鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「土下座事件」と「父親の胃潰瘍」の因果関係(過去編・2000年3月・24歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「大学休学直後に父親入院(過去編・2000年3月・24歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が両親に対して2つ目の大学の休学を切り出した際の話でした。そして、すったもんだの末に休学の了承を取り付ける事が出来、かなりホッとしたのを覚えています。ここから1年間は友達のいない大学に通わなくても良いですし、被害妄想に苦しまなくても良いのです。そして、自分としてはここから週に1回カウンセリングに通えるのも嬉しい気持ちでした。自分は1つ目の大学で2年間カウンセリングに通っていましたが、2つ目の大学に移ってからは、カウンセリングを受けていませんでした。カウンセリング無しで大学生活を送れるかどうか、試してみた所もあったと思います。しかし、大学生活は半年で破綻し、自分は休学に追い込まれました。自分はこう思いました。


「あぁ、やはり自分にはカウンセリングが必要なのだ。」


と。これまでお話ししました通り、自分は2つ目の大学に移ってからもただひたすらにしんどい学生生活を送っていました。そこで精神的しんどくなると、1つ目の大学のカウンセリングセンターが懐かしくなり、時には実際に1つ目の大学を訪れたりしていたのです。そう、実は1つ目の大学と2つ目の大学は駅にして2駅ぐらいしか離れておらず、近い距離にある大学だったんですね。それで懐かしくてつい1つ目の大学を訪れてしまうのですが、当然1つ目の大学でカウンセリングは受けれません。もう自分はそこの学生ではないのですから。まぁでもお世話になったカウンセリングセンターの建物を見るだけでも、若干心は癒されていた記憶です。



このように自分は2つ目の大学に移ってからも、カウンセリングを忘れられずにいました。ですから、大学生活が破綻し、2000年3月に休学が決定すると、けっこう嬉しい気持ちで2つ目の大学の学生相談室に駆け込みました。そして、そこで週に1回カウンセリングを受ける事になった、と。



ところがその矢先に父親が倒れ入院したのです。原因は胃潰瘍。胃に穴が空いてしまった、という話でした。当時の自分はその原因を「自分が1〜2週間前に母親と共闘して父親を土下座させた事にあるのではないか??」と考えた記憶です。これは当然の推理だったと思います。



そう、あの時自分と母親は共闘して父親の事を糾弾し、土下座に追い込んだのですが、それって父親からしたらかなり屈辱的だったと思うのです。その精神的なダメージで胃に穴が出来たとしてもおかしくないと、当時の自分も考えました。そして、現在の自分(2021年11月)もここ最近の記事で土下座事件の件りを書いていて、そう思いました。しかし、父親は自分のその推理をこれまでずっと否定しています。胃潰瘍の原因は、あの時の土下座ではなく、それまでの研究のし過ぎが祟ったのだ、と。



確かにうちの父親は長年とある研究に取り組み続けており、あの頃は特にその研究に没頭していたようです。ですから、胃潰瘍の原因は研究のし過ぎにあったのかもしれません。しかし、自分としては多かれ少なかれあの土下座の影響もあるのではないかと考えています。そして、最近の記事を書いて思いましたのは、この「土下座事件」と「尿管結石事件」には因果関係があるのではないか?、という事です。「尿管結石事件」とは、この2年半後の秋に起こる事件ですが、自分はここで父親から信じられない暴言を吐かれる事になりました。次回の記事では、この2つの事件の繋がりについて考えてみたいと思います。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村