鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「父親突入事件」によって被害妄想がさらに悪化〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「父親突入事件」の後の父親に対する凄まじい殺意〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、引き続き父親が無理矢理自分の部屋に突入してこようとした事件についての話でした。この時の自分は、29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



そして、部屋に引きこもり始めてから半年後ぐらいに事件は起きました。父親は自分の部屋のドア越しに


「〇〇(自分の名前)部屋で何やってるんだ???」


と聞いてきたのです。自分はその問い掛けを無視し続けました。その問い掛けをされるたびにははらわたが煮え繰り返っていました。何故なら当時の自分は父親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたから、そのような父親ズラした問い掛けをされてもはらわたが煮え繰り返るだけだったのです。当時の自分が感じていた「殺したい」程の憎しみを分解すると以下の2つの要素になります。



①1年半前の「尿管結石事件」の際に、父親が言い放った血も凍る様な暴言。あの暴言を忘れるはずがない。この事件によって父親に対して「殺したい」程の憎しみを抱くようになった。(事件の詳細はこちら)


②自分の中に父親に対する信頼や愛情を感じた記憶がこれまで1回もない。幼い頃に父親に遊んで貰ったり、興味を持って貰った記憶が皆無。自分にとって父親は「父親」ではなく、「お金を稼いでくる透明人間」。よってそんな父親が父親ズラして喋り掛けてくると、激しい憎しみに襲われてしまう。



そして、とうとう自分はある日の問い掛けに憎しみが我慢できなくなり、こう怒鳴り返したのです。


「うっせぇ!!!俺は俺でやってるんだからほっとけ!!!」


そして、これに対して父親の方も


「お前いつまで部屋にこもってるんだ!!!」


とブチ切れてきたのです。そして、自分はまたも


「うっせぇ!!!俺は俺でやってるんだからほっとけ!!!」


と怒鳴り返しまして、そんなラリーが2〜3回続きました。すると、父親は「お前はホントに何をやってるんだ!!!」と怒鳴り、ドアを開けて、自分の部屋に突入してこようとしたのです。もちろん父親を部屋に入れる訳にはいきません。自分は必死にドアを押さえ、父親が入って来れないようにしました。そんなドア越しの押し合いが5分程続いたでしょうか。父親は諦めて去っていきました。



その後の自分の心の中はパニック状態に陥りました。まずは父親に対する殺意の衝動が半端なかった。ただでさえ「殺したい」程の存在である父親が、自分の気持ちを全く無視して、部屋に無理矢理入ってこようとしたのです。これで殺意が湧かないはずがありません。



また、一方では今後の事を考えると凄まじい恐怖にも襲われました。何故なら父親がそういう行動を取ってきた以上、今後いつまた同じような事態が起こるか分かりません。そう、また父親が無理矢理部屋に入ってこようとするかもしれませんし、もしかしたら自分が寝付いた後に入ってくるかも使れないのです。自分はそれを考えると恐ろしくて仕方ありませんでした。



何故なら当時の自分は被害妄想が病的(×6倍)に酷くなっていました。28年間の挫折の果てに、物事を究極的に悪く考える癖がついていたのです。今後、もしかしたら自分が寝ている所に父親が押し入ってくるかもしれません。さらに思考は最悪方向に進みます。押し入ってきた父親に自分が殺されてしまうような、そんな妄想にまで襲われ始めたのです。こうなってしまうと自分の睡眠はめちゃくちゃです。ただでさえ自分の睡眠は病的(×6倍)な被害妄想が原因で、布団に入ってから寝付くまでに1時間かかるようになっていました。当時の寝付く際の苦しみは以下の通りになります。以前の記事からの引用です。


「寝付く際の被害妄想」


①当時の自分は睡眠を取っても取っても酷い疲労感が全く取れず、睡眠への欲求が底無しになっていた。自分にとって睡眠は、自分の生命と同じ価値を持っており、「睡眠を妨害される」=「生命を激しく傷付けられる」となっていた。故に自分の睡眠を妨害する可能性のある音に対して、「病的(×6倍)な怯え」と「病的(×6倍)な憎しみ」を感じる事に。


そして、実際に自分が睡眠を取ろうと布団の中に入ると、瞼を閉じた途端、上記の怯えと憎しみに襲われてしまい。全く眠る事が出来ない。実際にはまだ「睡眠を妨害する音」は発生していないのだが、その発生を先取りして考えてしまい、予期不安(予期憎悪)が発生。これにより自分の身体は恐怖と緊張でガチガチに強ばり、冷や汗ダラダラで覚醒してしまう。睡眠を取る際には毎回1時間、この恐怖と緊張に必死に耐え続けないと、寝付く事が出来なかった。


また、当時の自分は睡眠への欲求が底無しになっており、身体が無限に睡眠を要求していた。しかし、いざ実際に睡眠を取ろうとすると、上記の如く「病的(×6倍)な怯え」と「病的(×6倍)な憎しみ」に襲われ、全く寝付く事が出来ない。身体は無限に睡眠を欲しているにも関わらず、いざ睡眠を取ろうとすると、耐え難い精神的苦痛に襲われてしまう。これは自分の身体の中で起こっていた「激し過ぎる自己矛盾」であり、これによるメンタルダメージも甚大だった。



この①の被害妄想に加えて、さらに「押し入ってきた父親に殺されるかも」という被害妄想まで加わったのです。自分は布団の中に入るとさらに激しい恐怖と緊張に襲われ、寝付くまでにかかる時間がさらに長くかかるようになっていきました。それまでは1時間かけてようやく寝付いていましたが、それが1時間半くらいにまで伸びていた印象です。また、寝付けたとしてもその眠りはかなり浅かった記憶です。



自分はこの事件後、急いでホームセンターに出向き、自分の部屋のドアに簡易の鍵を付けました。それにより少しはその恐怖が薄まったような気もしましたが、気休め程度だったような気もします。簡易的な鍵ですから、思い切り力を入れれば取れてしまいそうな鍵でしたからね。ですから、鍵を付けて以降も自分の病的(×6倍)な寝付きの悪さは悪くなる一方だったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村