鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

サッカー日本代表戦絡みの被害妄想まとめ〜引きこもり中の鬱の諸症状⑧(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 日本全国がサッカー日本代表戦で盛り上がっているのが気に食わない〜引きこもり中の鬱の諸症状(過去編・2005年1月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が部屋に引きこもっている頃にサッカーの日本代表戦に対して、凄まじい殺意を感じていた、という話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。自分がサッカーの日本代表戦に殺意を感じていた理由は以下の5つになります。


①ノートにひたすら過去のトラウマを書いていく事で感じるストレス。それは空手部時代を始めとする数々のトラウマを再体験するという事であり、これだけでも発狂もののストレス。


②当時の自分は母親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。そんな母親と妹が仲良さげにサッカーを見ている事が許せない。


③自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して、ひたすらトラウマと向かい合っていた。一方、母親と妹はお気楽にサッカーを楽しんでいる。この格差に対する凄まじい憎しみ。


④深夜の時間帯(1時以降)に騒がれることに対する憎しみ。普段この時間帯は、他の家族は寝ていて、自分一人だけの落ち着く時間帯。その落ち着く時間帯を土足で荒らされているような激しい憎しみ。


⑤自分が全ての社会生活と家族関係から脱落し、ひたすら過去のトラウマをノートに書いている時に、日本全国が日本戦の話でお祭り騒ぎになっている。それに対する悲しさと孤立感と絶望感。



よくまとまりました。このような理由で当時の自分はサッカーの日本戦とそれを楽しむ母親と妹に対して、溢れ返る殺意を感じていたのです。



さて、話を元に戻したいと思います。そもそもの話は、自分が引きこもっていた時期に病的(×6倍)な「被害妄想」に苦しんでいた、という話でした。その中でも最も辛かった被害妄想は、「寝付くまでの1時間」です。これについて以前の記事でまとめたものを貼りたいと思います。



①当時の自分は睡眠を取っても取っても酷い疲労感が全く取れず、睡眠への欲求が底無しになっていた。自分にとって睡眠は、自分の生命と同じ価値を持っており、「睡眠を妨害される」=「生命を激しく傷付けられる」となっていた。故に自分の睡眠を妨害する可能性のある音に対して、「病的(×6倍)な怯え」と「病的(×6倍)な憎しみ」を感じる事に。


そして、実際に自分が睡眠を取ろうと布団の中に入ると、瞼を閉じた途端、上記の怯えと憎しみに襲われてしまい。全く眠る事が出来ない。実際にはまだ「睡眠を妨害する音」は発生していないのだが、その発生を先取りして考えてしまい、予期不安(予期憎悪)が発生。これにより自分の身体は恐怖と緊張でガチガチに強ばり、冷や汗ダラダラで覚醒してしまう。睡眠を取る際には毎回1時間、この恐怖と緊張に必死に耐え続けないと、寝付く事が出来なかった。


また、当時の自分は睡眠への欲求が底無しになっており、身体が無限に睡眠を要求していた。しかし、いざ実際に睡眠を取ろうとすると、上記の如く「病的(×6倍)な怯え」と「病的(×6倍)な憎しみ」に襲われ、全く寝付く事が出来ない。身体は無限に睡眠を欲しているにも関わらず、いざ睡眠を取ろうとすると、耐え難い精神的苦痛に襲われてしまう。これは自分の身体の中で起こっていた「激し過ぎる自己矛盾」であり、これによるメンタルダメージも甚大だった。



このように数ある被害妄想の中でも「寝付く時間帯での被害妄想」がダントツで辛いモノとなっていました。では寝付く時間帯以外での被害妄想はどんなものがあったのか、という話になります。つまり、起きている時間帯の被害妄想です。それがここ最近記事に書いてきました、サッカー日本戦絡みの被害妄想です。これもホントキツかったですねぇ。この時の自分の被害妄想は「病的(×6倍)な被害妄想」となっていたのですが、まさに「病的(×6倍)」だったな、と思います。サッカーの日本代表の予選や本選は2〜3ヶ月に渡って続きましたから、その度ごとに自分は上記のストレスに発狂していたのです。



とりあえず、起きている時間帯の被害妄想に関しては、こんな感じですね。サッカー日本代表戦絡みの被害妄想を言語化出来て良かったと思います。では最後に今回の被害妄想を「引きこもり時期の鬱の諸症状」の「⑧」としてまとめてみたいと思います。


⑧当時の自分は、サッカーの日本代表戦に溢れ返る殺意を感じていた。その理由は以下の5つ。


❶ノートにひたすら過去のトラウマを書いていく事で感じるストレス。それは空手部時代を始めとする数々のトラウマを再体験するという事であり、これだけでも発狂もののストレス。


❷当時の自分は母親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。そんな母親と妹が仲良さげにサッカーを見ている事が許せない。


❸自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して、ひたすらトラウマと向かい合っていた。一方、母親と妹はお気楽にサッカーを楽しんでいる。この格差に対する凄まじい憎しみ。


❹深夜の時間帯(1時以降)に騒がれることに対する憎しみ。普段この時間帯は、他の家族は寝ていて、自分一人だけの落ち着く時間帯。その落ち着く時間帯を土足で荒らされているような激しい憎しみ。


❺自分が全ての社会生活と家族関係から脱落し、ひたすら過去のトラウマをノートに書いている時に、日本全国が日本戦の話でお祭り騒ぎになっている。それに対する悲しさと孤立感と絶望感。



いいですね!素晴らしい




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村