鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

信頼出来る相談相手が皆無である事の弊害②(過去編・1992年・16歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「信頼出来る相談相手が皆無である事の弊害(過去編・1992年・16歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が高校1年生の時に起こった「暴言事件」の話でした。事件を端的に書きますと、自分が吹奏楽部のA先輩(男)といる時に、ウケ狙いでエグ過ぎる下ネタの冗談を言ってしまい、ドン滑りした、です。事件の概要はこちらになります。自分はこの事件によって甚大なメンタルダメージを受けたのですが、この事件を誰にも相談する事が出来ませんでした。自分が相談出来なかった理由は以下の2つになります。



①信頼出来る相談相手が皆無


②自己表現能力が皆無



う〜ん、詰んでます。ですから、自分はこの事件の時系列や事実関係や人間関係を全く整理整頓する事が出来ないままです。そう、誰にも喋れていないので、いつまで経っても事件を「客観視」する事が出来ないんですね。ですから、自分はいつまで経っても事件の最悪の最悪の想定に囚われたままです。そして、最悪の最悪の想定に囚われたままですから、メンタルダメージも一向に減りません。いつまで経ってもその想定に囚われ、辛くて辛くて仕方ないのです。そして、いつまで経ってもパニック状態ですから、この事件に対する有効な打開策や前後策を思い付くはずもありません。また、この事件から反省や学びを得る事などもっと出来るはずもありません。う〜ん、やはり詰んでます。




そう、自分はこの「暴言事件」によって甚大なメンタルダメージを受けました。そして、この事件を誰にも相談出来ませんでした。つまりこの事件を一人で抱え込むしか無くなってしまったのです。ですから、甚大なメンタルダメージは全く減る事なく、自分の心身にダメージを負わせ続けたのです。これもホントにキツかった印象です。自分の心はいつまで経っても最悪の最悪の想定に囚われたままでした。そして、その想定が現実化する恐怖にいつまで経っても怯え続けなければなりませんでした。う〜ん、キツい。ですから、事件後自分のメンタルは急激に悪化し、それに伴い持病の喘息も急激に悪化してしまったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村