鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

妹に感じるかなりの劣等感と憎しみ(過去編・2003年7月・27歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「妹への憎しみが募っていった経緯②(過去編・2003年7月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、2つ目の大学を休学して以降の自分と妹との関係性について考えてみました。そして、自分が母親に対して「殺したい」程の憎しみを抱くまでの経緯も考えてみました。その経緯をフローチャートでまとめますと以下の通りになります。以前の記事でまとめたものになります。



2つ目の大学の休学中に、15年間続く両親の喧嘩の仲介に乗り出すも、母親が一向に矛を収めず、仲介失敗。かなりの無力感と、母親に対するかなりの憎しみが発生。



2つ目の大学の復学に挑み、和楽器サークルに入るも、人間関係が作れず3ヶ月で挫折。その後古本屋バイトで再起を図るも、「被害妄想」と「鬱の諸症状」が酷く、支店を撤退。そして、本店の人間関係からも脱落寸前。



もはや自分が外の世界に居場所を作れない事は明白であり、ますます家の中に「居場所」や「安心」や「暖かさ」を求める気持ちが増大。しかし、母親は相変わらず父親の事を糾弾し続けており、戦争状態は継続。そして、自分はもはや喧嘩を仲介する気にはなれなかった。自分の中に膨大な無力感が発生し、それは母親に対する膨大な憎しみに変化。母親に対して「殺したい」程の憎しみを持つに至る。



自分はこのような経緯で母親に対して「殺したい」程の憎しみを持つに至りました。そして、その憎しみは母親とコミュニケーションを取り続ける妹に対しても向けられていったのです。自分は、妹が母親とコミュニケーションを取り続けている事が信じられませんでした。自分がこんなにも母親の事を憎んでいるにも関わらず、妹は平然と母親とコミュニケーションを取り続けているのです。こうして、自分の中には妹に対する憎しみも生まれました。加えて、この頃くらいから妹に対して劣等感も感じ始めた記憶です。



振り返ってみますと、自分は高校時代以降周りのクラスメートと全くコミュニケーションが取れず、鬱を発症し、それは悪化していく一方でした。そして、もがいてももがいてもその状況は悪化していく一方だったのです。そう、高校時代以降、自分は大人しめの同性のクラスメートとのコミュニケーションすら不可能になっていました。もちろん異性とのコミュニケーションなんて、小学校3年生以降全く不可能な状態です。



ところが、妹のそれまでの人生を聞いていますと、自分よりコミュニケーション能力が高いように思えました。妹は小中高と趣味友達もずっといたようですし、高校時代には彼氏もいたようなのです。自分はその話を聞き嫉妬しました。そして、劣等感も感じました。自分が喉から手が出る程欲しかった趣味友達が、妹には当たり前のようにいたのですからね。さらに異性関係に関しても妹は自分より一歩も二歩も進んでおり、そこも劣等感を刺激された記憶です。このように自分が妹の人生について聞いたのは、2つ目の大学を休学していた頃の話です。あの頃自分と妹はしょっちゅう一緒にいましたから。



そして、自分が大学に復学し、和楽器サークルに自分の居場所を作ろうとしました。しかしやはり人間関係を作れず3ヶ月でフェードアウトする事に。その後再起を賭けた古本屋バイトにおいても1年半の間人間関係を作れず、苦しみもがいていました。一方その頃妹の方はと言うと、海外にホームステイに赴き、充実した1ヶ月間を過ごしたと聞きました。また、その後新しい彼氏が出来たとの話もありました。これを聞いた自分の心の中には妹に対する新たな劣等感が発生し、その蓄積はかなりの量となっていきました。



また、当時の自分は「被害妄想」を発症し、それは病的(×3倍)になっていました。この精神状態も妹に対する劣等感を発生させ易くなっていたと思います。



というか、当時自分が妹に感じていた劣等感は、この病的(×3倍)な「被害妄想」そのものだったような気もします。



加えて妹が母親とコミュニケーションを取り続けている事に関しても、自分は許せませんでした。自分が「殺したい」程の憎んでいる母親と、妹は平然とコミュニケーションを取っているのです。これにより自分は妹に対してもかなりの憎しみを感じていくようになりました。



まとめますと、自分は妹に対して「かなりの劣等感と憎しみ」を感じるようになっていったのです。これによって、自分は古本屋バイト(支店)を辞めた頃から、妹とも全くコミュニケーションを取らなくなっていきました。つまり自分は、母親と妹どちらとも全くコミュニケーションが無理な状態に陥っていったのです。そして、この状態が半年くらい続いた後に「尿管結石事件」が起こる事になります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村