鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

小、中、高時代の記憶をサルベージ(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「記憶のサルベージ」= 「自分を主人公にしたミステリー小説」(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、記憶のサルベージ(言語化)が後半戦に突入した、という話でした。記憶のサルベージ(言語化)とは自分が28歳〜29歳の時に行っていた行為です。当時の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。この「過去の記憶をノートに書く行為」を「記憶のサルベージ(言語化)」と呼んでいます。自分は28歳の9月に古本屋バイトを辞め、引きこもり状態となりました。そこから自分は自分の時間の全てを記憶のサルベージに投入していったのです。それから半年が経ち、29歳の4月頃、記憶のサルベージ(言語化)がようやく折り返しに入った、という感じです。



ただし、当時の自分は記憶のサルベージが折り返しに入った事には全く気付いていません。いつまで経っても記憶の底が見えてこない事に辟易していましたし、「これ永遠に終わらないのではないか??」という恐怖にも襲われていた記憶です。まだまだ先が見えない戦いが続いていました。


ではここで、記憶のサルベージの前半戦のおさらいをしておきたいと思います。自分はこの前半戦において、7つの大きな発見をしていました。それは以下の通りになります。


「記憶のサルベージ中の7つの大きな発見(前半戦)」



①小学校3年生を境目にして、記憶の色が明らかに変わっている。小3「以前」の記憶には鮮やかな色が付いているのだが、小3「以降」の記憶は「灰色」一色。記憶から色が完全に剥げ落ちている。


②記憶の色の変化の原因は、当時の家庭環境の急激な悪化にあった事が判明。それに伴いメンタルが急激に悪化し、持病の喘息も急激に悪化。学校を休みがちになり、半不登校児になっていた事も思い出す。


③小3の時に通っていたスイミングスクールで離人症を発症していた事が判明。小3で精神疾患を発症していた事を知り、自分の人生の先行きの暗さに愕然とする。


④高校時代の時点で「鬱状態」に陥っていた。

⑤大学空手部の3年間は全くもって無駄だった。

⑥大学空手部の3年間で鬱がさらに3倍悪化した。

⑦自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった。



これらの発見はホント大きかった記憶です。自分は上記の事柄を記憶のサルベージを始めるまでは何一つ認識出来ていませんでした。自分は幼い頃から全く自己表現をせずに生きてきましたから、日々の出来事や感情は全く言語化されず、全てが「カオス状態」のまま記憶の海の底に沈んでいきました。



そして、「カオス状態」のまま沈んでいった記憶の数々は他の「カオス状態」の記憶と混ざり合い、「超カオス状態」に陥っていきました。こうなると、後からその記憶は思い出すのは困難です。ですから自分は幼い頃から上記の7つの事象を全く認識せずに28歳まで過ごしてきたのです。



当時の自分が認識出来なかった事象は上記の7つだけではありません。自分は学校生活の中で様々な失言、暴言事件を繰り返して、挫折感と孤独感を募らせていったのですが、それらの暴言、失言事件に関しても全く認識出来ていなかったのです。



正確に言いますと、当時の自分は事件直後はその事件を認識していました。どの事件においてもかなりの精神的ダメージを受ける事になりましたから、さすがに事件直後は認識出来ていました。しかし、当時の自分はその事件について全く言語化する事がありませんでした。自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無でしたから、それを相談できる相手が皆無だったのです。



自分は幼い頃より両親にすら心を閉ざしていましたから、そんな自分が大きな精神的ショックを伴う事件を他人に自己開示出来るはずがありません。ですから、事件による精神的ショックや挫折感や孤独感は全く言語化されませんから、全く消化されません。そして、言語化を経ていませんから、事件の時系列や事実関係も全く整理整頓される事が無かったのです。



このように学校生活における数々の事件の記憶は全く整理整頓されないまま、「カオス状態」のまま、記憶の海の底に沈んでいく事となったのです。そして、他の「カオス状態」の記憶と混ざり合い、「超カオス状態」に陥っていきました。こうなると後から思い出すのは困難です。自分は数々の事件を認識出来ないまま、年齢を重ねる事となりました。



こんな自分が周りとコミュニケーションが取れるはずがありません。だって自分の人生を何一つ把握できていないのですから。結局自分は全ての社会生活から脱落し、28歳の時に部屋に引きこもる事になりました。そして、それから半年後、自分はこれまで全く認識出来ていなかった小、中、高における様々な事件の言語化に着手する事となったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村