鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

高校生活が破綻しているにも関わらず、「高校を辞める」という選択肢が皆無(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 「寄せ書き事件」による追撃ダメージ(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も「寄せ書き事件」についての話でした。「寄せ書き事件」とは「暴言事件」の半年後に起きた後日談です。初めてこのブログに来て頂いた方向けに、「暴言事件」の方から説明させて貰いますと、この事件は自分が高校1年生の時に起こした舌禍の事を言います。この事件を端的に書きますと、自分が吹奏楽部のA先輩(男)といる時に、ウケ狙いで酷過ぎる下ネタの暴言を言ってしまい、ドン滑りした、という事件になります。事件の概要はこちらになります。そして、事件によるメンタルダメージはこちらの記事になります。



この「暴言事件」から半年後に「寄せ書き事件」が起こりました。この「寄せ書き事件」についても端的に書いてみたいと思います。自分がサックスパートを離れる際、先輩達が寄せ書きを送ってくれました。そこでとあるOBの先輩が「スケベ」という言葉で「暴言事件」を匂わせてきたのです。自分はそれを見て「暴言事件」の恐怖を思い出し、パニック状態に陥った、という事件になります。「寄せ書き事件」の詳細はこちらになります。



このようにして自分は「寄せ書き事件」によって再びパニック状態に陥り、メンタルは急激に悪化していきました。当然喘息は悪化し、自分は一睡も出来ていない状態で高校生活を送る羽目に。自分は以下の2つの苦痛がホントに辛くて辛くて仕方ありませんでした。


・「睡眠不足」と「背中の慢性的な痛み」による肉体的苦痛


・「再び蘇った暴言事件の恐怖」と「それを誰にも喋れない孤独感」による精神的苦痛



高校にいる時の自分の意識の95%は、これらの肉体的・精神的苦痛に占領されており、意識が朦朧としているのです。そりゃめまいも頻発するはずです。


読者の方の中には「そんなに辛いなら高校を辞めれば良かったのでは?」と考える方もいるかと思います。しかし、高校時代の自分の中にその選択肢は全くありませんでした。考えた事も無かったですね。何故なら自分はここまでの経緯を誰にも相談出来ていなかったからです。そう、自分の周りには信頼出来る大人や友達は皆無でした。また、仮にそういう人がいたとしても当時の自分の表現能力では、この事件を詳細に言語化する事は難しかった事でしょう。



自分は幼い頃から身の回りで起きた出来事や感情を全く自己表現せずに育ってきていました。そして、両親はそんな自分に対してひたすら無関心だったのです。つまり自分は自己表現能力が全く育たないまま、年齢だけを重ねてしまっていました。そんな自己表現能力ゼロの自分がこんなややこし過ぎる2つの事件を誰かに喋れる訳がありません。しかも、ややこしい上にかなりの精神的ダメージが発生した事件ですからね。さらに性的な要素も多分に含んでいる。



このように自分は、「暴言事件」や「寄せ書き事件」を誰にも喋る事が出来ないまま過ごしていく事になりました。ですから自分はこれらの事件の経緯や背景や人間関係を何一つ整理出来ないままだったのです。そして、事件で感じた精神的ショックを言語化して外に吐き出していませんから、心の傷が癒える事も全くありません。つまり、自分はいつまで経ってもこの2つの事件を「客観視」出来なかったのです。いつまで経っても自分の心はこの事件の渦中に囚われており、いつまで経ってもその恐怖に怯え続け、パニック状態であり続けたのです。このようなパニック状態で事件に対する有効な善後策(高校を辞めるなど)を考える事など出来るはすがありません。



現在の自分(2021年10月)なら、この事件に対する善後策を考える事が出来ます。「暴言事件」に関しては以前の記事でお話ししましたが、事件の翌日にA先輩に謝るというのが良い善後策だったと思います。事件翌日にA先輩に「昨日は変な事を言っちゃってすみませんでした。」と謝っていれば、A先輩は「ビックリしたよ!」と笑ってくれた事でしょう。そこからさらに「出来ればあの話は他の人に喋らないで下さい」とA先輩を口止め出来れば、上出来だったと思います。これが出来ていれば、「寄せ書き事件」は起こらなかったかもしれません。



また、ここまでの対応が思い付かなかったとしても、「高校を辞める」という選択肢もありだったと思います。だって、事件後の自分は、様々な肉体的苦痛で意識朦朧とした状態で高校生活を送っていたのです。こんな高校生活全く意味無いですよ。だったら、高校を辞めて、一度ゆっくりするという選択肢もありだったと思います。だってこのまま高校を続けて、大学に入ったとしても、大学空手部でさらに鬱が悪化する未来が待っているだけですからね。



しかし、実際には事件後の自分の心の中はずっとパニック状態に陥り続けていましたから、上記の善後策など全く思い付きもしませんでした。つまり事件後の自分はいつまで経ってもただただ無策のままだったのです。ただただ恐怖に怯え続け、パニック状態にあり続けました。




そういえば、自分は高校2年生に上がると同時にサックスパートからホルンパートに移りました。これは当時の自分が自分なりに考えた精一杯の善後策だったとも言えます。しかし、その善後策虚しく、その直後に「寄せ書き事件」が起こり、さらに自分はパニック状態に陥ってしまいました。当時の精一杯の善後策がさらなる悲劇を呼んでしまったとは皮肉な話です。




当時の自分は「暴言事件」を全く客観的に見れていませんでしたから、その状態で考えつく善後策など意味が無かったという事になります。もっと言うと、意味が無かったどころか、「寄せ書き事件」というさらに最悪な事件の呼び水になってしまいましたからね。今から考えるとあの「ホルンパートへの移動」は、善後策というより「単なる逃避」だったと思います。そして、その逃避は見事に失敗し、「寄せ書き事件」が発生。自分は再び恐怖の渦の中に巻き込まれる事となったのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村