鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

自分の人生はクソみたいな人生だったが、それを認識出来ていない状態よりは余程マシ(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった」③(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が「大学空手部の3年間=全くの無駄」という結論を受け入れていった、という話でした。今回の記事もそこら辺の話になります。この時の自分は28歳です。全ての人間関係から脱落し、引きこもり状態に突入し始めた頃の話になります。自分は引きこもるにあたり、以下の3点を認めなければなりませんでした。


①自分のこれまでの28年間の人生が大失敗に終わった。

②「大学空手部の3年間」もまるで無駄であった。

③大学空手部引退後の自分は以下の思いを支えにして生きていた。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力が付いているはず!!そして、体力が付いているなら、自分に自信が付き、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


しかし、実際には自分の心身は「鬱の廃人」状態に陥っており、「虚構の体力と自信」を捏造してすがっていただけだった。


この中の②を認める事にはかなりの精神的苦痛がありました。自分の命を捧げた空手部の3年間がまるで無駄だったと認める事になったからです。しかし、一度認めてしまうと、すごく納得出来たのを覚えています。そう、一度それを認めてしまうと、自分の人生の大きな流れが掴めました。その大きな流れとは、


「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった」


です。この流れが見えてきたのはとても大きかったです。「なるほど〜〜〜!!」って感じでしたね。要するに自分の28年間がクソみたいな人生だった、という事です。それを認めるのは本当にキツかったですが、一度認めてしまうと、「なるほどなぁ」と思いました。だって本当にクソみたいな人生だったのですから。


そして、自分はノートを書きながら、こうも思いました。自分のこれまでの人生がクソみたいな人生だったとしても、それを認識出来ていない状態よりは余程マシだ、と。そう、クソみたいな人生を直視出来ていない状態よりも、直視出来ている状態の方が全然良いという感覚がありました。



何故なら自分はそれまでの28年間余りにも自分自身の事を知らなさ過ぎました。視界0mの超濃霧の中を訳もわからず、全力で走り回っていたような人生でしたからね。ですから、例え自分自身に関する特大にネガティブな真実だったとしても、それを「知らない状態」よりは「知っている状態」の方が全然健全だし、今後に繋がっていくと思ったのです。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村