鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリングセンター=自分の精神の生まれ故郷(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「自分による自分の為の鎮魂②(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が10年前に通っていた大学を訪れた、という話でした。10年前に大学生だった自分はこの大学で空手部に属しており、そこでの稽古に死の恐怖を感じ続けていました。その恐怖に耐えて3年間稽古し続けた結果、鬱が3倍に悪化してしまったのです。自分は被害妄想を病的(×3倍)に悪化させ、「鬱の廃人」状態に陥ってしまいました。(鬱の廃人状態の説明はこちら)



ですから29歳の自分が大学空手部の道場を訪れますと、そこかしこに10年前の自分の残像が見えました。そう、孤独と恐怖と苦痛に顔を歪ませながら、必死に空手部の稽古を耐えている当時の自分の姿です。自分は当時の自分の残像に語りかけ、労い、抱きしめてあげました。そうでもしないと当時の自分の魂が浮かばれないのです。当時の自分は信頼できる人間関係が皆無でした。故に全ての辛さを一人で抱え、孤独の闇の中で恐怖にのたうち回り続けていたのです。その残像はさながら自分自身の怨霊でした。ですから、29歳の自分はこうやって10年前の自分の怨霊を慰霊しに来たのです。



自分は誰もいない道場の中を歩き回り、当時の自分の怨霊を鎮魂して回りました。そして、30分くらい経つと、道場を後にし、大学構内を歩き回りました。大学構内の様子は10年前とほとんど変わっておらず、まるで10年前にタイムスリップしたようでした。大学構内を歩き回っているとそこかしこで当時の自分の怨霊がうめき声を上げていました。自分はそれらの怨霊にも語りかけ、労い、抱きしめてあげました。



しばらく歩くと第二の目的地である「カウンセリングセンター」に着きました。そう、ここも絶対に訪れなければならない場所でした。何故ならこの場所で自分は生まれて初めてカウンセリングを受け、生まれて初めて人の暖かさに触れたからです。そして、カウンセリングの初回に号泣が止まらず、1時間30分泣き続けたのでした。



その後、自分はこのカウンセリングセンターにおいて、家庭内で全く積めなかった自己表現の訓練を積んでいきました。当時の自分のお喋りは病的に拙かったと思いますが、そこから少しずつ自己表現と自己開示を学んでいったのです。それによって当時の自分の大学生活が好転する事は全く無かったのですが、しかし、ここで学んだ自己表現と自己開示が、その後「ノートに自分の過去をひたすら書き続ける」という行為に繋がったのでした。



ですから29歳の自分にとって、このカウンセリングとセンターは自分の精神の生まれ故郷のような場所でした。ですから、ここを訪れる事は生まれ故郷に戻ってくるような懐かしさがありました。カウンセリングセンターの外観は10年経っても何も変わっておらず、それを見た自分は嬉しかった記憶です。カウンセリングセンターは夏休みで開いていなかったのですが、自分は扉の外からカウンセリングセンターの外観を見れただけでも大満足でした。自分はこう思いました。


「このカウンセリングセンターこそが自分の精神の生まれ故郷なのだ!」


と。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村