鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

時間がいくら経っても心の傷が癒えない(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 激しい精神的ショック+信頼出来る相談相手が皆無=被害妄想(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分の被害妄想の歴史を考えてみました。自分の被害妄想の歴史は以下の通りになります。前回の記事のコピペになります。前回の記事をお読みの方は飛ばして下さい。



自分は幼い頃から、「自分という存在に対する自信」をどんどん失い続けていく人生を送っていました。そして、「自分という存在に対する自信」が失われれば失われる程「被害妄想」も酷くなっていったのです。ではここで、自分がどのようにして「自分に対する自信」を失っていったのか、フローチャートで示したいと思います。各項目後ろの数字は自分の中の「自分とに対する自信」を数値化しています。(この数値をメンタル数値と呼んでいます)



3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を言うのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)


小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(概要はこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(概要はこちら)



このように自分は家庭環境や様々な事件が原因で「自分に対する自信」をどんどん失っていきました。そして、それと同時に「被害妄想」も酷くなっていったのです。


(コピペ終わり)



さて、前回の記事では以下の2つの事件における「被害妄想」について考えてみました。


・小6の時に起きた「A先生怒られ事件」

・中1の時に起きた「自己紹介事件」


自分はどちらの事件においても「被害妄想的な予期不安」を発生させ、その恐怖に怯え続ける事になりました。しかし、事件から半年くらい経つとこれらの事件の記憶は少なくとも自分の表の意識からは消え去りつつありました。そう、時間が経つにつれて、日々の生活の中でこれらの事件による「被害妄想的な予期不安」や恐怖感を思い出す事は少なくなっていったのです。そして、事件から半年も経つとこの事件に関する記憶は、記憶の海の底に沈んで行き、少なくとも表意識に上ることは少なくなっていきました。



しかし、これでこれらの事件の「被害妄想的な予期不安」が消えた訳では全くありません。自分の心の中から、これらの「予期不安」が消失した訳では全く無いのです。何度も書いていますが、自分の周りには信頼できる相談相手は一人もおらず、これらの事件の事実関係や背景や精神的ショックは何一つ整理されないままでした。ですからこれらの事件の記憶は「真空パック」状態でそのまんま保存され、記憶の海の底に沈んでいっただけなのです。それは事件当初と変わらない「痛痛しさ」を保ったまま、記憶の海の底に沈んでいっただけなのです。




別の例えで言いますと、これらの事件で出来た「心の傷」は、全く癒える事なく、記憶の海の底に沈んでいっただけなのです。そう、「心の傷」というものは適切なケアをすれば、実際の傷と同じように「心のカサブタ」になり、いづれその「心のカサブタ」も消えていき、何の痛みも無くなっていくものだと思います。この場合の適切なケアとは、「事件の事を安心して素直に喋れる相手に詳細に喋る。そして、事件の背景や時系列や人間関係や原因を整理する。」です。しかし、自分の場合は事件後、心の傷に対する適切なケアは何一つされませんでしたから、事件による「心の傷」はいつまで経ってもカサブタにはならず、いつまで経っても傷口からダラダラ血が流れている状態なのです。当然その痛みも全く減っていません。



そして、事件から半年も経つと心の傷はそこから血が流れているまま、記憶の海の底に沈んでいく事になったのです。自分の人生は、この「血が流れたままの心の傷」がどんどん記憶の海の底に増えていき、溜まっていった人生とも言えると思います。そして、溜まっていった「血が流れたままの心の傷」は、心と身体に悪影響を及ぼしていきました。それにより自分の心はどんどん鬱屈していき、高校2年生で鬱を完全発症するに至ったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村