鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

小学校6年で起きた「A先生怒鳴られ事件」(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 小学校6年生の頃の自分の姿をはっきりと思い出す(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が「A先生怒鳴られ事件」を言語化して行った際の話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。「A先生怒鳴られ事件」をノートに書いている頃は、引きこもってから半年は経っていたと思います。2004年3月頃の話になります。



そして、「A先生怒鳴られ事件」は自分が小学校6年生の時に起こった事件です。自分はこの事件に関して小学校3年生〜小学校6年生の間の記憶をノートに書いていき、以下の6つの事象を言語化していきました。


①小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化

②同時期の喘息の急激な悪化

③同時期のスイミングスクールでの離人

④同時期の半不登校児化

⑤小学校5年生の時に中学受験の塾に通い始めた

⑥小学校6年生の夏に起こった「A先生怒鳴られ事件」


そして、自分はノートを書く中でこれら6つの事象の間に「感情の因果関係」を見つけ、これらを一つのエピソードとして組み上げていきました。組み上げたエピソードは以下の通りです。以前の記事からの引用になります。


幼い自分は「承認欲求」が家庭内で全く満たされていない子供でした。自分が小学校3年生の頃に父親が自宅で新規事業を始め、両親ともにそこに全ての時間とエネルギーを投入していったからです。その中で父親方の親族トラブルも発生し、母親は父親の事を激しく糾弾し始めました。これにより家の中は戦争状態に突入。両親は新規事業と親族トラブルで消耗し切っており、子供の自分は完全に放置される事になりました。



故に、幼い自分は中学受験の塾の先生達に「承認」を求めました。自分は勉強は出来る子供だったからです。そして、自分は小学校5年生の4月に中学受験の塾に入学。そこから1年半一生懸命勉強した結果、灘中学を受験する子供と肩を並べるくらいの成績が取れたのです。これにより自分の「承認欲求」は激しく満たされてしまいました。そして、激しく満たされたが故に舞い上がってしまったのです。普段褒められ慣れていない子供が急激に褒められてしまったのですからね。自分は塾の授業が始まってからもはしゃぎ続けてしまい、塾で1番怖いA先生に「やる気のないやつは出ていけ!!」と怒鳴られ、黒板消しで頭を叩かれました。



自分は天国から地獄に落とされました。何故なら普段の自分は先生に怒鳴られるような生徒では全く無かったからです。むしろ全く逆の生徒でした。常に先生の顔色を伺い、先生の意向には絶対従う生徒でした。家の中で承認欲求が全く満たされていませんから、先生からそれを貰おうと必死だったのです。故に全く怒られ慣れていません。そんな自分が塾で一番恐ろしいA先生に怒鳴られてしまったのです。その精神的ショックは計り知れないものがありました。



事件後自分はこの事件を親を始めとして誰にも相談する事が出来ませんでした。これにより事件の記憶は全く整理整頓されないまま、記憶の海の底に沈んでいく事となりました。また、精神的ショックを自分独りの心の中に溜め込んだせいで、被害妄想も発生し、自分は塾に行くのが恐ろしくて仕方なくなってしまったのです。「今回の事でA先生に目をつけられ、これから自分は事あるごとにA先生からいじめられるのではないか??」、と。



この被害妄想により自分は塾をサボるようになってしまいました。当然成績は急落です。1年半の勉強の努力は水の泡と消えてしまいました。



これにより自分の中には虚無感が発生しました。もはや何もかもがどうでも良くなってしまったのです。自分は親の金を盗んでゲーセンに通い、万引きを繰り返し、無断外泊もしました。親の事など知ったこっちゃありません。むしろ少しくらい心配させてやろうと思っていました。



事件から半年後、自分は形だけは中学受験をしました。しかし、半年間全く勉強していない学力は無惨なものでした。自分は全ての私立中学の受験に失敗して、中学受験は幕を閉じたのでした。




いいですね!素晴らしい。このように自分はノートに小学校3年生〜小学校6年生の記憶を書いていき、「A先生怒鳴られ事件」のエピソードを組み上げていきました。エピソードの出来栄えは上々でした。あれは嬉しかったですねぇ。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村