鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

被害妄想を発症するまでの過程(過去編・1992年・16歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「被害妄想が悪化していった過程(過去編・1992年・16歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が幼い頃から「自分に対する自信」をどんどん失っていき、中学時代になると「被害妄想」を発症していた、という話でした。中学時代の自分のメンタルヘルスは以下の通りになります。


「中学時代のポジティブな感情」


①学校の勉強がまぁまぁ得意



「中学時代のネガティブな感情」


❶家庭内における自分という存在のかなりの不安定さ

❷一晩中続く喘息の苦しさ

❸背中の慢性的な疲労感(痛み)

❹喘息のせいでスポーツが全く出来ず、スポーツ系のクラスメートに引け目を感じる

❺小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」によるかなりの虚無感+この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感

❻中学校入学時の「自己紹介事件」による「やらかした感」と「恐怖感」+ この事件を誰にも喋る事が出来ない孤独感


❼ ❶〜❻の精神的ダメージの蓄積により、自分は「自分に対する自信」をどんどん失っていった。それにより「自分という存在」はどんどん不安定化していき、「自分という人間は、いつ他人から迫害されてもおかしくない人間なのだ」という「被害妄想」が発生した。


(❶〜❹は小学校3年生時点ですでに発生)



う〜ん、病んでますねぇ。そりゃゲームの世界に現実逃避する訳です。自分は中学校の3年間をゲームの世界に現実逃避し続け、高校に進む事になりました。そして、高校入学早々「歓迎会逃亡事件」が起きてしまったのです。自分は吹奏楽部の先輩達が開いてくれた歓迎会で「被害妄想的な嘲笑感」を発生させてしまいました。自分は、その精神的苦痛に耐えかね、途中で歓迎会から逃げ出してしまったのです。その帰り道自分の心の中には、新たな「被害妄想」が発生していました。それは「歓迎会から逃げ出した事で、先輩達の機嫌を損ねてしまい、後々自分は先輩達にいじめられるのではないか??」です。う〜ん、病んでます。だってこの先輩達は自分達の為に歓迎会を開いてくれたんですよ。そんな先輩達がこんな事で自分の事をいじめるはずがありません。



しかし、当時の自分はとことんまで悪い方に考えてしまう思考の癖が付いていました。それは、自分が心の根底に「自分という人間は、いつ他人から迫害されてもおかしくない人間なのだ」という思いを持っていたからです。自分は幼い頃からどんどん自分に対する自信をエグられていく人生を送ってきました。原因は家庭環境です。自分は物心ついて以来、自分の感情や思いを両親に対して表現する事を諦めていました。そして、両親もまたそんな自分に興味を向ける事が皆無だったのです。自分は親に対して信頼や愛情を全く感じる事なく成長していく事になりました。そして、この家庭環境は、自分が小学校3年生の時にさらに急激に悪化。これによって自分という存在はますます家庭内において不安定になっていったのです。自分は「自分という存在」にますます自信を持てなくなっていきました。




さらに小学校6年生の夏には「A先生怒られ事件」、中学入学時には「自己紹介事件」が起こり、ますます自分は「自分に対する自信」をエグられていきます。自分のメンタルはますます不安定化していき、「被害妄想」を発症する事となったのでした。ではこの一連の流れをもう1度フローチャートで見てみたいと思います。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分という存在に対する自信」を数値化しています。(この数値をメンタル数値と呼んでいます)



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)

(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)

(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8)
(概要はこちら)




中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)

(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)

(概要はこちら)




チャートにありますように、中学入学時に「自己紹介事件」が起こり、それによって「自分に対する自信」がマイナス10にまで減りました。ここで「被害妄想」が発生した、という事になります。自分の心の中には「自分という人間は、いつ他人から迫害されてもおかしくない人間なのだ」という「被害妄想」が発生し、それに囚われて行ったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!







↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村