鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージによって「自分に対する自信」が一部大幅に回復③(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 記憶のサルベージによって「自分に対する自信」が一部大幅に回復②(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が記憶のサルベージを1年3ヶ月続けてみて、どのような変化が起こったのか、という話でした。「記憶のサルベージ」とは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。自分は28歳の4月頃からこの行為を始めました。この行為には目的がありました。その目的とは


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


という謎に答えを出す為です。自分はこの謎の答えを心の底から欲していました。そして、この謎には当初2つの答え(仮説)がありました。その答えとは、


①「もしかして俺がどこに行っても居場所を作れなかったのって、家庭環境のせいじゃね??」


②「(自分がどこにも居場所を作れなかったの理由は、)自分という人間が、生まれつき大幅に劣っている人間だから」



です。記憶のサルベージを始めた当初の自分は、圧倒的に②の可能性が高いように思えていました。自分はこの28年間において「自分に対する自信」を凄まじい勢いで失い続けていましたから、こう思えてしまっても無理は無い話でした。しかし、だからと言って答えが②に確定した訳では全くありません。①の可能性もあるとも思っていました。では、①と②どちらが自分にとっての正解なのか、という話になります。



当時の自分はこの謎を解く為には自分のこれまでの28年間の人生を全て知る必要があると思いました。これまでの人生全てを把握出来れば、自然とこの疑問が解けるだろう、と思ったのです。そこで、自分はノートに過去の記憶を書き始めたのでした。



しかし、それは気が遠くなる日々の始まりでした。書いても書いても一向に記憶の底は見えてきません。自分は当初バイトと並行してこの記憶のサルベージを行っていました。バイトが休みの日には1日2〜3時間は机に向かいノートを書きまくりました。



しかし、1ヶ月経っても2ヶ月経っても全く終わる気配がありません。自分は当初この作業は1〜2ヶ月で終わるだろうと思っていました。今から思うと全く甘く考えていましたね。まさかこの作業が1年3ヶ月も続く事になるとは、この時の自分は夢にも思っていませんでした。自分は上記の謎を解く為に、自分の過去の記憶を全て言語化する必要性に迫られたのですが、その作業は1年3ヶ月でようやく終わったのでした。



ちなみに1日あたりの平均作業時間は5〜6時間と言った所です。少ないように思われるかもしれません。しかし、自分の過去の記憶はトラウマだらけでしたから、それを詳細に言語化するという事はトラウマの再体験を意味していました。言うまでもなく「トラウマの再体験」=「甚大な精神的苦痛」です。ですから、この作業は連続で1日平均5〜6時間が限界でしたね。大体1回2〜3時間を1日2セット行っていた記憶です。あ、ちなみにこの頃にはバイトを辞めて、引きこもり状態に陥っています。



そして、他の時間はただひたすら横になっていました。ただし、横になる事もまた当時の自分にとっては甚大な精神的苦痛だったのは、過去記事に書いた通りです。 ( 引きこもり期間中の9個の鬱の諸症状(過去編・2005年1月・29歳) )このような日々を1年3ヶ月続けて、ようやく記憶の言語化が終わった、という事になります。総文量は50枚綴りのノート18冊分です。書きましたねぇ。


そう、自分はそれまでの28年間、日々の出来事や感情を全く言語化してこないで生きてきました。ですから、日々の出来事や感情の記憶は全く言語化される事なく「カオス状態」のまま記憶の海の底に沈んでいくこととなったのです。そして、「カオス状態」のまま沈んでいった記憶は、他の「カオス状態」の記憶と混ざり合い、「超カオス状態」に陥っていきました。つまり、自分の過去の記憶は全く整理整頓されないまま、ぐちゃぐちゃのドロドロに混ざり合い、何が何だか訳が分からない状態に陥っていたのです。しかもこの状態の記憶が28年間分溜まりに溜まっていました。そりゃ1〜2ヶ月書いたくらいで終わるはずがありまけん。



そこで、自分は記憶のサルベージを始めてから3〜4ヶ月後にバイトを辞め、記憶のサルベージに自分のエネルギーと時間の全てを投入し始めました。ここからは完全な引きこもり状態です。外出は月に1度くらいでお風呂に入るのも1〜2ヶ月に1度。自分は家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、ただひたすら自分の記憶をノートに書きまくりました。


それから9ヶ月後、ようやく記憶のサルベージが終わる気配が漂い始めました。徐々に「言語化していない記憶」が見つからなくなってきたのです。自分はようやく記憶の海の底に辿り着こうとしてきました。それと共にこの記憶のサルベージの目的が完遂されようとしていました。この記憶のサルベージの目的とは、以下の疑問の答えを見つける事でした。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


そして、1年3ヶ月の記憶のサルベージの末に、ようやく自分は答えに辿り着きました。その答えとは、



「小学校3年生以降、家庭環境が戦争状態に陥っていたから」


です。自分は上記の疑問の答えを心の底から欲していたのですが、1年3ヶ月かけてこれ以上無い答えを導き出す事に成功しました。自分はこの答えに大満足しました。これ以上なく繊細に綿密に28年間分の記憶を言語化し、さらにそれらの因果関係を慎重に慎重に組み合わせていった結果でしたからね。世界に一つだけのオリジナルな答えを生み出す事が出来ました。例えるなら自分が主人公のミステリー小説を書き上げたようなものです。自分はこの小説の出来に大満足していました。



そう、自分は上記の疑問にこれ以上なく納得出来る答えを導き出せた事がまず嬉しかったのです。そして、さらに嬉しかった事はこの答えによって、以下の仮説が完全に消滅したのです。


②「(自分が28年間社会のどこにも居場所を作れなかったの理由は、)自分という人間が、生まれつき大幅に劣っている人間だから」



ここら辺の話は前回の記事に書きましたので割愛しますが、これによって自分はある種の劣等感から解放されたと言えます。言ってしまえば自分な完全に開き直れてしまったのです。それはこういう事です。


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村