鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」という謎の答え(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「何故3歳の時点で親に対する感情表現を諦めてしまったのか?(過去編・2005年3月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が「最も古い記憶」を言語化していった、という話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって、ひたすら自分の過去の記憶をノートに書く日々を送っていました。そして、引きこもってから9ヶ月後くらいに、自分の記憶に眠る「最も古い記憶」を言語化する事となりました。その「最も古い記憶」は以下の通りになります。前々回の記事からの引用になります。



『前々回の記事からの引用』


それは自分が3歳の頃の記憶です。ちょうどその頃に妹が産まれています。そんなある日の事、自分と母親と妹の3人で外出する事がありました。母親は妹を背負い、自分の手を引いていました。そして、その日の用事が終わり、帰路についたのですが、帰りの電車の中で事件は起こったのです。その日の電車はかなり混んでいまして、席に座れない状態でした。自分と母親は満員の電車内で立って過ごしていました。するとここで自分は急に電車の席に座りたくなったのです。自分はその場でぐずり出し、「座りたい座りたい」とわがままを言いました。すると、席に座っていた優しい大人が席を譲ってくれたのです。母親は恐縮していましたが、自分は喜んでその席に座りました。



そして、電車は進み、いよいよ最寄駅まであと1駅という所まで来ました。すると急に母親が自分の腕を掴み、その駅で降りてしまったのです。自分は不思議でなりません。まだ最寄駅には着いていないのですから。すると母親は駅のホームの端っこに自分を連れていき、血相変えてこう叫びました。


「わがまま言うなら、もうここに置いていくから!!」


自分はびっくりしました。母親はかなりの剣幕で怒っているのです。そして、自分の中には悲しい気持ちは全く無かったのですが、泣かないとこの場が収まりそうにないので、なんとか頑張って泣きました。そして、母親に謝った記憶です。すると母親は気が収まったのか、自分と再び電車に乗り、帰っていったのでした。



さて、この事件で最も重要なのは母親に怒られた直後の自分の気持ちになります。自分は母親に怒られた後、とりあえず泣いてその場を収めたのですが、その後にこんな気持ちになった記憶があるのです。それは、


「あぁ、もうこの母親に自分の感情や欲求を伝えるのは一切辞めよう。」


です。そう、この時の自分は母親の怒る様子を見て、自分の感情や欲求を表現する事を諦めてしまったのです。なんというか、当時の自分はこの時の母親の様子に母親のエネルギーや気力の限界を感じた記憶です。そこでこれ以上母親を困らせないよう、一切の感情表現を辞めてしまおうと決めたのです。



『引用終わり』



このように自分の中の「最も古い記憶」は、「親に対する感情表現を一切辞めてしまおうと決意した時」のものでした。これにはびっくりしましたねぇ。この事件によって幼い自分は日々の出来事や感情を外に出さなくなったに違いありません。もちろん、親の方もそんな自分に興味を向ける事は少なかった記憶です。



そして、この状況は小学校3年生の時の父親の新規開業によって急激に悪化しました。そこから自分の人生の転落が始まって行ったのです。ここから両親は自分の事を完全放置し始めましたから、自分のメンタルも急激に悪化。自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まり、極度の寂しさから「承認欲求の飢餓状態」が起こりました。



この「承認欲求の飢餓状態」によって自分は学校生活において空気を全く読めず、「舌禍」を起こし続ける事となりました。そして、「自分に対する自信」を大きく失い続けていったのです。その結果、高校時代に鬱を発症。さらに大学に入っても挫折は続き、心身は壊れ続けました。最後には28歳で部屋に引きこもる事になったのです。



このように29歳の自分はノートを書く中で過去の記憶を詳細に言語化していき、とうとう自分の「最も古い記憶」を言語化しました。そして、3歳から29歳までの人生のストーリーを上記のようにまとめる事に成功したのです。これはかなり嬉しかった記憶です。自分はとうとう自分の人生を一貫して俯瞰で見れるようになっていました。



時を遡る事9ヶ月+4ヶ月前、自分は以下の謎の答えを心の底から知りたくてたまりませんでした。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


そして、自分は自分の過去の記憶をノートに書き始めたのですが、そこで愕然としたのです。自分が自分の人生を振り返ろうしますと、自分の後ろが視界0mの超濃霧に覆われ、何一つ過去が見えなくなっていました。自分はそれまでの28年間自分がどのような人生を送ってきたのか、全く見通す事が出来なかったのです。そして、自分はそこからホントに少しずつ記憶の言語化作業を進めていきました。さらに作業を始めてから4ヶ月後にはバイトを辞めて、引きこもり状態に突入。そこからは全ての時間とエネルギーをこの記憶のサルベージに投入していきました。




それから9ヶ月が経ちました。ここに来て、記憶の言語化作業はほぼほぼ終わり、自分は自分の人生を一貫して俯瞰で見る事に成功しました。ほぼ全ての過去の記憶を言語化し、さらに無数の事象の因果関係を繋ぎ終えたのです。この頃には上記の謎は100%解けていました。その答えは、


「家庭環境が小学校3年生の頃からずっと戦争状態に陥っていたから」


です。とうとう自分は心の底から知りたかった疑問の答えを手にする事が出来ました。この時の自分はかなりの達成感に包まれていた記憶です。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村