鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージと22個の発見②(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「記憶のサルベージと22個の発見(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が進めていた記憶のサルベージがいよいよ終わりを迎えつつあった、という話でした。記憶のサルベージとは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。当時の自分は29歳です。この行為は以下の疑問を解く為には行っていたものでした。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


自分はこの行為を2004年4月頃から始めました(28歳)。そしてその半年後の2004年9月、バイトを辞め、全ての社会生活と家族関係から脱落する事となりました。自分はそこからは部屋に引きこもり、全ての時間を記憶のサルベージに投入していきました。



そして、引きこもってから10ヶ月後のが2005年の7月頃(29歳)、いよいよこの記憶のサルベージの終わりが見えてきました。この頃になると自分は以先程の疑問の答えを手にしようとしていました。その答えとは、


「小学校3年生の時に家庭環境が戦争状態に突入したから」


です。自分は心の底から知りたくてたまらなかった答えに辿り着く事が出来たのです。




話をもう1度1年3ヶ月前に戻します。自分がこの記憶のサルベージを始める際、上記の答えは自分の心のどこかには薄っすらあったような気がします。それはこんな予感です。


「もしかして俺がどこに行っても人間関係を作れなかったのって家庭環境のせいじゃね??」


と。しかし、この時点ではその予感は薄らとした仮説に過ぎず、自分はどうして自分の人生が自殺願望だけが支えの人生になってしまったのか、全く訳の分からない状態でした。そして、そこから1年3ヶ月間、自分は起きている時間の全てをこの記憶のサルベージに投入し続け、自分の過去の記憶を次から次にノートに書いていきました。



その中で自分は自分の過去を知っていき、前回の記事にまとめましたように、22個の自分に関する発見をする事が出来ました。そして、22個の発見を終える頃には、上記の仮説「小学校3年生の時に家庭環境が戦争状態に突入したから」は確信に変わっていたのでした。



そう、確かに記憶のサルベージを始めようとした際、自分の頭の中には上記の仮説「もしかして俺がどこに行っても人間関係を作れなかったのって家庭環境のせいじゃね??」が、心の中にありました。しかしだからと言って当時の自分はその仮説の方向に向かって、記憶のサルベージを進めていった訳ではありません。なんというか「結論ありき」で恣意的に記憶のサルベージを進めていった訳ではないと言う事です。




当時の自分は記憶のサルベージを始めるにあたって上記の仮説を思い付きはしましたが、それはとりあえずは横に置いておきました。そして、とにかくひたすらに自分の過去の記憶を言語化していったのです。するとその途中で見つかった様々な発見によって、自然と上記の仮説が確信に変わっていった、という感じです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村