鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

「何故に自分は社会から完全脱落する羽目になったのか??」という疑問(過去編・2004年3月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「「何故自分の28年間はただひたすら孤独だったのか??」という疑問(過去編・2004年3月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、「尿管結石事件」後の自分が母親と再びコミュニケーションを取り始めた際の話でした。そして、その中でとある疑問が浮かび上がってきた、という話でした。「尿管結石事件」とは自分が27歳の時に発生した事件です。この事件を端的に説明させて貰いますと、ある日自分が尿管結石の激しい痛みに襲われ、父親に助けを求めた所、「こんな時に頼りやがって!!」という血も凍るような暴言を吐かれた、という話になります。事件の詳細はこちらです。



今回の記事では、改めてとある疑問が浮かび上がるまでの経緯を書いていこうと思います。自分は「尿管結石事件」の後、母親と2年ぶりにコミュニケーションを取り始めたのですが、そこで母親の糾弾姿勢が少し鎮静化している事に驚きました。なにせうちの母親は、自分が小学校3年生の頃から父親の事を一方的に激しく糾弾し続けていました。その激しい糾弾姿勢は一向に衰える事は無かったですし、むしろ年々激しさは増している印象すらありました。そんな状態が15年間続いていたのです。



どうしてうちの母親が父親の事を15年間も糾弾し続けたのかと言いますと、その間うちの父親が次から次に酷いトラブルを我が家に持ち込み続けたからです。うちの父親は社会性とコミュニケーション能力に極度に乏しい人間でしたから、他人に半ば騙されるような形でのトラブルが多々ありました。また、何より父親方の親族問題がまぁこじれにこじれまくっていたのです。ですから、うちの母親は父親のもたらすトラブルの尻拭いに15年間振り回され続けていました。その中で父親に対する「不信感」が凄まじい勢いで増大していったのでした。




このような経緯でうちの母親は父親の事を15年間糾弾し続けていたのですが、自分が「尿管結石事件」後に母親と久しぶりにコミュニケーションを取ってみますと、その姿勢は少し鎮静化しているように見えました。自分は2年ぶりくらいに母親とコミュニケーションを取ったのですが、その姿勢が少し鎮静化している事に気付き驚きました。何故鎮静化したのか、その理由はこちらの記事をご覧下さい。母親の糾弾姿勢が鎮静化している事で、自分と両親が3人で喋っている時の雰囲気は、以前と比べると良くなっていました。そこで自分はこう思ったんですね。



「自分の人生は何故どこにも居場所を作る事が出来なかったのか、その謎を解いてみたい。両親との話の中でその謎を解く事は出来ないだろうか?」



そう、この頃になると自分が近い将来社会生活から完全脱落するであろう事は明白になってきていました。自分が家族と再びコミュニケーションを取り始めたのは「尿管結石事件後」ですが、その半年後の2004年4月、自分は2つ目の大学を退学する事となったのです(28歳)。自分は2つ目の大学で休学を通算3.5年間続けており、これ以上大学の規則で休学を続けられませんでした。もちろん「尿管結石事件」後の自分に復学する気力があるはずもなく、自動的に退学という流れになったのです。



一応親には「大学を退学した後は、古本屋バイトを頑張る」とは言っていましたが、この頃にはもはや古本屋バイトも脱落寸前でした。この古本屋バイトは無茶苦茶仕事量が少なく、雰囲気も緩々の超楽なバイトでしたが、そのバイトでさえも自分は辛くて仕方なくなっていました。このバイトが駄目なら、もう他にやれそうなバイトはありません。そう、自分は外の世界に居場所を作る事が全く出来ず、いよいよ社会から脱落しようとしていたのです。



すると自分の中には「何故自分の人生はこうなってしまったのだ???」という疑問が湧き上がってきました。社会生活からの完全脱落を目の前にして、自分の人生に対する大いなる疑問が湧き上がってきたのです。「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」、と。



そこで自分は両親と喋る中でその謎を解いてみたいと思いました。自分の人生がただひたすら虚しいものになってしまった原因は、家庭環境にあるような気がしていたからです。そこで自分は両親に自分の人生がこんなに辛かった、という話をし始めました。具体的にどのような話をしたのかは覚えていませんが、たぶん自分がどこに行っても居場所を作れなかった、という話をしていったような気がします。



ただし、当時の自分は自分の人生をほとんど整理出来ていない状態です。自分が高校時代から「鬱」だった事にも全く気付いていません。ですから自分は自分自身の歴史を全く上手く喋る事が出来ず、そこにかなりのストレスを感じていた記憶もあります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村