鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

稽古への激しい恐怖で夜眠れず、鬱が悪化(過去編・1995年4月・19歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「被害妄想が悪化し、稽古に対して「死の恐怖」を感じ始める(過去編・1995年4月・19歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が大学空手部の稽古の厳しさを乗り越えようと自主練を繰り返した、という話でした。ここから途中までは前回の記事のコピペになります。



しかし、(自主練を)いくら積み重ねても、翌日に体調をぶっ壊すばかりで、全く体力が付いたという実感を得られません。自分の中には「無力感」がすごい勢いで増えていき、それは「脱力感」→「虚無感」→「自殺願望(希死念慮)」と悪化していきました。



この流れと同時に、自分は「自分に対する自信」も失っていきました。何故なら、自分の必死の努力が何も実を結ばないからです。自分は高校時代に鬱を発症し、その諸症状の辛さを必死に我慢しながら、自主練を重ねていました。それにも関わらず全く体力が付いた実感を得られません。自分は「自分に対する自信」をさらに失っていき、それが原因で「被害妄想」も悪化していきました。この


『「自分に対する自信」を失う』→『被害妄想悪化』

というパターンは、自分のこれまでの人生で幾度となく繰り返されてきたパターンです。今回もこのパターンが繰り返されたのです。



前回の記事のコピペはここまでになります。この「被害妄想」的な感覚を改めて過去記事から引用したいと思います。



この「被害妄想」は「自分という人間は、いつ他人から迫害されてもおかしくない人間なのだ」という感覚です。まず、自分が「自分という存在の価値」を全く信じられていませんでした。それどころか自分自身が「自分という存在の価値」を下に見ている、そんな感じです。そして、自分自身が「自分という存在の価値」を下に見ているのですから、他人から見ても「自分という存在の価値」は下に見えるであろう事を勝手に予想してしまうのです。ですから、そこからさらに「被害妄想」が進むと、自分という存在が無根拠に他人から脅かされたり、迫害される可能性も高いと感じてしまうのです。



このように、自分は「自分という存在の価値」を全く信じなくなっていました。それどころか自分自身が自分の価値を下に見ていたのです。ですから、他人も自分の事を下に見るであろうと勝手に予想していましたし、さらに「被害妄想」が進むと、他人が無根拠に自分の事を迫害してくるような、そんな感覚にも襲われてもいたのです。




こんな心理状態の中、自分は大学空手部でとある稽古(人間サンドバッグ)の恐怖を乗り越えようと必死に自主練を繰り返しました。しかし、先程書きましたように、逆に「無力感」が増えていき、自分はさらに自分に対する自信を失っていったのです。自信をさらに失うと「被害妄想」もさらに酷くなっていき、次第に自分は「人間サンドバッグという稽古に殺されるような被害妄想」を持つようになっていったのです。自分はそれに激しく恐怖しました。




そして、この「激しい恐怖」は自分から睡眠時間を激しく奪い取っていきました。そう、自分はこの激しい恐怖で夜眠れなくなってしまったのです。自分は高校時代には喘息が原因の睡眠不足で鬱を発症させたのですが、今度は人間サンドバッグの恐怖が原因で睡眠不足に陥ってしまったのでした。そして、睡眠不足の行き着く先は、「鬱」の更なる悪化だったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村