鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

尿管結石発症の原因(過去編・2003年11月・27歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!大晦日にも関わらず、このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「尿管結石再発への怯え(過去編・2003年11月・27歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、「尿管結石事件」後の話でした。「尿管結石事件」とは自分が27歳の時に発生した事件です。この事件を端的に説明させて貰いますと、ある日自分が尿管結石の激しい痛みに襲われ、父親に助けを求めた所、「こんな時に頼りやがって!!」という血も凍るような暴言を吐かれた、という話になります。事件の詳細はこちらです。



さて、この事件をきっかけに自分は家族3人(両親、妹)に対して、「殺したい」程の憎しみを持つに至りました。当然コミュニケーションなんて到底無理な状態です。何せ家の中ですれ違うだけでも反吐が出るような状態ですからね。



ただし、もう一つの側面としまして、事件後の自分は極度に衰弱していました。自分はただでさえ「鬱の廃人」状態にあったのですが、そこに「尿管結石事件」が発生し、さらに甚大な肉体的・精神的ダメージを受ける事となったのです。



では自分がこの事件によって、どのようなダメージを受けたのか、簡単に書いていきます。まず、自分は尿管結石発症直後に父親から血も凍るような暴言を吐かれたのですが、その事での精神的ダメージが計り知れないものがありました。また、尿管結石の痛み自体も自我を破壊する程の痛みだったのです。そして、病院に担ぎ込まれてからも、さらに様々な精神的ダメージがありました。(事件で受けたダメージの詳細はこちらです。)




これらのダメージにより自分の心身はさらに衰弱していきました。「被害妄想」はさらに悪化し、病的(×6倍)にまでなっていました。「自分に対する自信」の精神はさらに病んでしまったのです。こうなってくると、尿管結石の再発が恐ろしくて恐ろしくて仕方ありません。ですから、自分は尿管結石の痛みが収まってくると、「尿管結石の再発」に病的(×6倍)に怯え始めたのです。その時の自分の気持ちはこんな感じです。


「もう2度とあんな酷過ぎる痛みを味わいたくない!!あの痛みが再発しない為ならなんでもする!!!」


そこで自分は尿管結石発症の原因を自分なりに考え始め、こう考えるようになっていきました。


「この尿管結石が起こる2〜3ヶ月前から自分は家族3人の誰ともコミュニケーションを取らなくなっており、家庭内で孤立していた。もしかしたらその孤立状態のストレスが尿管結石の原因になったのでは???」


自分はその後もノートを書きながら、色々原因を考えて見たのですが、他にはこれといった原因は考え付きませんでした。ですので、「家庭内での孤立」を尿管結石の原因と考える事にしたのです。



現在のこの記事を書いている自分(2021年12月)から見ますと、この時考えた原因は的外れとまでは言えませんが、正解では無いように思います。現在の自分(2021年12月)が考える尿管結石発症の原因は、「病的(×3倍)な被害妄想」です。そう、これまでの記事に書いてきましたように、尿管結石発症の発端は「妹に対する病的(×3倍)な被害妄想」にありました。その被害妄想は以下の2つになります。以前の記事でまとめたものになります。


①「妹の出すドア音」に対する被害妄想

②妹との激しい口論後に襲われた、「怒った妹が彼氏を連れてきて戻ってきて、その彼氏に自分はボコボコにされるのではないか??」という被害妄想


そして、①「妹の出すドア音」に対する被害妄想は、以下の3つの要因によって発生していました。


❶「自分の人生」と「妹の人生」を比べた時に感じる激しい劣等感


❷自分は母親に対して「殺したい」程憎い気持ちを持っていた。しかし、妹はそんな母親と普通にコミュニケーションを取っていた。それ故妹に対しても激しい憎しみを持つに至った。


❸自分の心身は「鬱の廃人」状態に陥っており、寝ても寝ても激しい疲労感が全く取れず、睡眠に対する欲求がどんどん激しくなっていった。もはや睡眠が大事過ぎて、「睡眠」と「自分の命」が同等の価値を持っているような感覚。故に「ドア音で睡眠を妨害される」=「自分の命が傷付けられる」となってしまう。そこに凄まじい「被害妄想的な憎しみ」が発生した。



なるほど〜。このように尿管結石発症の原因は、「病的(×3倍)被害妄想」にあると思います。正確に言いますと、「病的(×3倍)な被害妄想」と「病的(×3倍)な被害妄想を引き起こす程の鬱の廃人状態」が原因です。



そして、どうして当時の自分が「極度の心身衰弱」に陥っていたのかと言いますと、それはそれまでの27年間の人生において、ひたすら「自分に対する自信」を失い続けていたからです。27年間ひたすら鬱が悪化していくだけの人生を送っていたからです。ではここでいつものフローチャートを貼らせて貰います。いつもこのブログをお読みの読者の方はスルーして下さい。



このフローチャートは自分が幼い頃よりどのように「自分に対する自信」を失っていったのかを示しています。各項目後ろの数字は、自分の中の「自分という存在に対する自信」を数値化しています。この数値を「メンタル数値」と呼んでいます。この数値が下がれば下がる程、自分が「自分に対する自信」を失った事を示します。同時に「被害妄想の悪化」と「体調の悪化」と「家族への信頼度の喪失」も意味しています。



「鬱悪化のフローチャート(3歳〜28歳)」


3歳くらいの時に起きたとある事件により、親に対して自分の感情や欲求を表現するのを諦める(プラスマイナス0)
(とある事件の概要は こちら)

小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化(マイナス5)
(詳細はこちら)




小学校3、4年生の時のスイミングスクールにおける離人(マイナス5)
(詳細はこちら)



小学校6年生の時の「A先生怒られ事件」 (マイナス8) 被害妄想発症
(事件の概要はこちら・被害妄想についてはこちら)



中学入学時の「自己紹介事件」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校3年間の「ゲームボーイ依存」(マイナス10)
(概要はこちら)

中学校のクラスにおける「被害妄想的ないじめの予期不安」(マイナス10)
(概要はこちら)

高校入学時に起こった「歓迎会逃亡事件」(マイナス11)
(概要はこちら)

高校1年生の秋に起こった「暴言事件」(マイナス16)
(概要はこちら)



高校1年生の3月に起きた「寄せ書き事件」(マイナス21)
(概要はこちら)

高校2年生の4月に起きた「ホルンパートでの自己紹介事件」(マイナス22) 鬱を完全発症
(事件の概要はこちら・8個の鬱の諸症状はこちら)



大学に入学後空手部に入部し、そこでの稽古の厳しさを乗り越えようと必死に自主練を繰り返すが全く体力が付かない。自分の中で無力感がどんどん増えていき、「被害妄想」がさらに悪化。それにより、空手部の稽古に対して「死の恐怖」を感じるようになり、夜眠れなくなってしまった。この生活を3年間続けた結果、鬱がさらに3倍に悪化。「鬱の廃人」状態に突入。(マイナス66)
(この時代の12個の鬱の諸症状はこちら)



大学3年生でカウンセリングを受け始めるも、鬱の諸症状の辛さをほとんど喋る事が出来ず、短期的には何のポジティブな効果も得られず。(マイナス66)(詳細はこちら)



大学空手部引退後も、トレーニングという名の「無意識の自傷行為」を続けてしまい、鬱が全く回復しない(マイナス66)(詳細はこちら・大学空手部引退後の「鬱の廃人」状態はこちら)



大学空手部引退後、自分の居場所を作ろうと、ロックダンス教室、タップダンス教室、ファミレスバイト、自動車教習所にチャレンジするも、全く周りとコミュニケーションが取れず、全て挫折。(マイナス71)(概要はこちら)



1つ目の大学を中退し、2つ目の大学で大学生活をやり直す。しかし、半年でクラスと手品サークルの人間関係から脱落。その後タップダンス教室や大学の体育の授業でも人間関係を作れず、大学生活が破綻。(マイナス76)(概要はこちらこちら)



大学を1年間休学し、比較的穏やかに過ごす。(マイナス76)
(概要はこちら)


大学休学中、家の中に「居場所」「安心」「暖かさ」を求め、15年間続く両親の喧嘩の仲裁に動く。しかし、母親の心の中には15年間に渡って蓄積した「父親への不信感」が膨大に存在し、説得が全く通じない。自分は次第に仲裁を諦め、無力感を感じるようになっていった。そして、いつまでも父親の糾弾を続ける母親に対して、憎しみがどんどん増えていった。(マイナス78)(概要はこちら)

2つ目の大学に復学し、和楽器サークルに居場所を作ろうとするも、やはり周りの学生と全くコミュニケーションが取れず、3ヶ月で大学生活から脱落。(マイナス83)(概要はこちら)



2つ目の大学の復学に失敗後、再起をかけて古本屋バイトに取り組むも、「被害妄想」と「鬱の諸症状」が酷く、1年半で支店を撤退。その後、残った本店での人間関係もどんどん厳しくなっていった。(マイナス88)(概要はこちら)



大学復学に失敗し、古本屋バイトでも挫折し続ける間、妹の方は海外ホームステイに成功したり、新しい彼氏が出来たりで、充実した生活を送っているようだった。それに対する劣等感がすごい勢いで増大。(マイナス91)(概要はこちら)



2003年10月のある日、尿管結石が発症し、あまりの痛みに父親に助けを求めるが、父親から「こんな時だけ頼りやがって!!」という血も凍るような暴言を吐かれる。その後病院に担ぎ込まれ、そこでも甚大な精神的・肉体的苦痛を受ける事となった。(マイナス132)(ダメージの詳細はこちら)




このように自分は「幼い頃から自分に対する自信」を破壊され続けてきました。それに伴い小学校6年生の時に被害妄想を発症し、それはどんどん悪化。そして、27歳の時にその被害妄想が発端で尿管結石を発症するに至りました。



ですから当時の自分が予想した原因「家庭内での孤立状態」はあながち間違ってはいません。「尿管結石事件」直前の自分は精神的に荒廃し切っており、「被害妄想」が病的(×3倍)に酷くなっていたのですが、その一因として「家庭内での孤立状態」もあったと思いますからね。ただし、それはホントに一因であり、原因の90%以上は「病的(×3倍)な被害妄想」と「病的(×3倍)な被害妄想を引き起こす程の鬱の廃人状態」にあったと言って良いと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村