鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージ初期のまとめ(過去編・2004年5月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 記憶のサルベージ(言語化)に伴う知的興奮(過去編・2004年5月・28歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が記憶のサルベージ(言語化)をしている中で感じていた知的興奮について書いてみました。「記憶のサルベージ」とは、自分が28歳の4月頃から始めた記憶の言語化作業の事を指しています。今回の記事は、記憶のサルベージの初期の話を振り返っていきたいと思います。



当時の自分は2つ目の大学や古本屋バイトや家族関係から脱落寸前となっていました。自分がいよいよ社会から完全脱落し、「引きこもり」になる事がほぼ確定状態にあったのです。そこで自分の中には以下の疑問が湧き上がりました。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


自分はこの疑問を解きたくて解きたくて仕方ありませんでした。振り返ってみますと、自分はそれまでの10年間自殺願望だけを心の支えにして生きてきました。自分の人生はただひたすら孤独と被害妄想と肉体的苦痛が酷くなっていくだけの人生だったからです。しかし、この疑問が湧き上がって以降、自分は自殺願望を棚上げしました。そして逆にこんな思いになったのです。


「この謎が解けるまでは死んでも死に切れない!!」


自分はこの謎を解く為に、ノートにそれまでの自分の28年間の記憶を書き始めました。それは気が遠くなる程膨大な作業の始まりでした。なにせ28年間の記憶はほとんど言語化されてきていません。その中のほんの一部は、6年間受け続けたカウンセリングの中で言語化されていましたが、1週間に1時間のカウンセリングで言語化出来る量などたかが知れています。



こうして、自分は過去の記憶を言語化し始めたのですが、その直後に愕然としました。何故なら、自分の過去の記憶が「視界0mの超濃霧状態」状態に陥ってる事に気付いたからです。自分の過去を振り返ろうとしても、「視界0mの超濃霧状態」に覆われていて、過去に何があったのか、全く見えなくなっていたのです。あれは驚きでしたねぇ。



何故自分の記憶が「視界0mの超濃霧」に覆われていたのかと言いますと、自分の過去の記憶が「超カオス状態」に陥っていたからです。先程も書きましたように、自分の28年間の記憶はほとんど言語化されてきていませんでした。幼い頃から自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無でしたから、日々の出来事や感情をほとんど喋ってきていないのです。もちろん書いてもいません。



これにより、日々の出来事や感情は全く整理整頓も消化もされず、記憶の海の底に沈んでいく事となりました。そして、この状態が25年間延々続いた結果、記憶は「超カオス状態」に陥り、「視界0mの超濃霧」が発生する事となったのです。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村