鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

尿管結石事件の発端となった激しい被害妄想(過去編・2003年10月・27歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「尿管結石事件」(過去編・2003年10月・27歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が27歳の時に起きた「尿管結石事件」の発端と、その後の父親が言い放った血も凍る暴言の話でした。今回の記事は事件の発端の話に戻ります。そう、この事件の発端は2つの被害妄想にありました。1つ目は睡眠を妨害される事に対する被害妄想。2つ目は妹の彼氏に対する被害妄想です。今回の記事は、1つ目の睡眠に対する被害妄想を改めて書いてみたいと思います。




当時の自分は「鬱の廃人」状態に陥っており、心身共に衰弱しまくっていました。睡眠を取っても取っても酷い疲労感が全く取れないのです。ですから、自分はそれこそ無限に睡眠を欲する状態になっていました。いわば「睡眠依存症」のようになっていたと思います。睡眠が自分の生命と同じくらい大切なものになっていた印象です。



そこまで睡眠に対する欲求高まってしまいますと、その睡眠を妨害された時の憎しみは凄まじいものになります。自分の生命と同じくらい大切な睡眠を傷つけられたのですからね。



そして、自分の部屋の隣には妹が住んでいたのですが、自分はこの妹の出すドア音によく起こされていました。



自分が2つ目の大学を休学している最中、自分と妹は良好な関係にありましたから、その頃にはその事になんのムカつきも感じていなかったように思います。(当時自分24歳・妹21歳)ところが自分が大学に復学した頃くらいから自分と妹の人生にはどんどん差が着いていきました。自分は大学復学に失敗し、古本屋バイトでも挫折し続けたのですが、一方の妹は海外へのホームステイを成功させ、新しい彼氏が出来たりもしたのです。自分は妹に対して一方的に劣等感を感じ始め、それはどんどん大きくなっていきました。



また、当時の自分は母親に対して「殺したい」程の憎しみを抱くようになっていたのですが、妹はそんな母親とも普通にコミュニケーションを継続していました。それは自分にとっては信じられない事でした。自分は妹に対しても憎しみを感じ始めたのです。



このように自分は妹に対して「激しい劣等感」と「激しい憎しみ」を感じるようになっており、それが「妹の出すドア音」に対する憎しみに変わっていった事は間違いありません。



また、先程も書きましたように、自分の心身は「鬱の廃人」状態にあり、心身共に衰弱し切っていました。故に睡眠に対する欲求は本当に強く、睡眠が自分の命と同じくらい大切なものになっていました。ですから、睡眠を妨害された時の憎しみも激しいものとなったのでした。ではここで、自分が「妹の出すドア音」に対して激しい被害妄想を持つに至った3つの要因をまとめてみたいと思います。



①「自分の人生」と「妹の人生」を比べた時に感じる激しい劣等感


②自分は母親に対して「殺したい」程憎い気持ちを持っていた。しかし、妹はそんな母親と普通にコミュニケーションを取っていた。それ故妹に対しても激しい憎しみを持つに至った。


③自分の心身は「鬱の廃人」状態に陥っており、寝ても寝ても激しい疲労感が全く取れず、睡眠に対する欲求がどんどん激しくなっていった。もはや睡眠が大事過ぎて、「睡眠」と「自分の生命」が同等の価値を持っているような感覚。故に「睡眠を妨害される」=「自分の生命が傷付けられる」となってしまう。そこに凄まじい「被害妄想的な憎しみ」が発生した。



いいですね!よくまとまりました。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村