鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

親に記憶のサルベージの意味を全く説明出来ない〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 父親に対する被害妄想〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が引きこもっている時期に感じていた被害妄想の話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。


そして、前回の記事では、この被害妄想の中でも父親絡みの被害妄想について書いていきました。それは部屋に引きこもって半年後くらいに起きた出来事です(2005年3月頃・29歳)。自分がいつものように過去のトラウマをノートに書いていますと、急に父親がドア越しに「〇〇(自分の名前)部屋で何やってるんだ???」と声を掛けてきたのです。



自分はその声を聞いた瞬間はらわたが煮え繰り返りました。まず父親に対しては「尿管結石事件」の際の凄まじい恨みがあります。自分はあの事件によって父親に対して「殺したい」程の憎しみを抱くに至ったのです。(事件の詳細はこちら)また、前回の記事にも書きました通り、自分はこの父親に対して一切の信頼や愛情を感じないまま、成長してきいました。うちの父親は子供の自分に対して全く無関心でしたし、自宅で開業後は数々の酷いトラブルを我が家に持ち込み続けたからです。これによって我が家は15年間に渡って戦争状態に陥り続けました。



ですから、自分はこの父親に対して「自分の父親」という感覚を全く持っていませんでした。とりあえずはお金は稼いではいましたが、それ以外は何の実態もない「透明人間」だったのです。そんな人間が父親ズラして、声を掛けてきたのですから、自分はその瞬間はらわたが煮え繰り返ったのです。もちろん、そこには「尿管結石事件」の際の凄まじい恨みもありました。



ですから、自分は父親からドア越しに声を掛けられた際に、それに答える気に1ミクロンもなりませんでした。はらわたが煮え繰り返っていますからね。そして、ガン無視をしていますと父親はその場を立ち去っていきました。




そう、この時自分がバイトを辞めて部屋に引きこもってからすでに半年が過ぎていたのですが、その間自分は家族と一切コミュニケーションを取っていませんでした。自分は、自分がノートにひたすら過去のトラウマを書いている事を一切伝えていなかったのです。自分にとって「記憶のサルベージ(言語化)」とは、自分が命懸けでやっている行為であり、そんな大切な行為をこれまで自分の事を散々放置し続けた親に伝える義務などこれっぽっちも無い、という感じです。



簡単に言うと、当時の自分は両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたから、そんな人間に自分が人生を掛けてやっている行為の内容を伝えたいはずがありません。


また、仮に自分が両親に記憶のサルベージを伝えたとしましょう。そこで両親の方から「それをやって何になるんだ??」と聞かれたら返答に困る、という問題もありました。この時点では、自分がやっているこの行為がその後にどう役に立つのかなど全く見えていない状態だったからです。自分はただただこの疑問を解きたかっただけですからね。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


しかし、この時点ではその答えはまだ出ていませんでしたし、いつ答えが出るのかも全く分からない状態でした。そして、今後答えが出たとして、その時自分がどう言う気持ちになるのかもさっぱり分かりません。ですから、親にこの記憶のサルベージ(言語化)について喋る気は一切しなかったのです。



しかし、その後も父親からのドア越しの声掛けは続きました。自分はそれに対してガン無視し続けたのですが、その度ごとにはらわたが煮え繰り返り、気が狂いそうになりました。そして、あれは4度目くらいの声掛けだったでしょうか?とうとう自分は憎しみが抑え切れなくなり、ドア越しに「うっせぇ!!!俺は俺でやってるだからほっとけ!!!」と怒鳴り返したのです。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村