鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

自分の精神の成長しなささに気付き、ドン引きする(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「承認欲求の飢餓状態」が様々な舌禍を引き起こしていた(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が記憶のサルベージを進める中でとある仮説を思い付いた、という話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。そして、ノートを書き始めてから1〜2ヶ月後くらいにこのような仮説を思い付いたのです。


「もし子供の頃の自分の周りに、カウンセリングのような『安心』して喋れる『暖かな』居場所があったならば、自分の人生は全く違ったものになったのでは??」


そして、自分はこの仮説を頭の片隅に置きながら、小学校時代の記憶をノートに書いていきました。するとこの仮説を裏付けるような記憶が次から次に言語化されていったのです。以下「記憶のサルベージ中の7つの大きな発見(前半戦)」から①〜③を抜粋します。



①小学校3年生を境目にして、記憶の色が明らかに変わっている。小3「以前」の記憶には鮮やかな色が付いているのだが、小3「以降」の記憶は「灰色」一色。記憶から色が完全に剥げ落ちている。


②記憶の色の変化の原因は、当時の家庭環境の急激な悪化にあった事が判明。小学校3年生の時に家庭環境が戦争状態に突入していた。それに伴いメンタルが急激に悪化し、持病の喘息も急激に悪化。学校を休みがちになり、半不登校児になっていた事も思い出す。


③小3の時に通っていたスイミングスクールで離人症を発症していた事が判明。小3で精神疾患を発症していた事を知り、自分の人生の先行きの暗さに愕然とする。



このような生活を送っていた自分は「大人からの承認」を切実に欲するようになっていました。承認欲求が飢餓状態に陥っていたのです。そこでそれを満たす為に中学受験の塾に入りました。自分は小学校での勉強は出来ている子供でしたから、塾の先生に褒めて貰おうと思ったのです。しかし、入塾から1年半後にその目論見は露と消えました。「A先生怒鳴られ事件」によって自分は天国から地獄に叩き落とされたのです。自分は甚大な精神的ダメージを負う事となりました。(事件の概要は、こちら)



さらに半年後、自分は中学入学と同時に吹奏楽部に入部したのですが、そこでの自己紹介でまたも大失敗し、またも精神的ダメージを負う事となったのです(事件の概要は(概要はこちら))。



この2つの事件には3つの共通点がありました。箇条書きにしてみます。


①自分の「空気の読めなさ」によって引き起こされていた。

②事件後、事件について安心して喋れる、暖かな居場所が皆無だった。

③「家庭内における承認欲求の飢餓状態」が大きな原因。


この中で特に重要なのが②です。そう、もし仮に「A先生怒鳴られ事件」後の自分の周りに「安心」して喋れる「暖かな」居場所があったなら、その後の事件の連鎖は防げたはずだと、自分はノートを書きながら思いました。もしそのような場所があれば、自分は苦しみながらも「A先生怒鳴られ事件」を喋る事が出来、そこでこの事件で受けた精神的ショックを癒す事が出来たでしょう。そして、同時にこの事件に関する事実関係、人間関係、時系列を整理する事も出来たはず。これが出来れば、自ずと上記①、③の問題点も浮かび上がり、当時の自分はこの事件から「反省」と「学び」を得ることが出来たはずです。そうすれば、「A先生怒鳴られ事件」→「自己紹介事件」という事件の連鎖を止める事が出来たはずです。



自分は「A先生怒鳴られ事件」と「自己紹介事件」をノートに書いていく中で、上記の分析をしていきました。そこで重要だったのはやはり②です。これが無かったが故に自分は「A先生怒鳴られ事件」から何も反省や学びを得る事が出来ず、半年後に「自己紹介事件」が起こってしまったのです。



自分はその後中学を卒業し、高校に入学する事になるのですが、そこでも入学直後に「歓迎会逃亡事件」、それから半年後に「暴言事件」、さらにその半年後に「寄せ書き事件」と、全く同じ構図の舌禍を引き起こし、心身を病んでいく事となりました。そして、これらの事件についても先程の①、②、③が全くそのまま当てはまりました。



自分はこれらの事件の数々をノートに書いていく中で、ますます「自分の成長しなささ」に驚愕しました。当時の自分は全く同じ構図の舌禍を小学校6年生から高校まで延々と引き起こし続けていたのです。自分はノートを書きながら「自分の成長しなささ」に「うわぁ、、、、」、とドン引きしたのを覚えています。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました! にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村