鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

人生の因果関係を繋いでいく作業に感じる知的興奮(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 家庭環境が戦争状態に陥り、承認欲求が飢餓状態に(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事は、自分が小学校時代の記憶をノートに書き始めた、という話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々をすでに半年間続けていました。


まず自分は小学校の記憶の中で小学校6年生の頃の記憶をノートに書いていきました。当時の自分は中学受験の塾に通っており、そこで甚大な精神的ダメージを受けた印象が残っていたからです。そして、何故当時の自分が中学受験の塾に通い始めたのかを、思い出していきました。



ここからは、前回の記事をそのまま引用したいと思います。当時の自分がどのようにして甚大な精神的ダメージを受ける事となったのか、という話になります。


『前回記事からの引用』


そう、当時の自分は自分の意志で中学受験の塾に通い始めていました。親に言われたから通い始めたのでは無かったのです。


では何故に自分の意志で中学受験の塾に通い始めたのか、という話になります。そこで、自分は小学校3年生、4年生の頃の記憶を思い出していきました。すると小学校3年生の頃に家庭環境が急激に悪化し、子供の自分のメンタルも急激に悪化した事を思い出したのです。この頃うちの父親が自宅で開業をし、それに伴い両親が消耗し始めたのです。さらに父親方の親族問題も勃発し、それにより夫婦関係も急激に悪化していきました。この2つの出来事によりうちの両親は消耗し切っていきました。つまり、小学校3年生を境に我が家は戦争状態に陥っていたのです。



これにより子供の自分のメンタルも急激に悪化し、持病の喘息が急激に悪化。自分は小学校の半分を休まなければなりませんでした。さらには当時通っていたスイミングスクールにおいては離人感を発症していたのです。



当時うちの両親はエネルギーと時間の全てを新規事業と夫婦喧嘩に投入しており、消耗し切っていました。そこでは子供の自分が省みられる事などありません。開業前から両親は自分に対して無関心でしたが、開業後それは悪化したのです。ですから自分は親から遊んで貰った記憶などありませんし、興味を持って貰った記憶すらないのです。当時の自分が日々の出来事を家の中で喋っている記憶が皆無でした。よって子供の自分は親に対して何の信頼も愛情も感じていませんでした。そして、自分という存在が家庭内においてかなり不安定な存在である事に、かなりの不安感と危機感を抱いていたのです。自分という存在が立っている地面がいつ崩落してもおかしくない、そんな不安感と危機感です。このメンタルダメージが喘息を急激に悪化させた原因でした。



一言で言いますと、自分は家庭内において「承認欲求」が全く満たされていなかったのです。衣食住などの物理的な環境は用意して貰っていましたが、それが満たされる事は全くありませんでした。承認欲求が飢餓状態に陥っていた、と言っても良いと思います。当時の自分の気持ちを言語化すると、「俺この家にいてもいいの??」的な感じです。自分がこの家に存在して良いという理由がまるで見つからないのです。もしくは自分という存在がこの世の中に存在して良いという理由がまるで見つからないのです。これでは自分が自分に対して自信を持てるはずがありません。自分は家庭内において、「自分に対する自信」を失い続けていました。



そこで子供の自分は考えました。「得意な勉強でなら、大人に褒めて貰えるのでは??」、と。そう、家庭内において自信を喪失している自分にとって、外の世界の大人からの承認は喉から手が出る程欲しいものでした。ですから、それを得る為に中学受験の塾に通おうと思いました。中学受験の塾は「偏差値」が絶対的な価値基準です。勉強さえ出来れば先生に褒めて貰える事でしょう。自分は小学校においては勉強が出来ていましたからそこに関しては自信を持っていました。そこで、自分は小学校5年生の時に自ら中学受験の塾に通い始めたのでした。



そこから順調に成績は伸びていきました。しかし、小学校6年生の夏に「A先生怒鳴られ事件」が発生したのです。(事件の概要はこちら)自分は天国から地獄に叩きつけられました。事件後の自分は、完全に勉強する気力を失い、学力は急降下。自分は虚無感に支配され、親の金を盗んだり、万引きしたり、無断外泊したりと、問題行動が頻発しました。そして、私立中学受験に失敗したのです。



『前回記事からの引用終わり』



なるほど〜。このようにして、当時の自分は甚大な精神的ダメージを受ける事になった、という話になります。そして、29歳の自分は上記のストーリーをノートに書いて行ったのでした。


ここからは29歳の自分がどのようにして上記のストーリーを書いていったのか、振り返ってみたいと思います。「書いていった」と書きましたが、正確には「書いていった」というより、「試行錯誤しながら、自分がより納得出来るストーリーを組み上げていった」、という感じです。そう、「A先生怒鳴られ事件」を分解しますと、事件をを構成する要素は以下の7つでした。


・小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化

・同時期の喘息の急激な悪化

・同時期のスイミングスクールでの離人

・同時期の半不登校児化

・小学校5年生の時に中学受験の塾に通い始めた

・小学校6年生の夏に起こった「A先生怒鳴られ事件」

・事件後の問題行動の数々。親の金を盗んだり、万引きしたり、無断外泊したり。


ですから、29歳の自分は、まずは上記のそれぞれの事象を言語化していき、その上でさらにそれぞれの事象を繋いでいった感じです。そう、全ての事象は「因果関係」で繋がっていました。そして、今回のストーリーのバックグラウンドにあったものは「承認欲求の飢餓状態」です。子供の自分はそれが家庭内で全く満たされなかったが故に中学受験の塾に通い始めたのです。そして、テストで超絶に良い点数を取り、承認欲求が一気に満たされてしまった。ですから、授業中に舞い上がって騒ぎ続けてしまったのです。そして、塾で1番恐れられていたA先生に怒鳴られ、天国から地獄に落ちていった。当時の自分はこの事件により甚大な精神的ダメージを受ける事となったのです。



ですから、29歳の自分がそれぞれの事象の気持ちを思い出して、ノートに書く際にも、かなりの精神的苦痛がありました。なんせ当時の精神的ダメージが「真空パック状態」でそのまま残っていましたからね。



しかし、1度それを言語化してしまうと、「なるほどなぁ、、」と納得出来る部分がかなりありました。特に納得出来たのは、「家庭内が戦争状態に陥った事」と「A先生怒鳴られ事件」との間の因果関係です。自分は2つの事象を「承認欲求の飢餓状態」という因果関係で繋げる事が出来て、かなり嬉しかった記憶です。



そう、「A先生怒鳴られ事件」は当時の自分にとってかなり辛い事件でした。しかし、どんなに辛い事件であろうと、それは自分の人生のストーリーにおける重要なパーツです。むしろ、その事件が辛ければ辛い程、その重要度は上がる感じがありました。辛ければ辛い事件ほどその後の人生への影響度は高い訳で、それを知る事は「自分を深く知る事」に直結していたのです。



また、当時の自分の辛さを鮮明に思い出す事で、28歳の自分が小6の自分を慰めるような気持ちにもなりました。「あの時は本当にキツかったよなぁ、、」と。



このように上記の事象をノートに書いていく作業はとても辛い作業でした。しかし、一方では「自分を知る事」と直結しており、知的好奇心を満足させる作業でもありました。また、書く事で癒される部分もあったと思います。



このように自分はそれぞれの事象を苦しみながら、そして一方では知的好奇心を満足させつつ、言語化していきました。その上で先程書きましたように、それぞれの事象に因果関係を見つけ、繋いでいく作業をしていったのでした。その作業もまた面白く、そこには知的興奮があったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村