鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ホルンパートでの自己紹介事件(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「「被害妄想的な嘲笑感」が発生した要因(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校2年生の時に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」についての話でした。この事件がどのようなものだったのか、前回の記事から引用したいと思います。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



この事件を端的書きますと、自分は高校2年生に進級し、吹奏楽部で新しく後輩3人を迎える事になりました。そして、彼女達との自己紹介の際に、自分の中に「被害妄想的な嘲笑感」が発生し、傍にあった机を蹴っ飛ばしてしまった、という事件になります。



もう少し説明させて貰いますと、自分はその自己紹介の流れの中で、女の子達3人が笑ったのを見て、「自分が馬鹿にされた!!」と感じてしまったのです。そして、「舐められてたまるか!!」という衝動が湧き上がり、机を蹴っ飛ばしてしまった。ホントあれは「被害妄想的な嘲笑感」が原因の衝動でした。とにかく当時の自分は「自分という存在に対する自信」失いまくっていたのです。それにより「自分という存在はいつ他人から馬鹿にされてもおかしくない存在だ」、という感覚がありました。自分自身が「自分という存在」をかなり低く評価していますから、他人もそう評価してもおかしく無いように思えていたのです。この感覚により、自分は高校生活をかなり「ビクビク」「オドオド」しながら送っていた記憶です。特に、高校時代の「暴言事件」と「寄せ書き事件」以降の自分はその傾向が特に強まったと思います。何せ自分はあの事件でさらに「自分に対する自信」を大きく失ってしまいましたからね。



コピペ終わり



このように当時の自分は学校生活をかなり「ビクビク」「オドオド」した精神状態で送っていました。そして、その状態でホルンパートで後輩が3人も出来てしまったのです。前回の記事に書きました通り、自分は中学時代に吹奏楽部の後輩の女の子と全くコミュニケーションが取れなかった苦い経験を持っていました。何故全くコミュニケーションが取れなかったのかと言いますと、自分は中学吹奏楽部の経験やノウハウを何も蓄積させていませんでした。自分は幼い頃から日々の出来事や感情を一切言語化せず成長していましたから、それらが全く蓄積していなかったのです。また、当時の自分はかなりのゲーム依存状態にあり、吹奏楽部をやっていても上の空状態でもありました。さらにこの頃には被害妄想も発症していましたから、後輩に対してもビビりまくってもいました。ですから、後輩が出来ても何も教える事が何も無かったのです。また、当時の自分は他人との日常会話すら厳しくなっている状態でもありました。同性のクラスメートとのコミュニケーションすら難しい自分が、可愛い女の子の後輩となんて喋れるはずがありません。




ですから、自分はその後輩の女の子を前にすると頭が真っ白になってしまいテンパりまくりです。赤面もしていたかもしれません。自分はそんな姿をその女の子に見られるのが恥ずかしく、その意味でもその女の子と喋れなくなっていきました。そして、その女の子も大人しい女の子でしたから、自分に喋りかけてくる事はなく、冷戦状態が1年以上続いてしまったのでした。



自分は中学吹奏楽部において、このような過去を持っていました。ですから、高校吹奏楽部内でホルンパートに移った直後、後輩の女の子が3人も出来る事を聞き、かなりの負担感を感じた記憶です。何故なら自分は中学時代に上記のような過去がありましたし、さらに自分は中学時代よりさらにメンタルを悪化させていました。そう、高校に入ってから起こった、「暴言事件」、「寄せ書き事件」によって自分のメンタルはさらにボロボロに破壊されていたのです。このような状況下で部活で女の子の後輩が3人も出来てしまうのは、ホントに無理な状態でした。もう絶望的に精神が不安定な状態でさたね。



そんな精神状態で自分は後輩の女の子との初対面を迎えました。自分のメンタルは絶望的に不安定だった記憶です。例えるなら「自分という存在」が立っている地面が、震度7くらいで滅茶苦茶に揺れまくっているイメージです。自分の周りには自分を支えるものが何一つなく、自分はホントに心細いやら悲しいやら辛いやらでその地震になすがままにされるしか無い。そんな超不安定状態で後輩の女の子達を迎える事になってしまった。そして、自己紹介の最中にふとした事で女の子3人が笑いました。自分はそこで「自分が馬鹿にされた!!」と感じてしまったのです。




先程も書きました通り、なんせ自分はかなり「ビクビク」「オドオド」な精神状態で高校生活を送っていました。さらに中学時代には女の子の後輩と全くコミュニケーションが取れなかった過去もありました。ですから、自分の中にはこのような連想もあった気がします。


「後輩の女の子達に馬鹿にされる」→「後輩の女の子達に無視される」→「後輩の女の子3人vs自分1人」の冷戦状態が延々続く


こんな冷戦状態が中学のように1年も続いたら、自分の精神が持つはずがありません。当時の自分の中にはこのような最悪の最悪の想定もあったような気がします。まぁいつもの「被害妄想的な予期不安」ですね。そこで、自分はなんかこう机を思い切り蹴っ飛ばして、女の子達をビビらす事で、そのような状態に陥るのを避けたいと思ったのだと思います。ビビらせて言う事を聞かすなんて、ホント最低なやり方ですが、当時の自分はそれしか選択肢が無かったのです。だって他人とまともなコミュニケーションが取れるような状態では無かったのですから。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村