちら)



このように自分は学年が進むにつれてどんどん「自分に対する自信」を失っていきました。というか、そもそも自分の場合、3歳時点での自信が「0」でしたからね。「0」からどんどん自信が失われていきましたから、「失われた」というより「エグられていった」という言う方の方がしっくりきます。



そして、自分は自信をエグられていくにつれて、自分という存在が根本的に価値が無いように感じていった記憶です。また、自分という存在の「底」が超不安定で、底がいつ抜けてもおかしくないような不安感も感じていました。さらには、その後の学校生活の中で、自分という存在が訳もなく不特定多数の誰かに脅かされているような不安感も抱き始めました。その「不特定多数の誰か」は、誰か特定の人を想定している訳ではありません。それは「漠然とした不安感」とも言い換えられると思います。とにかく「根拠なく他人が恐ろしい」のです。この感覚が「被害妄想」に繋がっていった事は間違いありません。



このように自分は学年が進むにつれて、自信をエグられていき、同時並行で「被害妄想」が酷くなっていきました。自分という存在が訳もなく周りから脅かされ、攻撃されかけているような感覚を持つようになって行ったのです。



この「被害妄想」が、高校入学時の「歓迎会逃亡事件」を引き起こしたのは間違いありません。自分はこの歓迎会で新入生として歓迎されている立場だったのです。先輩達は心から自分達の事を歓迎してくれていました。しかし、自分は「先輩達が会話に入れない自分の事を嘲笑している」というまるで根拠の無い被害妄想に囚われ、その場を逃げ出したのです。う〜ん、悲し過ぎる。やはり自分はこの時点で心を病んでいた事に間違いありません。




そして、この事件から5〜6ヶ月後、高校吹奏楽部において自分は「暴言事件」を起こしてしまいます。この事件によって自分は「鬱」を本格的に発症させる事になるのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村