鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

性的暴言がもたらす最悪のシナリオ(過去編・1992年・16歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「性的暴言で大滑り(過去編・1992年・16歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校1年生の時に起こした「暴言事件」についての話でした。この事件の概要はこんな感じです。ここから先は前回の記事の引用になります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



自分が休み時間に吹奏楽部のとある男の先輩といる時に、ウケ狙いでエグ過ぎる性的な冗談を言ってしまったのです。この男の先輩を「A先輩」とします。しかし、その性的暴言は特大に滑ってしまい、自分は甚大なメンタルダメージを受ける事となってしまいました。そう、そもそも部活の後輩が先輩に対して下ネタを言う事自体が危うい行為だったと思います。さらに自分が言ってしまったのはホントにエグ過ぎる性的暴言です。許されない暴言でした。



加えて自分はA先輩とは全くコミュニケーションが取れておらず、すごく微妙な関係性の先輩だったのです。ただし、このA先輩自体は滅茶苦茶コミュニケーション能力が高く、男女関係無く誰とでも仲良く会話できる、吹奏楽部のムードメーカー的な先輩でした。副部長もやっていましたね。自分とは真逆のキャラクターの先輩でした。そんなA先輩相手に自分はエグ過ぎる性的暴言を言って、大滑りしてしまったのです。自分は大滑りした後、顔面蒼白になりました。




そう、そもそも普段の自分は、先輩相手にこんな下ネタを言うようなキャラクターでは全然無かったのです。というか自分はこのA先輩とまともな日常会話すら出来ていなかったのです。自分はこのA先輩と一緒によく練習していたのですが、練習中この先輩と何を喋って良いのかさっぱり分からず、ホントに無口な後輩キャラだったのです。A先輩からすると自分の事は「とても大人しく何考えてるか分からない後輩」という認識だったと思います。そんな無口な後輩キャラが珍しく口を開いたらエグ過ぎる性的暴言を言ってきたのですから、A先輩はドン引きしてしまったのだと思います。そして、自分はA先輩のそんな反応を見て、「やってしまった、、、、」と顔面蒼白です。その後の事はあまり覚えていません。自分はその後上の空で高校の授業を受けていた記憶です。




今回の記事はこの続きになります。とりあえずこの事件の詳細はこちらになります。



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑥〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード16


〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑦〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード17



〜高1で鬱を発症するきっかけとなったとある暴言⑧〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード18


暴言事件後の話



さて、当時の自分は精神的ショックの中で、この先の事をこう考えました。自分が言ってしまったこの性的暴言により、A先輩の自分に対する評価はだだ下がりする事でしょう。それを考えるとホントに辛いものがありました。吹奏楽部のムードメーカーであり、副部長でもあるA先輩からの評価がダダ下がりするのですからね。自分とA先輩の関係はただでさえ微妙なものでしたが、これが今後針のむしろになる事は間違いありません。ホントこれだけでも自分にとっては充分辛いものでした。




そして、想像はまだまだ止まりません。ここから先は例の「被害妄想」的思考が発生し、物事を悪い方悪い方に考えてしまう癖が発動しました。




その想像がどういうモノかと言いますと、前提としまして、先程のエグ過ぎる性的暴言は、吹奏楽部のとある同学年の女の子を対象にしたモノでした。これはホントに許されない性的暴言だったと思います。そして、自分の心の中に恐ろし過ぎる仮定が思い浮かんだのです。それは「もし、あの性的暴言がA先輩の口から吹奏楽部の女の子達に伝わったらどうなる???」、です。これは、ホントに恐ろし過ぎる想像でした。あの暴言が吹奏楽部の女の子達の間に広がったら、自分が性犯罪者扱いされるのは確定ですからね。




それまでの自分の「大人しくて何考えてるか分からない後輩」というキャラクターは崩壊し、「許されない下ネタを言うクソクズ」というレッテルを貼られる事でしょう。特にサックスパートの女の子の先輩達にあの暴言が広がったら、自分の立場は一巻の終わりです。普段自分に対して暖かく接してくれる先輩達が自分をそのような目で見てきたなら、自分の精神は崩壊してしまいます。




もちろん、この暴言が対象の女の子に伝わる事も最悪の最悪でした。彼女の事を深く傷付けてしまう事は確定だったからです。さらに当然自分に対する態度が恐ろしいものになるのも確定です。しかも自分は彼女に対して「綺麗な子だな」という印象を持っていました。そんな女の子を深く傷付け、さらに関係性も最悪になる可能性があるのです。もうホントに自分は恐ろしくて仕方なく、パニック状態に突入していた記憶です。もはや何をしていても上の空でした。





次の日から自分は高校に行くのが恐ろしくて仕方ありませんでした。一応頑張って高校に通ってはいましたが、頭の中がその恐怖でいっぱいで何一つ手につきません。もちろん、自分はこの事件の顛末を誰にも相談する事が出来ませんでした。自分の周りには信頼できる大人や友達は皆無だったのです。ですから、この事件の「精神的ショック」と「悪い想像が作り出す凄まじい恐怖感」は全く消化されないまま、自分の心は延々とそれに支配され続けました。自分のメンタルは急激に悪化していきました。そして、メンタルが悪化すると喘息も悪化していったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村