鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

親に休学の了承を取りに行く→泣く→父親を土下座させる(過去編・2000年3月・23歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 親に自分が泣く姿を見られる屈辱(過去編・2000年3月・23歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が2つ目の大学の休学を親に切り出した時の話でした。自分は親に対して休学の本当の理由「大学内で全く人間関係を作れていない」を喋り始めたのですが、ここでエグいくらいのストレスを感じました。その理由を前回の記事からまとめてみます。以下の3つになります。



①自分と親はお互いの人生を何一つ共有しなきまま、年齢を重ねていた。自分は幼い頃から親に対して自分の感情や欲望を表現する事を諦め切っていたし、親に対してかなり冷め切っていた。そして、親の方もそんな自分に興味を向ける事は皆無だった。そんな状態が23年間続いた中で、自分の方が「大学内で人間関係を全く作れていない」という恥を一方的に晒す事へのかなりの抵抗感。


②自分は幼い頃より「自分に対する自信」をどんどん失っていく一方の人生を送っていた。その原因は家庭環境や数々の挫折。そして、「自分に対する自信」を失っていけばいく程「被害妄想」は悪化していき、それと同時に「親に対する信頼」もマイナス状態がどんどん悪化していった。「0」から始まった「親への信頼」は、この時には「マイナス66」以下。このように親に対する信頼感は大幅なマイナス状態にあり、そんな親相手に自分の恥を晒さなければならない事への屈辱感。



③自分は休学の本当の理由を喋っている時に泣き出してしまった。これは親に対して何か暖かいものを感じたからでは一切なく、ただただ自分の孤独な大学時代を喋る事が悲しかった。そして、親の前で泣いた事で、さらなるストレスが発生。その理由は①、②の理由と同様。自分と親はお互いの人生を全く共有していないまま年齢を重ねており、自分の中の親への信頼度は大幅なマイナス状態。そんな親相手に泣き顔を晒す事への大いなる屈辱。



いいですね!よくまとまりました。このように自分は親に対して休学の本当の理由を喋り始め、泣き出してしまったのですが、そこで上記の凄まじいストレスの嵐に巻き込まれていました。そう、ですから自分は大学生活での孤独と辛さを思い出し、悲しくて泣いていたのですが、それと同時に腹の中ではムカつきまくっていたのです。あの時の自分は様々な感情のうねりがぶつかり合って訳分からない状態でした。激しい悲しみと激しいムカつきとで感情はグチャグチャです。しかし、徐々に自分の中で「ムカつき」の方が優勢になっていきました。そう、段々と涙は止まっていき、親に対するムカつきの方が強くなっていったのです。そして、自分はこのムカつきを父親に対してぶつけ始めました。それは、


「親父がこの家を滅茶苦茶に壊し続けたせいで、俺の人生も無茶苦茶になった!!」


的な感じです。



そう、自分はカウンセリングを受け始める前までは自分の育った家庭環境について何の疑問も持っていませんでした。自分は自分自身の事さえ何も分かっていませんでしたから、家庭環境について違和感を感じる事など全く無かったのです。しかし、自分は大学でカウンセリングを受け始めてからというもの、自分自身の事を少しずつ知っていきました。その流れで自分の育った家庭環境に対しても批判的な目を向けるようになっていったのです。



振り返ってみますと、我が家は自分が小学校3年生の頃から戦争状態に陥っており、両親の喧嘩が絶えない家庭環境でした。食卓は常に一触即発の緊張感に包まれており、食卓が和気藹々とした和やかな雰囲気だったことなどただの一度もありません。自分は大学でカウンセリングを受け始めてから、自分の家庭環境におかしさに気付きました。そして、その家庭環境のおかしさによって、自分の人生がままならないような気がしてきたのです。



そして、その気持ちはうちの母親も同様でした。うちの母親もまた、うちの父親がもたらし続けた数々の酷いトラブルに人生を蹂躙され続け、心を壊され続けてきたからです。うちの母親はそれまで15年間に渡って、父親がもたらしたトラブルの数々を激しく糾弾し続けてきており、それでうちの戦争状態が延々と続いてきた、という側面もありました。



すると、この場面で自分と母親の父親に対する糾弾姿勢が一致したのです。ここからは自分と母親が共闘して父親を責め続ける展開となりました。利害が一致した、って感じですね。そうやって2人で父親の事を責め続けた結果、最後に父親は土下座をし、「これまですまなかった」、と謝ったのでした。



思い返してみますと、そもそも自分は両親に大学休学のお願いをしに行ったはずです。ところが気付けば父親が土下座して謝るという、訳分からない展開でその場は終わったのです。カオスですねぇ。まぁ当時の我が家のカオスな状態をよく表しているエピソードだなとも思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村