鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部の道場に自分の怨霊を見る(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「1つ目の大学が現実に存在する事を確認(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が1年ぶりに本格的な外出をしてみた、という話でした。当時の自分は29歳で、2006年7月頃の話です。自分はそれまでの1年間部屋に引きこもり続け、ひたすら自分の過去をノートに書き続けてきました。それがここに来てようやく終わろうとしていたのです。



そこで自分は久しぶりに本格的な外出をしようと思いました。行き先は「1つ目の大学」です。自分は10年前にこの大学に通っていたのですが、その当時の自分の魂を慰めたいと思ったのです。当時の自分は大学の部活の練習に死の恐怖を感じており、それに3年間耐えた結果鬱を3倍に悪化させていました。



また、自分はそれまでの1年間部屋に引きこもり続け、過去の記憶をひたすらノートを書き続けていました。その結果、過去の記憶が「本当にあった記憶」なのか「妄想」なのか、確証を持てなくなっていました。ですので実際に1つ目の大学に赴き、1つ目の大学が本当に実在している事を確認しようと思ったのです。



そこで、自分は2005年7月のある日、徹夜明けで一睡もしていない状態で1つ目の大学に向かいました。本格的な外出は1年ぶりですから、電車に乗るのも1年ぶりで、緊張していたのを覚えています。そして、最寄駅から1時間ほど電車に揺られ、1つ目の大学の最寄駅に着きました。



まずそこで自分は1つ目の大学が確かに実在している事を確認しました。そう、自分の過去の記憶は「本当にあった記憶」だったのです。決して「妄想」などではありませんでした。自分はそれを確認すると少しホッとしました。また、ホンの少しでも「妄想」を疑ってしまった自分が恥ずかしくなってしまった記憶です。自分は1つ目の大学の存在を確認すると「だよね〜ww」と照れ笑いを軽く浮かべていた記憶です。



次に自分は大学内に入り、空手部の道場に向かいました。今回の外出の目的はまさにこの場所にあったのです。この場所で大学時代の自分は、「死の恐怖」にのたうち回っていたのです。そして、当時の自分はそれに対してなす術なく、3年間耐えるしかありませんでした。その結果空手部を引退する頃には鬱が3倍に悪化してしまいました。




その後自分は2つ目の大学で大学生活をやり直すも、全ての活動に挫折し、28歳で社会生活から脱落してしまいました。そこで自分は部屋に引きこもり、当時の自分の苦しみをノートにひたすら書き続けました。これによって自分は空手部当時の辛さをそのまま再体験していったのです。そこで自分は当時の自分が孤独と死の恐怖にのたうち回っていた事を充分に理解しました。だからこそ、この道場を訪れたくなったのです。そこでは当時の自分の魂が孤独と恐怖で未だに悶え苦しんでいましたから、その魂を慰霊せずにはいられませんでした。



自分が1年ぶりの外出先に1つ目の大学を選んだのはそのような理由がありました。そして、自分はドキドキしながら空手部の道場を訪れました。すると、そこには10年前と何一つ変わらない道場がそこにありました。まず自分はかなりの懐かしさに包まれた記憶です。「おぉ!!10年前のまんまだ!!」、と。



この時道場には誰もいませんでしたので、自分は中にお邪魔し、懐かしい道場の中を見て回りました。道場の中は10年前と全く変わっていませんでした。道場も戸棚もロッカールームもトイレも10年前のままだったのです。自分はしばらく懐かしくそれらを見ていました。すると、段々とそこかしこに、当時の自分の「怨霊」が見え始めたのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村