鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリング初回の記憶をサルベージ(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 何故自分の精神は全く成長していなかったのか?(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事は、自分が「A先生怒鳴られ事件」と「自己紹介事件」を言語化していった際に、当時の自分が全く精神的に成長していなかった事に気付き、驚いたという話でした。「A先生怒鳴られ事件」は自分が小学校6年生の夏に起こった事件で、「自己紹介事件」は中学入学早々に起こった事件です。自分は2つの事件で甚大な精神的ダメージを受ける事もなったのですが、どちらの事件も原因は「自分の空気の読めなさ」や「自分の言動」にありました。



そう、当時の自分は「A先生怒鳴られ事件」によって甚大な精神的ダメージを受ける事となったのですが、この事件をいつまで経っても客観的に見れるようにはなれませんでした。何故なら自分の周りには信頼出来る相談相手が皆無だったからです。よって自分はこの事件をいつまで経っても言語化出来ませんでした。言語化出来なければ、事件の精神的ダメージを消化する事は出来ませんし、事件の事実関係や時系列を整理整頓する事もできません。こうなると、「事件は何故起こったのか??」という原因究明など出来るはずもありませんし、そこから「反省」や「学び」を得る事などもっと出来るはずがありません。



ですから当時の自分は「A先生怒鳴られ事件」から何の反省も学びも全く得る事が出来ませんでした。すると、半年後「自己紹介事件」というまたも「舌禍」が引き起こされる事となったのです。当時の自分はこの事件でまたも精神的ダメージを受ける事となりました。自分はこの2つの事件をノートに書いてみて驚きました。「俺全く成長してねぇ、、」と。



そして、こう考えたのです。「もし仮に小学校時代の自分の周りに『カウンセラーの先生』のような信頼出来る相談相手がいれば、このような舌禍の連続は避けられたのではないだろうか??」、と。



さて、時系列は1年ほど遡りまして、自分が記憶のサルベージを始めた頃の話を書きたいと思います(2004年4月頃・28歳)。この頃に自分は「カウンセリングの記憶」を初めて言語化しているのです。自分は2004年の4月頃からバイトと並行して過去の記憶をノートに書き始め、程なくして大学空手部時代の記憶を書き始めました。そこで、まずは大学空手部時代の自分がどのようにして心身を病んでいったのかノートに書いていきました。



そう、当時の自分は空手部のとある稽古が恐ろしくて仕方がなく、それによって夜眠れなくなり、鬱がさらに悪化していったのでした。自分は高校生の時点で周りのクラスメートと全くコミュニケーションが取れなくなっていたのですが、大学空手部の恐怖のよってそれもさらに悪化。大学2年生の頃には大学内で孤立状態に陥っていました。クラスの人間関係からは脱落していましたし、ゼミでも完全に浮きまくっていたのです。



そして、大学3年生になった自分はいよいよ大学生活に行き詰まり、大学内のカウンセリングセンターに駆け込みました。カウンセリングの先生は自分に対して「今日はどうしまたか??」と優しく問いかけてくれたのですが、自分はそれを聞いた途端涙が止まらなくなったのです。まるでダムが決壊したかのように涙が止めどなく溢れ、止まりません。自分は先生の問いに答えようとするのですが、言葉よりも先に滝のような涙が出てしまいます。そして、1時間半の間ずっと泣き続け、カウンセリングの初回は全く喋れないまま終わっていったのでした。



この時に自分が号泣してしまった理由は2つあったと思います。1つ目はそれまでの人生における孤独感や恐怖感や挫折感や虚無感が一気に涙となって溢れ出してきた、です。何せ自分はそれまでの21年間全く日々の出来事を言語化せずに生きてきていました。ですから、21年間分の孤独感や恐怖感や挫折感や虚無感がまるで消化されないまま記憶の海の底に山のように残っていたのです。それらの膨大なネガティヴな感情がカウンセラーの先生の暖かい問いに触れた途端滝のような涙となって溢れ出してきた、と。



2つ目の理由は、今少し書きましたが自分が先生からの問いかけに「安心」と「暖かさ」を感じたからです。そう自分はこの2つの感情を生まれて初めて感じたように思います。それまでの21年間において、自分が他人に対してこのような感情を抱いた事は全くありませんでした。特に両親に対しては、「安心」や「暖かさ」は全く感じていませんでしたし、逆に両親から「自分に対する自信」を奪われているような感覚さえありました。



ですから、当時の自分はカウンセラーの先生から「今日はどうしました??」と優しく問われた途端号泣し始めたのです。先ほども書きました通り、幼い頃から自分の周りにはこのように自分に対して暖かい眼差しと興味を向けてくれる大人は皆無でしたからね。自分は先生の優しい問いかけに「安心」と「暖かさ」を感じ、それは良い意味でとても衝撃的なものでした。故に自分は号泣し始め、それは1時間半続いてしまった、と。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村