鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

人生の因果関係が見えて来る(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「「家庭環境の急激な悪化」によって何が起こったのか(過去編・2005年3月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が過去の記憶をノートに書いていった際の話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



自分はその中で学生時代に起きた様々な事件を言語化していきました。以下その一覧になります。


・小学校3年生「家庭環境の急激な悪化」
・小学校6年生 「A先生怒鳴られ事件」
・中学1年生「自己紹介事件」
・高校入学時「歓迎会逃亡事件」
・高校1年生秋「暴言事件」
・高校2年生4月「寄せ書き事件」
・高校2年生4月「自己紹介事件」


(それぞれの事件の概要は、こちら)



自分はこれらの事件で甚大な精神的ダメージを受け、「自分に対する自信」を大きく失い続ける事となりました。その結果高校時代に鬱を発症する事となったのです。当時の鬱の諸症状は以下の通りになります。



「高校時代の8つの鬱の諸症状(2021年ver)」



①「暴言事件」や「寄せ書き事件」の恐怖が凄まじく、その甚大なメンタルダメージのせいで日曜夜ごとに激しい喘息が発症。そして、自分はそれらの事件を誰にも相談出来なかった為、そのメンタルダメージはいつまで経っても消化されなかった。



②喘息が原因で背中の慢性的的な疲労感がさらに悪化。もはや疲労感ではなく「背中の慢性的なかなりの痛み」



③喘息で夜一睡も出来ず高校に通っているので、慢性的な眠気が酷い


④突発的に発生する凄まじいめまい。自分という存在が消えてなくなりそうな程、地面が激しく揺れているイメージ。


⑤「暴言事件」や「寄せ書き事件」の最悪の最悪の想定が恐ろしくて仕方ない。その怯えから来る「冷え性


⑥上記のメンタルダメージの蓄積により、食欲が完全消失


⑦自転車通学による「無意識の自傷行為


⑧幼い頃より「自分に対する自信」をエグられ続けた結果、「被害妄想」が発症し、それはどんどん悪化していった。高校時代の自分は「自分という人間は、いつ他人から無根拠に攻撃されてもおかしくない人間なのだ」という感覚に常に襲われ、いつもかなり「ビクビク」「オドオド」している精神状態。



(「②慢性的な背中の痛み」と「⑧激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)



そして、上記の7つの事件の中で最も重要な事件は、


・小学校3年生「家庭環境の急激な悪化」


です。この事件こそが全ての事件の元凶だったと言っても過言ではありません。この時期に父親が開業した事で、両親ともに新規事業に滅茶苦茶忙殺されていく事となりました。そして、父親方の親類問題が勃発した事で、両親の関係が滅茶苦茶悪化。これによって我が家は戦争状態に突入しました。この事件の問題点は以下の通りになります。前回の記事でまとめたものです。


・家庭環境が戦争状態に陥った事で、両親が幼い自分をますます放置。これにより自分は家庭内においてかなりの不安感に怯える事となった。言うなればそれは「自分という存在が立っている地面がいつ崩落するか分からない不安感」。これによって自分は「自分に対する自信」を大きく失っていった。この精神的ダメージによって持病の喘息も急激に悪化。小学校に通えなくなり、半不登校児のような状態に陥ってしまった。



・この事件によって当時の自分はますます家の中で自己表現をしなくなっていった。また、両親の方もますます自分に興味を向けなくなっていった。当時の自分はそんな両親に対して何の愛情も信頼も感じておらず、ただただ親に対して諦め切っていたし、冷め切っていた。故に両親に対する興味など一切無し。これによって、自分と両親はお互いの人生を全く共有しないまま、時が流れる事となった。



・この事件によって自分の中にある「承認欲求」が飢餓状態に陥った。「飢餓状態の承認欲求」を簡潔に言い換えると「極度の寂しさ」。この「極度の寂しさ」が、その後様々な事件を引き起こしていった。


・このような状況下で小学校6年生の時に「A先生怒鳴られ事件」が発生。当時の自分はこの事件により甚大な精神的ダメージを受けたのだが、その辛さを両親に喋る気になどさらさら無かった。自分と両親は日々の出来事や感情を全く共有していなかったので、そんな両親に対して重大事件を喋る気になるはずがない。また、それ以外にも自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無だったので、自分はこの事件を何一つ言語化出来なかった。


これによって、この事件の精神的ショックはいつまで経っても何一つ消化されなかった。同時に事件をいつまで経っても客観視出来なかったので、この事件から反省や学びを得ることもできない。よってその後も「極度の寂しさ」が原因の事件が何度も何度も繰り返され、そのたびに自分は「自分に対する自信」を大きく失っていった。その結果高校時代に鬱を発症。


いいですね!素晴らしい。そして、高校時代に発症した鬱は、大学空手部の3年間を経て、さらに3倍に悪化する事となったのです。



28歳の自分は上記の人生の流れをノートを書く中で認識していきました。ここまで来ると大分自分の人生の因果関係が見えて来たって感じでしたね。ただまぁ細かい話になりますが、28歳の自分は上記の箇条書き程は深く考察出来ていなかったとは思います。上記の考察は現在の自分(44歳)の考察も大分入っていますからね。



ざっくりした印象ですが、28歳の時の考察は、上記の考察の50%くらいの深さだったと思います。しかし、当時の考察も「骨組み」と「大きな流れ」と「結論」自体は、上記の考察と全く一緒です。「結論」とは、「小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化が全ての元凶」です。28歳の自分もこの結論には行き着いています。後は考察の深さが違うだけですね。



それでも28歳の時の自分にしてみれば、「50%の考察」は、これ以上ない考察でした。当時としたら画期的な考察だったのです。当時の自分は「素晴らしい考察が出来た!」と自画自賛していた記憶です。そう、この「50%の考察」によって、いよいよ例の問いに答えが見えて来た感じがありました。その問いとは、


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


です。


今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村