鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

信頼出来る相談相手が皆無である事の弊害(過去編・1992年・16歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「暴言事件によって喘息が急激に悪化(過去編・1992年・16歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が高校1年生の時に起きた「暴言事件」についての話でした。この事件を端的に書きますと、自分が吹奏楽部のA先輩(男)といる時に、ウケ狙いでエグ過ぎる下ネタの冗談を言ってしまい、ドン滑りした、です。事件の概要はこちらになります。自分はこの事件によって甚大なメンタルダメージを受ける事となりました。まず、自分が発したあの性的な暴言によって、吹奏楽部のA先輩が自分への評価を滅茶苦茶下げる事は確定的でした。たぶんそれまでの自分への評価は「無口で何考えてるか分からない後輩」だったでしょうが、これが「急にエグ過ぎる性的暴言をぶっ込んでくるヤバくて痛い後輩」に急降下する事は確定的です。自分にとってはこれだけでも充分キツい事でした。自分とA先輩は毎日のように一緒に練習してきましたから、その時間が針のむしろ状態になるのは目に見えていました。




そして、さらに最悪なのは、あの性的な暴言が吹奏楽部の女の子達に伝わってしまった時の想定です。そうなると女の子達は「とても許されない下ネタを言うクソクズ」という目で自分の事を見るでしょう。さらに最悪の最悪なのは、自分が所属しているサックスパートの女の子の先輩達に伝わった場合です。この直属の先輩達3人は自分に対していつも優しく温かく接してくれていました。その先輩達が自分の事を性犯罪者に接するような目で見るかと思うと頭がおかしくなりそうでした。もちろん、この性的暴言が対象の女の子に伝わるのも最悪の最悪です。自分は彼女の心を深く傷付けてしまう事になりますし、彼女が自分を見る目も恐ろしい事になるでしょう。



このように、事件後の自分の心の中は最悪の最悪の想定で満ち溢れていました。そして、自分はこの事件の顛末を誰にも相談する事が出来なかったのです。自分の周りには信頼できる大人や友達は皆無でした。よってこの事件の甚大な精神的ダメージはいつまで経っても消化される事なく、自分の心は悲鳴を上げ続けたのです。自分のメンタルはみるみる悪化していき、それに伴い持病の喘息も悪化していきました。事件後の自分は日曜日の夜になると必ず喘息を発症していた記憶です。そう、「明日から学校が始まる」と思うと、その恐怖で喘息を発症し、その苦しさで一晩中眠る事が出来ません。そして、自分は背中の筋肉を上下させ、なんとか呼吸をしようと必死です。このような戦いが朝方まで続き、自分は一睡もせずに高校に向かいます。



ですから、自分は高校に着いた時点で身体がボロボロです。酷い睡眠不足で眠くて仕方ないですし、背中の慢性的な疲労感も酷く、それは「疲労感」というより「かなりの痛み」です。それらは激しい肉体的苦痛を発生させ、自分の意識は意識朦朧としています。しかも高校に着くと「暴言事件」後の現実が自分を待ち構えています。A先輩の自分への評価はガタ落ちでしょうし、最悪の最悪の想定が現実化する可能性もあるのです。自分の心と身体はこのどうしようもない現実に対して悲鳴を上げ続けていました。




そう、この事件の致命的に厄介な部分は「自分に相談相手がいなかった」という事です。自分の周りには信頼出来る大人や友達は皆無でしたから、この事件に関しても一人で抱え込むしか無かったのです。もし、この時の自分の周りに信頼出来る相談相手がいたなら、自分の心と身体がここまで追い込まれる事は無かったと思います。自分はその相談相手にこの事件を洗いざらい喋る事で、この事件について整理整頓する事が出来たでしょうからね。喋る事で事実関係や時系列や人間関係を整理整頓する事が出来たでしょう。そして、精神的ショックも大分消化出来た事でしょう。それが出来たら、最悪の最悪の想定に怯える必要はそこまで無い、と思えたかもしれません。また、仮に最悪の最悪の想定が現実化したとしても、それに対してどう対処するのか、その対処法も考えられたかもしれません。




さらに話が続けば、今後このような事件を起こさない為にはどうすれば良いのか、そこから反省や学びを抽出する事も出来たかもしれません。そして、そこまで話が進めば、自分の精神的ショックはかなり消化されていた事と思います。まぁここまで話が進むにはけっこうな時間が必要かもしれませんが、その頃には自分の心の傷は「血がダラダラ流れている生傷」から「かさぶた」に変化していた事でしょう。




ただし、実際には自分の周りには心を許せる相談相手は皆無だったのです。そして、もし仮にそんな相談相手がいたとしても、当時の自分の自己表現能力では今回の事件を100%表現する事は無理だったでしょう。まぁ出来て5%くらいでしょうね。何故なら、あの頃の自分は同性のクラスメートとの日常会話さえ難しくなっていたのです。そう、自分は幼い頃から家庭内で自分の感情や欲求を一切自己表現せずに成長してきてしまいました。そして、両親も自分に対して全く無関心でしたから、幼い自分に何か問いかけを投げかける事もありません。ですから、自分は家庭内で日々の出来事や感情を全く喋らないまま育ってきたのです。




そんな日々を過ごすうちに自分は自分がどういう人間なのか全く把握できなくなっていきました。そう、「自分がどういう人間で、どういう事を考えているのか」、自分自身ですら把握できなくなっていったのです。把握できていないのですから、喋る事など出来るはずがありません。そんな自己表現能力皆無の自分が「暴言事件」の一部始終を喋れるはずがありません。何故なら、この事件って登場人物は多いし、前振りは長いし、事件後の自分の感情はぐちゃぐちゃだしで、全てを表現するにはかなりの自己表現能力が必要とされるからです。





ですから、当時の自分がこの事件の精神的ショックを消化する事は、以下の2つの理由で無理ゲーだったのです。


①信頼出来る相談相手が皆無


②自己表現能力が皆無



故に自分はこの事件を一人で抱え込み、その精神的苦痛に一人のたうち回るしか無かったのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村