鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

志望大学に合格し、虚し過ぎる高校生活に一矢報いる(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 承認欲求を満たす為だけの大学受験(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校時代の記憶をノートに書いた際の話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



自分はノートを書いていく中で、高校時代の自分が酷く虚しく悲しい高校生活を送っていた事を知りました。当時の自分は鬱を発症してしまい、その苦しみで意識朦朧とした状態で高校生活を送っていたのです。当時の8つの諸症状は以下の通りになります。


「高校時代の8つの鬱の諸症状」



①「暴言事件」や「寄せ書き事件」の恐怖が凄まじく、その甚大なメンタルダメージのせいで日曜夜ごとに激しい喘息が発症。そして、自分はそれらの事件を誰にも相談出来なかった為、そのメンタルダメージはいつまで経っても消化されなかった。



②喘息が原因で背中の慢性的的な疲労感がさらに悪化。もはや疲労感ではなく「背中の慢性的なかなりの痛み」



③喘息で夜一睡も出来ず高校に通っているので、慢性的な眠気が酷い


④突発的に発生する凄まじいめまい。自分という存在が消えてなくなりそうな程、地面が激しく揺れているイメージ。


⑤「暴言事件」や「寄せ書き事件」の最悪の最悪の想定が恐ろしくて仕方ない。その怯えから来る「冷え性


⑥上記のメンタルダメージの蓄積により、食欲が完全消失


⑦自転車通学による「無意識の自傷行為


⑧幼い頃より「自分に対する自信」をエグられ続けた結果、「被害妄想」が発症し、それはどんどん悪化していった。高校時代の自分は「自分という人間は、いつ他人から無根拠に攻撃されてもおかしくない人間なのだ」という感覚に常に襲われ、いつもかなり「ビクビク」「オドオド」している精神状態。



(「②慢性的な背中の痛み」と「⑧激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)



ですから、当時の自分は来るべき大学生活において、高校生活の二の舞は絶対に演じたくないと考えていました。その為には「自分を変える」しかないと思ったのです。そこで大学では「スポーツ系の部活」に入る事を決意しました。これまで極力避けていた「スポーツ系の部活」に入り、そこで、体力が付けば、自分に自信が付き、そうすればコミュニケーション能力も改善されるだろうと踏んだのです。


当時の自分はそのような決意を秘めつつ、高校3年生の4月から受験勉強を始めました。当時の自分は大学受験に対してかなりの熱量を持っていました。何故なら、大学受験で良い大学に入って吹奏楽部の女の子達や、クラスの女の子達にすごいと思われたかったからです。



そう、高校時代の自分は吹奏楽部においてもクラスにおいても、透明人間化しており、異性どころか大人しめの同性とのコミュニケーションすら不可能になっていました。ですから、せめて受験勉強で結果を残して、女の子達に自分の存在をアピールしたいと思ったのです。



自分は中でも吹奏楽部内の女の子達、特に暴言事件の対象となった「Bさん」に対して自分の存在をアピールしたいと感じていました。何故なら自分は暴言事件の後遺症で「Bさん」に対して凄まじい罪悪感を感じていました。そして、そもそも自分はBさんに対してほのかな好意を抱いていました。あの暴言はBさんには伝わっていなさそうでしたが、そうであろうと無かろうと、自分が絶対に許されない言葉を吐いてしまった事には変わりありません。ですから、良い大学に合格して、Bさんの中の自分の印象を少しでも良くしたいと思っていたのです。(事件の概要は、こちら)



自分はこのような動機を胸に秘めつつ、高校3年生の4月から受験勉強を開始しました。高校に通いつつ、放課後には塾に通い、勉強漬けの毎日です。遡る事1年前、自分は高校2年生の4月頃に鬱を発症しました。自分は上記の鬱の諸症状に苦しみながら高校生活を送っていましたから、当然高校の勉強が全く頭の中に入ってこない状態に陥っていました。故に成績はガタ落ちし、特に理系科目は赤点寸前でした。論理的な細かい思考が出来るような頭の状態では無かったですからね。ですから、自分は大学受験にあたって、理系科目が必要な大学を捨てました。そして、英語、国語、世界史だけで受験出来る、私立文系の大学に照準を絞って、勉強していったのです。



それから1年後。自分は狙いの大学に合格する事が出来ました。かなり嬉しかった記憶です。高校の進学相談室の前には、「〇〇大学合格 〇〇」と自分の名前が張り出され、それを見てかなり誇らしかったのを覚えています。当時の自分は、これでただひたすら虚しく悲しかった高校生活に一矢報いる事が出来た気がしました。自分はその張り紙をなによりBさんに見て貰いたかった記憶です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村