鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

リハビリと慰霊を兼ねた1年ぶりの外出(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「カウンセリング&パチンコ生活に突入(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が記憶のサルベージを終え、引きこもり状態を脱しようとしていた、という話でした。「記憶のサルベージ」とは、自分が過去のトラウマをひたすらノートに書いていく行為を指しています。自分は28歳の4月頃からこの行為を始めまして、28歳の9月頃にはバイトを辞め引きこもり状態に陥りました。そこから、外出をほとんどせず、家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、この記憶のサルベージに全ての時間を投下し続けました。そして、29歳の7月頃ようやく記憶のサルベージに終わりの気配が漂い始めました。もはや言語化していない記憶を探すのが難しくなってきていたのです。同時にその頃には大満足で大納得な結論を導く事も出来ていました。



すると、自分はその結論をカウンセリングの先生に聞いて貰いたくてたまらなくなっていました。そして、街中でカウンセリングに通う為には先立つものが必要です。そこで、自分は記憶のサルベージを終えたら、カウンセリングに通う事を決意し、カウンセリング代と生活費をパチンコで稼ぐ事を決意したのです。


さて、このように自分はカウンセリング後の生活の枠組みを決める事が出来、かなり嬉しかった記憶です。ただし、まともな外出は1年ぶりですから、そこに対する不安はけっこうありました。ちゃんと電車に乗れるのか、体調は壊れないか、という不安です。しかもパチンコで稼ぐとなると朝8時から夜8時までの稼働を余儀なくされます。1年間部屋に引きこもり続けた自分に、それが出来るのかどうか、そこの心配もありました。しかし、カウンセリングに通う為にはお金が必要ですから、パチンコで稼ぐ以外の選択肢はありません。


さて、このように記憶のサルベージが終わり、新生活が始まろうとしていたのですが、その前に自分はリハビリのような事もしていました。今回の記事はこのリハビリ的な外出について書きたいと思います。これは記憶のサルベージが終わる1〜2ヶ月前の事です(2005年7月頃)この頃にはすでに記憶のサルベージが終わる気配はしてきていました。すると自分は、1年ぶりに本格的な外出してみたくなったのです。この1年間外出といえば月に1回生活雑貨の買い出しくらいでしたが、ここに来て本格的な外出をしてみたくなっていました。その行き先は「1つ目の大学」です。



何故「1つ目の大学」に行ってみたくなったかと言いますと、自分の人生の中で最も辛い時期が1つ目の大学における空手部の3年間だったからです。当時の自分はこの3年間で鬱を3倍に悪化させ、「鬱の廃人」状態に陥ってしまいました。自分は記憶のサルベージの中で当時のトラウマを再体験し、何度泣いたか分かりません。そこで当時の自分の「魂」を慰める為に、現地に行こうと思ったのです。



また、この時自分が「1つ目の大学」に行きたかった理由はもう一つありました。それは1年5ヶ月に渡る記憶のサルベージの中でこのような感覚に襲われていたからです。


「本当に1つ目の大学ってこの世の中に存在するのか??」


今から考えるとおかしな感覚です。自分はこの1年5ヶ月の間部屋に引きこもり続け、全ての人間関係から断絶し、自分の脳内の記憶だけを頼りに記憶のサルベージを進めてきました。すると、段々と自分が書いている過去の記憶が「本当に過去に起こった事なのか」それとも「でっち上げの妄想」なのか、訳が分からなくなってきたのです。



そう、なんというか、自分の脳内に残っていた過去の記憶が「脳内で作られた何の根拠もない妄想」であるように思えてきたのです。あれは不思議な感覚でしたねぇ。ですから、1つ目の大学における空手部の3年間の記憶も全て妄想のような気がしてきてしまいました。つまり、「1つ目の大学なんて本当はこの世の中に存在していないのでは??」、という感じです。



ただし、当時の自分がこの説を100%信じていた訳ではありません。あくまで可能性の一つとして、10%くらいの確率で半ば面白半分に考えていました。「もし現地に行って1つ目の大学が無かったらどうするよww」的なノリです。



という訳で、自分が1つ目の大学に行った理由としましては、この「妄想説」を検証する為という所もあったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村