鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「尿管結石事件」(過去編・2003年10月・27歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「家庭内でも被害妄想発症(過去編・2003年10月・27歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、「尿管結石事件」の発端についての話でした。「尿管結石事件」とは自分が27歳の秋に起きた事件の事を言います。事件の詳細はこちらです。前回の記事に書きましたようにこの事件の発端は激しい被害妄想にありました。自分は事件の1〜2ヶ月前から、隣の部屋の妹が出すドア音に対してかなりの憎しみを感じていました。当時の自分は病的(×3倍)な被害妄想を発症していましたから、睡眠中に妹の出すドア音で起こされると、まるで「自分の生命が激しく傷付けられた」かのような激しいダメージを受けてしまうのです。ですから、そんな状態が続いたある日、自分は我慢できなくなり、妹の部屋に怒鳴り込みました。



自分は妹と激しく口論しました。妹も激しく言い返してきましたからね。そして、15分くらい経つと自分はエネルギーを使い果たしてヘロヘロになって自分の部屋に戻ってきました。するとしばらくして、妹が外出する音が聞こえたのです。ここで自分の中にさらなる被害妄想が発生しました。それは


「怒った妹が彼氏を連れてきて戻ってきて、その彼氏に自分はボコボコにされるのではないか??」


です。イメージとしては暴走族の襲撃みたいに、妹の彼氏やその仲間がバットを持って自分の部屋に乗り込んできて、自分がボコボコにされる、そんなイメージ。



ところがあの時の自分は妹の新しい彼氏の素性なんて全く知らなかったのです。彼氏がそんな暴力的な人だなんて聞いた事は1度もありませんでした。というか、当時の自分は妹の新しい彼氏の素性なんて知りたくもなかったですから。全く自分は妹の彼氏の情報を知りませんでした。それにも関わらず自分は勝手に「妹が暴力的な彼氏を連れて、自分の部屋を襲撃してくる!」という妄想を作り上げてしまったのです。これは完全に「被害妄想」ですよね。



ちなみに自分はこの事件から17年後くらいに、この妹の彼氏さんと実際に会ったのですが、そんな暴力的な人では全くありませんでした。というか、真逆の穏やかないい方でしたからね。いかに当時の自分が勝手な被害妄想を膨らませていたのか、という話です。



このように当時の自分は激しい被害妄想に襲われていましたから、もし妹の彼氏が自分の部屋を襲撃しても対抗できるように、ドアの前にバリケードを作り、エアガンやバットを持って武装しました。武装が一段落経つと何故かあの時は食欲がありまして、夕ご飯を食べに、1階のダイニングに降りていきました。時刻は夜の7時くらいです。ところが食べ始めてしばらくすると、下っ腹がシクシク痛み出したのです。自分はしばらくその痛みを我慢して、ご飯を食べていたのですが、その痛みはどんどん激しくなっていき、食事どころではなくなってきました。



自分は後片付けも程々に、2階の自分の部屋に戻りまして、ベッドに横になり、痛みが引くのを待ちました。いつもの腹痛ならその後トイレに行って腹痛は収まるはずです。ところがトイレに行きたくなる気配は全くなく、その痛みはさらに酷くなっていくのです。明らかにいつもと違う腹痛です。それは腹痛と言うより、激しい差し込みと言った方がしっくりきました。自分はもはやその痛みが我慢できなくなり、同じ2階の父親の部屋を訪ねました。



以前の記事に書きましたように、この時の自分は家族内の人間関係から脱落していたのですが、唯一父親とは2〜3ヶ月くらい前までは、ご飯を食べに行く関係ではありました。そして、父親の職業は医療関係です。ですから、自分がここで父親を頼ったのは自然な流れでした。また、当時の自分は母親に対しては「殺したい」程の憎しみを抱いていましたが、父親に対してはそこまでのわだかまりはありませんでした。ですから、父親を頼る事にそこまで抵抗は無かった記憶です。



自分は父親の部屋を訪ね、出てきた父親に「なんかすげぇ腹が痛いんだけど、、」と息も絶え絶えに訴えました。自分は凄まじい差し込みに耐えられず、もはや立っている事もままなりません。その場で床に倒れ込んでしまいました。そこで自分は当然父親が「どうしたんだ!!大丈夫か???」と心配してくれると思っていました。ところが、父親から出てきた第一声は全く違うモノでした。父親は憎々しげな声で「こんな時だけ頼りやがって!!」と信じられない暴言を浴びせかけてきたのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村