鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージ(言語化)に終わりの気配が漂い始める②(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 記憶のサルベージ(言語化)に終わりの気配が漂い始める(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が進めていた記憶のサルベージがいよいよ終わりを迎えつつあった、という話でした。記憶のサルベージとは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。この行為を始めた時の自分は28歳です。この頃の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって、記憶のサルベージ(言語化)を進めていました。



当時の自分は28歳の9月に古本屋バイトを辞め、引きこもり状態に突入しました。そして、起きている時間のほとんどを記憶のサルベージに投入していったのです。自分はこの記憶のサルベージに自分の全てを賭けていました。何故なら、以下の謎の答えが知りたくてたまらなかったからです。

「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」



そう、自分はそれまでの28年間において、学生生活を始めとするありとあらゆる場所で挫折し続けました。そして、「自分に対する自信」を凄まじい勢いで失っていったのです。それによって高校時代に鬱を発症し、体調はどんどん悪化していきました。結果、28歳の自分の心身は「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていました。こんな状態ではもはや社会生活を営むのは到底無理でした。



そこで、自分の中に浮かんできた疑問が先程の疑問です。自分はこの疑問の答えを心の底から欲していました。自分は18歳の頃から自殺願望のみを心の支えにして生きてきましたが、この疑問が生まれてからは、「答えを知るまでは死んでも死に切れない!!」との思いにもなっていました。



そこで自分は上記の答えを知る為に自分の過去の記憶をノートに書き始めました。上記の答えを導く為には、自分がこれまでどのような人生を歩んできたのか、詳細に知る必要があると思ったからです。しかし、それは壮絶な日々の始まりでした。自分はノートを書きながら何度泣いたか分かりません。




何故なら、自分の過去の記憶はトラウマしかありませんでした。自分の過去の記憶のほとんどは「学校生活における挫折経験」や「病的な被害妄想による精神的苦痛」や「鬱による肉体的苦痛」に占められており、それをノートに書いて言語化するという事は、「トラウマの再体験」を意味していました。そして、そのトラウマは無数にありましたから、自分はトラウマを延々と再体験し続ける事となったのです。それは終わりの全く見えない拷問でした。書いても書いてもトラウマな記憶が溢れてくるのですから。



しかし、一方でトラウマなエピソードは一たび言語化されると、自分に知的興奮を与えてくれました。自分はそれまでの28年間自分の人生を全く言語化していませんでしたから、自分の人生を知っていく行為が興味深くて仕方なかったのです。書けば書くほど、28年間全く認識していなかった自分に関する重大事件が言語化されていきました。そこにはかつてない大きな手応えがありました。



先程書きましたように、トラウマを言語化していく行為はただひたすらに拷問でした。しかし、言語化する時の辛さが大きければ大きい程、そのトラウマが自分の人生にとって大きな事件であった事を意味していました。




そう、トラウマを言語化する際の精神的苦痛が大きければ大きい程、それを言語化し切った後の手応えは大きいものがありました。自分はトラウマなエピソードを言語化し、その上でそのエピソードがその後の自分の人生にどのような影響を与えていったのか、その因果関係も考えていきました。そうやって、自分の人生の流れを徐々に把握していったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村