鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

慢性的な背中の疲労感と眠気〜引きこもり中の鬱の諸症状④(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 病的な冷え性〜引きこもり中の鬱の諸症状③(過去編・2005年1月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が部屋に引きこもっていた時期の冷え性について考えてみました。この時の自分は29歳です。当時の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



前回の記事でまとめた冷え性の件りは以下の通りです。


③酷い冷え性は大学空手部時代と比べてさらに2倍悪化。それ故異常に風邪を引きやすくなっており、風呂にも入れない。頭がどうしても痒くなった時に月に1度シャンプーするくらい。湯船に入る体力は無い。また、眠る時には服を5〜6枚重ね着し、布団を6〜7枚掛け、さらにその上にいらない服を6〜7枚載せないと寒くて眠る事が出来ない。しかもこの状態で①の精神的苦痛に襲われ続け、1時間耐えねばならなかった。



いいですね。では次の項目に進みます。次の項目は「慢性的な背中の疲労感と眠気」です。ではまず、大学空手部引退直後の「慢性的な背中の疲労感と眠気」を振り返りたいと思います。


⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をナイフで刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)



上記の状態は、大学空手部引退直後の症状です。そしてここから6年が経ち、自分が部屋に引きこもる頃には上記の症状も2倍に悪化していました。つまり、「高校時代と比べて6倍酷くなった慢性的な背中の疲労感と眠気」という事になります。この慢性的な背中の疲労感なのですが、この疲労感って主に大学生活やバイトなどの「外出時」にホントに辛かった症状でした。まるで背中に30kgの重りを常に背負っているかのようなエグい疲労感と激しい痛みがありましたからね。



ところが、それらの疲労感と痛みは部屋にいる時には半分くらいしか感じませんでした。なんというか自分が大学生活やバイトに感じていた孤独感や恐怖感に反応して発症していた印象です。ですので、引きこもっている期間にはそんなには感じていなかった記憶です。



ただし、それらの疲労感や痛みは引きこもり中にはそんなに感じなくなっていても、潜在的には高校時代と比べて6倍酷くなっていたとは思います。何故なら、引きこもってから1年後の話になるのですが、その頃になると自分は記憶のサルベージを終え、パチンコで生活費を稼ぎ出す事となりました。そして、このパチンコで稼いでる時期の背中の疲労感と痛みがまぁエグかったのです。自分は1日10時間くらいパチンコを打ち続けていたのですが、その時の背中の疲労感と眠気は凄まじく、パチンコを打ちながら、意識を失う事もしばしばありました。まさに「高校時代と比べて6倍酷くなった慢性的な背中の疲労感と眠気」だったと思います。



では引きこもり中の背中の慢性的な疲労感と眠気についてまとめたいと思います。


④ 慢性的な背中の疲労感は高校時代に比べて6倍に悪化していたのだが、これらの症状は部屋に引きこもっている1年間はそれほどの苦痛にはならなかった。本当にこれらがキツかったのは引きこもり明けのパチンコで稼いでいる時期。パチンコを打っている間、これらの肉体的苦痛がホント辛くて仕方なく、その肉体的苦痛で意識を失いながらパチンコを打っていた。




いいですね!



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村