鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

自分の過去を振り返ると視界0mの超濃霧に覆われ、何も見えない②(過去編・2004年3月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「人生の謎を解きたくて仕方がない(過去編・2004年3月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が自分の人生の謎を解こうとしていた、という話でした。その謎とは、

「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


です。自分は本当に切実にこの謎を解く必要性に迫られていました。何故なら自分は現実社会から脱落寸前であり、引きこもり生活が目の前に迫っていたからです。そして、自分は最初にこの謎を両親との会話の中で解こうとしました。しかし、すぐにそれは無理と感じ、「ノート」での謎解きに移行していったのです。そう、ノートにこれまでの全ての過去の記憶を書き出し、そこから謎を解いていこうと思ったのでした。



自分はそれまでの6年間において、ノートに自分の『現在』の状況や気持ちを詳細に書いてきており、それに手応えを感じていました。何もかも上手くいかなかった自分の人生ですが、「ノートにおける自己表現」だけには自信を持つようになっていったのです。また、この「ノートにおける自己表現」は6年間に渡るカウンセリングの成果でもありました。カウンセリングで得たものから派生し、出来上がった行為なのです。ですからこの行為に対して思い入れもかなりありました。そこで、自分はここに自分の時間とエネルギーの全てを投入してみようと思いました。賭けてみる価値は充分あると思ったのです。



そこで、自分は早速過去の記憶を書こうとノートを開きました。しかし、愕然としたのです。ここから先は前々回の記事から引用します。


何故なら、自分の後ろ(過去)が「真っ白な視界0mの超濃霧」に覆われていて、自分の後ろ(過去)が全く見えなくなっていたのです。その時の自分の気持ちはこんな感じです。


「えっ???自分がこれまでどうやって生きてきたのか、過去が全く見えない!!」


そうなんですよ。自分の過去が真っ白な超濃霧に遮られて全く見えなくなっていたのです。これは驚きでした。さらにこの時の気持ちはこんな感じです。


「えっ???俺ってこの28年間どうやって生きてきたの???」


そう、自分がこれまでどうやって生きてきたのか、全く思い出せなくなっていたのです。いわば「記憶喪失」のような状態です。しかし、実際には、この28年間の中で自分は何かしらの行動を色々してきているはずです。何もしていなかったはずがありません。ところがその記憶が超濃霧に遮られて全く思い出せなくなっていたのです。自分の周りが視界0mの超濃霧に包まれていて、自分がどのようにここまで人生を歩んできたのか、全く過去が見通せませんでした。これにはびっくりしましたねぇ。「えぇ〜〜〜〜っっ??!!」ってな感じです。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村