鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「父親突入事件」の後の父親に対する凄まじい殺意〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「「父親突入事件」の後の凄まじい予期不安〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が引きこもっている時期に起こった父親絡みの事件の話でした。今回の記事もこの事件を振り返って行こうと思います。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



そして、自分が部屋に引きこもってから半年後くらいに事件は起こりました。父親が無理矢理自分の部屋に入ってこようとしたのです。あれには凄まじい殺意が湧き起こりました。何故父親がそのような行動に出たのかと言いますと、自分は引きこもって部屋で何をしているのか、家族に全く言っていませんでした。自分は家族に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたから、自分がひたすら過去のトラウマをノートに書いている行為を言う気には全くなれなかったのです。



また、この行為は自分にとって全く先行き不透明無く行為だったのです。自分自身でさえ、この行為が今後どういう効果を産むか全く予想が出来ませんでした。この行為が良い効果を産むのか、悪い効果を産むのかも全く分かりませんし、終わるまでどれくらいかかるか全く分かりません。ですから、仮にこの行為を両親に喋ったとして、両親がそこら辺の事を聞いてきたとしても、自分はそれに明確に答える事が全く出来ません。



ですので、自分は部屋に引きこもって何をやっているのか、家族の誰にも言わないまま部屋に引きこもり始めたのです。そして、それから半年間が過ぎていました。すると父親が痺れを切らして、自分の部屋のドア越しに


「〇〇(自分の名前)部屋で何やってるんだ???」


と聞いてきたのです。自分は上記の通りそれを言う気には全くなれませんでした。ですから父親の問いをガン無視し続けていました。そして、その問い掛けを聞くたびにはらわたが煮え繰り返っていたのです。



何故なら父親は自分にとっては「父親」ではなく、「お金を稼いでくる透明人間」でした。幼い頃から父親は自分に対してひたすら無関心であり続けたからです。そんな父親が父親ズラしてドア越しに聞いてくるのですから、それはたまらなく腹立たしい事でした。もちろん「尿管結石事件」の恨みも凄まじかったですから、それを忘れてもいません。1年前の血も凍るような暴言を許せるはずがありません。(事件の詳細はこちら)



そのようなドア越しの問い掛けが1〜2週間おきに続き、2ヶ月くらい過ぎた頃でしょうか。ある日自分は憎しみが我慢が出来なくなり、父親からの問い掛けにこうブチ切れて怒鳴ったのです。


「うっせぇ!!!俺は俺でやってるんだからほっとけ!!!」


それに対して父親も怒鳴り返してきまして、怒鳴り合いのラリーが1〜2分続きました。最後に父親は「お前はホントに何をやってるんだ!!!」と怒鳴り、ドアを開けて、自分の部屋に突入してこようとしたのです。もちろん父親を部屋に入れる訳にはいきません。自分は必死にドアを押さえ、父親が入って来れないようにしました。そんなドア越しの押し合いが5分程続いたでしょうか。父親は諦めて去っていきました。



その後の自分の心の中は、凄まじい感情の嵐でぐちゃぐちゃでした。まずは父親に対する殺意です。ドア越しに問い掛けされるだけでもはらわたが煮え繰り返っていたのに、無理矢理部屋に入ってこようとしたのですからね。そもそも自分は父親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていたのです。そんな父親が無理矢理自分の部屋に入ってこようとしたのですから、殺意が溢れ返るのも無理はありません。



思い返してみますと、当時の自分にとって自分の部屋はこの世界における唯一の居場所でした。外の世界で挫折しまくり、行き場所の無くなった自分に残された最後の聖域だったのです。言い方を変えますと、自分の部屋は自分を守ってくれる唯一の「殻」でもありました。この殻だけが自分を守ってくれていたのです。



そんな神聖にして犯すべからず聖域に、「殺したい」程憎い父親が無理矢理入ってこようとしました。つまり、自分を守ってくれる唯一の殻を父親が破ろうとしてきたのです。これはもう自分自身が殺されかけたのと同義でした。自分の中の殺意は止まりません。その衝動は凄まじいものがありました。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村