鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

大学でスポーツ系の部活に入る事を決意(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 記憶がゴミ屋敷状態(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事も、自分が小学校、中学校、高校の記憶をノートに書いて行った際の話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



自分は小学校、中学校、高校時代に様々な舌禍を引き起こし、それにより「自分に対する自信」をどんどん失っていきました。その結果高校2年生の4月に鬱を完全発症する事となったのです。当時の発症した鬱の諸症状は以下の通りになります。


「高校時代の8つの鬱の諸症状」



①「暴言事件」や「寄せ書き事件」の恐怖が凄まじく、その甚大なメンタルダメージのせいで日曜夜ごとに激しい喘息が発症。そして、自分はそれらの事件を誰にも相談出来なかった為、そのメンタルダメージはいつまで経っても消化されなかった。



②喘息が原因で背中の慢性的的な疲労感がさらに悪化。もはや疲労感ではなく「背中の慢性的なかなりの痛み」



③喘息で夜一睡も出来ず高校に通っているので、慢性的な眠気が酷い


④突発的に発生する凄まじいめまい。自分という存在が消えてなくなりそうな程、地面が激しく揺れているイメージ。


⑤「暴言事件」や「寄せ書き事件」の最悪の最悪の想定が恐ろしくて仕方ない。その怯えから来る「冷え性


⑥上記のメンタルダメージの蓄積により、食欲が完全消失


⑦自転車通学による「無意識の自傷行為


⑧幼い頃より「自分に対する自信」をエグられ続けた結果、「被害妄想」が発症し、それはどんどん悪化していった。高校時代の自分は「自分という人間は、いつ他人から無根拠に攻撃されてもおかしくない人間なのだ」という感覚に常に襲われ、いつもかなり「ビクビク」「オドオド」している精神状態。



(「②慢性的な背中の痛み」と「⑧激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)




ですから、自分の高校生活の3年間は酷く惨めで虚しいものとなりました。そして、その事に当時の自分も気付いていました。また、逆に上記の鬱の諸症状に関しては全く気付いていませんでした。自分は幼い頃から日々の出来事や感情を全く言語化しないで生きてきましたから、全ての記憶が「超カオス状態」に陥っており、後から思い出すのが超困難になっていました。自分は過去の健康状態の記憶ですら思い出せなくなっており、現在の健康状態の悪化に気付く事が全く出来なかったのです。



このように高校時代の自分には認識出来ていた事と認識出来ていなかった事がありました。そして、先程書きました通り、高校時代の自分は自分の高校生活を酷く惨めで虚しいものと感じていました。そこで、来るべき大学生活では2度と同じ轍は踏みたくないと思ったのです。そう、次の大学生活こそは友達と楽しくコミュニケーションを取り、充実した日々を過ごしたいと強く強く願ったのです。



その為には、今の自分を変えるしかないと思いました。今の自分は周りのクラスメートと全くコミュニケーションを取れていません。そして、その原因は自分が大幅に自信を失っている事にあると、当時の自分は認識していました。そこで、これまで苦手で避けていた「スポーツ系の部活」に入るしかないと思ったのです。



何故「スポーツ系の部活」かと言いますと、自分は幼い頃より喘息に苦しみ続けていましたから、スポーツを完全に避けて生きてきました。ですから、中学、高校は文化系の吹奏楽部に所属していたのです。しかし、自分は高校時代の吹奏楽部で様々な舌禍を引き起こし、その凄まじい精神的ダメージにより、鬱を発症してしまいました。簡単に言うと吹奏楽部の3年間が完全なトラウマになってしまったのです。こんな状態ではもはや大学で吹奏楽部に入ろうという気は全く起こりません。そこで、これまで避けてきた「スポーツ系の部活」に入り、「荒療治」的に自分を変えるしかないと思ったのです。



そう、当時の自分は、大学でスポーツ系の部活に入り、体力が付けば、自分に自信が付き、コミュニケーション能力が改善されるのではないかと考えました。



また、小、中、高のクラスにおいて、常にクラスを仕切っていたのはスポーツ系のクラスメートでした。彼らはコミュニケーション能力が高く、いつも楽しそうな印象が自分の中に強くありました。彼らはいわゆる「スクールカースト」のてっぺんに位置していました。明るくてコミュニケーション能力も高い彼らは、自分にとって住む世界の全く違う憧れの存在だったのです。



高校時代の自分は彼らの堂々とした態度に時に恐怖していましたし、同時に憧れてもいました。ですから、自分もスポーツ系の部活に入れば、彼らのようになれると考えたのです。自分は鬱で意識朦朧とした高校生活を送る中で、こう決意しました。


「大学に入ったらスポーツ系の部活に入ろう!!」

と。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村