鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

母親への憎しみが増大していった経緯(過去編・2004年3月・28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親に対して「殺したい」程の憎しみを感じるまで(過去編・2004年3月・28歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が母親に対してどのようにして憎しみを募らせていったのかを振り返ってみました。今回の記事も改めてその流れを振り返っていきます。自分は2つ目の大学を休学した頃(24歳)から、家庭内に対して「居場所」「安心」「暖かさ」を本当に切実に求めていました。何故なら当時の自分の体調は「鬱の廃人」状態に陥っており、社会生活を営めるような状態では無かったからです。(「鬱の廃人」状態の詳細はこちら)



ところが、うちの母親は父親の事を一方的に激しく糾弾し続けており、家の中はずっと戦争状態に陥り続けていました。その戦争状態は、自分が小学校3年生の頃から15年以上続いていたのです。そこには、「安心」や「暖かさ」の欠片もありませんでした。当然自分の居場所があるはずもありません。



もちろん、父親の方にも糾弾されても仕方がない理由がありました。父親は自分が子供の頃から我が家に酷いトラブルの火種を断続的にもたらし続けていたからです。例えば父親方の親族トラブル、仕事のトラブル、家の購入トラブル、整体師トラブルなどなどです。うちの父親は過去の自分と同様にコミュニケーション能力と社会性が極度に乏しく、エネルギー値も低い人間でした。故に他人にとても騙され易く、消耗もし易い人間でした。ですから、数々のトラブルを我が家に持ち込み続けたのです。




そして、うちの母親はその酷いトラブルの尻拭いを一手にしていました。うちの母親は15年以上の間父親のトラブルに常に振り回され続け、その間に母親の中で父親への「不信」が凄まじい勢いで増えていったのです。ですから、母親はそのトラブルの数々について父親の事を15年以上激しく糾弾し続けていました。そして、母親が糾弾している内容そのものは至極真っ当なものでした。



しかし、その内容が至極真っ当なものであったとしても、自分は15年以上続く戦争状態にホントにうんざりしていたのです。先程も書きましたように、当時の自分は「鬱の廃人」状態に陥っており、家族に対して本当に切実に「居場所」「安心」「暖かさ」を求めていました。ですから、自分は母親に対してこのような説得を試みた事もありました。


「親父の事を糾弾したって、親父のダメな部分は変わらないんだから、もういい加減諦めろよ」


しかし、母親の中に溜まりに溜まっている「不信」は凄まじいものがあり、自分の説得が通じるような精神状態では到底ありませんでした。




このように自分の説得にも関わらず、母親は父親を糾弾する姿勢を全く変えませんでした。自分は徐々に母親の説得に無力感を感じ始め、それはどんどん母親への憎しみに変化していきました。そして、自分はさらに外の世界で挫折し続けましたから、それにより家の中に「居場所」「暖かさ」「安全」を求める気持ちはますます強くなっていかました。しかし、母親の糾弾姿勢は全く衰えません。自分の中で母親に対する憎しみはますます増大し、それは「殺したい」程の憎しみになってしまった、という流れになります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村